子どもたちのことを真剣に考えましょう。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
理系有利と言うけれど…
このほど京都大学が理系学生の就職状況についての調査を発表した。
昨今、子どもたちの理系離れが問題となっている。
その結果、就職も理系有利と言われているが果たしてそうなのだろうか?
非常に興味深いので記事にしてみようと思う。

下の表はゆとり世代以前の理系の就職状況である。
見ておわかりのようにどれも就職率は高い。
特に工学部系統が高いという傾向が見られる。
理系1.JPG

私たちの時代は文系上位で、特に経済学部、商学部、法学部と言った学部が強かった。
文系の中でもやはり文学部は就職先が少なかった。
しかし、経済状況が良かったため、皆それなりの就職が出来た。
加えて管理職を見ても、文系出身の人が多かった。
しかし、今はかなり文系は苦戦しているようである。
社会が技術者や研究者を望んでいるのであろう。

企業の人事課の人たちの話を聞いてみても、理系の学生の方が頭が良く回るのだそうで、
文系の学生よりも、単に理系の学生の方が大学時代よく勉強していると言う人が多い。
ゆえに大学時代はそれまでの勉強で楽をしている分、今は勉強しなければならないようである。
ある意味、それが本来の姿であり、欧米式になったと言うことであろう。

とは言え、若き労働力が職に就けない世の中には未来がない。
いち早く政治主導でそういう状況からこの国は脱しなければならないだろう。
                                                       (つづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 大学生 | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
苦しい現実

学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望
2月28日10時29分配信 河北新報

 親元を離れて都会の大学などに進学した郷土出身者向けの学生寮が、静かな人気を集めている。マンションやアパートに比べて割安で、不況の中で復権した格好だ。家の経済事情をくみ取って、学生自ら入寮を希望するケースが増え、当世の学生事情も見え隠れする。

 学生寮の多くは、自治体や先輩有志らによる奨学資金などで運営される。仙台市青葉区堤町の登米市立仙台学寮は、宮城県登米地方出身の大学生ら12人が寝起きする。築28年と老朽化が進み、風呂とトイレは共同。それでも本年度は全10室が埋まった。
 人気の秘密は安さ。寮費は1人部屋で月2万2400円。食費は別だが、月5万円の家賃がかかる賃貸生活に比べ出費が抑えられる。「親の負担を増やさないよう寮に決めました」と専門学校1年の女子学生(19)は話す。

 規則が厳しく、プライバシーがないというイメージが強いが、大学2年の男子学生(20)は「孤独にならないし、歓送迎会のイベントに参加するのも楽しい」と苦にならない様子だ。
 同県加美郡出身者が集まる加美学寮(青葉区霊屋下)も希望者は増えている。8室のうち空きは1室のみ。「寮生が集まらず郡外の学生を受け入れた時期もあったが、3年前から毎年、複数が入寮している」と管理人の中沢幸一郎さん(72)。

 山形県置賜地方出身者向けの仙台興譲館寮(青葉区角五郎)は15室で、空きは2室。「親に迷惑を掛けられない」と入寮時に出す作文で経済的な苦境を訴える学生が目立つ一方、親身になってくれるのも魅力という。
 家賃が高い東京では、一層際立つ。仙台興譲館寮と同じ米沢有為会が営む東京興譲館寮(東京都調布市)は24室が満室。かつて定員割れもあったが、昨年は募集人員の2倍近い15人の申し込みがあり、選抜になった。

 東北大生協によると、学生への仕送り額は減少している。下宿生が受け取る仕送りの平均は1995年の10万1890円から09年は7万6330円にまで減った。
 東北大が運営する学生寮は仙台市内に6カ所、計約900人分。大学は「景気の影響かは分からない」(学生支援課)と言うものの、現在も満室状態が続く。

 同生協は「奨学金の受給学生が増え、『家賃の低いところを紹介してほしい』との相談も多い。入寮志向はやはり厳しい経済状況の表れかもしれない」と話している。
 

日本の大学は本当にお金がかかる。
地方のみなさんが子どもたちを下宿させ、仕送りしているのを見ると本当に感心してしまう。
仕送りをもらっている学生たちは親に感謝し、しっかりと社会観を広めて欲しいものである。
もちろん学業抜きでの社会観ばかり広めるのはどうかと思うが、学業に励みながら自分の生きる道を発見し
たり、極めたり、して欲しいものである。

前にも書いたが、塾でアルバイトをしたいという学生が本当に増えてきた。
昔はただただ「短い時間でなおかつ楽で多くのお金が稼げるものに人気が集まったようだが、
今はお金を稼ごうと思ったら、それなりに厳しかったりする。
世の中が少しずつ正常に動いてきたような気がする。
塾でアルバイトをしようと思ったら、自分の都合を優先するようでは難しい。
もっとも私の塾は圧倒的に専任講師が多いので、なかなかアルバイトを雇うことは少ないのだが、
元々今の学生は責任感が欠如している人が多いので、雇う言うことをしなかった。
時代が変わり、もっと責任感を持ってやってくれる人が増えてくれば良いと思う。

とにかく私にも来年受験する息子がいるが、地方の大学に下宿していくというのなら、
どう考えても、住むところに多くのお金をかけられないし、私立大は難しいと思う。
うちは理系なので、授業料も文系の2倍はかかる。
家から通える範囲の大学でなければ到底不可能である。
どちらにしても、もう少し行政側が外国並みのサービスをして欲しいと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 大学生 | 01:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
苦境の大学生
最近同業者と話すと、卒業生である大学生がアルバイトをさせてくれと飛び込んでくることが多いそうだ。
高額な大学の授業料と親の賃金カットやリストラ、本当に苦しい状況のようだ。
大学側はノー天気で例の種分けなどで助成金が減らされるので授業料値上げなどと話していて、
おまけに扶養控除カットなどの親は増税になると言う始末、国民の一部だけが優遇され、
子どもを立派に育て上げようとしていたり、これから社会に出て、国のために尽くそうとする若者を窮地に
追い込み、神も仏もないような感じの政権運営が続いている。 
もう少し自分たちの理想を追いかけるだけではなく、現実に目を向けて欲しい。

今後、こういう大学生はかなり多く出てくるだろう。
先日、「苦しい親の経済事情」という記事を書いたのだが、世の中の親御さんたちは深刻だ。
pocohahaさんからいただいたコメントにも、同じようなお知り合いがいると言うことだ。
そういう庶民の叫びを分かる政治家が本当に今の国会にはいないようだ。

近所の家にも、地方の国立大にやっている親御さんがいるのだが、あまりの不況に旦那さんの給与が
20%カットになったということだ。
下宿している息子への仕送りは欠かさず頑張っているようだが、
これまでのような額を送り続けるのは難しいようだ。
加えて地方は不況でなかなかアルバイト先も見つからないようである。
要するに四面楚歌状態、Xdayがいつくるかで頭を抱えている。

私も人ごとではない。
長男は4月から高3になるので、来年の今頃は大学受験の真っ盛りだ。
バンバンの理科系、工学系なので気の遠くなるようなお金を用意しなければならない。
国立なら良いのだが、私立に行くようなことになったら、私たちの老後はくらい。
6年間大学に行かせなければならず、年間200万円ほどの授業料を払わなければならない。
合格したは良いが、地獄の苦しみである。

奨学金をもらって、卒業した時点で大きな借金を抱えなければならない大学生たち。
それでも経済的に苦しくなって、仕事を探す大学生。
仕事口はなく、朝から晩まで学校に通わずにアルバイトをしたところで、そんなに大きな収入にはならず、
どんどん勉強が出来ずに消耗していく。
こんな状況でこの国の行き先はあるのだろうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 大学生 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ