子どもたちのことを真剣に考えましょう。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
技法伝授
還暦を有に過ぎた歳になると、予想はしていたのだが、自分が一線から退く日を
想像するようになる。
体力・気力の衰えといった当たり前のことではなく、日常の中で夜が更けたら朝
が来るといった言わば日々の営みの自然の成り行きのような感触である。
このブログでも前から、寄る年波の苦しさのような感覚の引退の記事を書いたこ
ともあったのだが、今の心境はそれとはまったく違う感触の物である。
生ける者の自然の生業の中の引退といったような感じである。

こんなことを感じ始めると自分の作り上げてきたものを誰かに伝えたくなる。
こんなものを押し付けられる者にとってはまことに迷惑千万な話かもしれないの
だが、会社をオペレーションしているという言わば、私自身のおごりからくるの
かもしれない。
悲しいかな、そんなわがままな気持ちを抑えられない自分がいる。
一生懸命伝えたところで、それを聞く者にとっては迷惑なのかもしれないと常に
思ってしまうのだが、将来、聞く者にとって何らかの財産になると勝手に思い込
んで私は話している。
中には強い視線を感じる者もいて、そういう者が一人でもいれば本気になってし
まう自分がいる。

うちの会社では月に二回ほど全体会議というものがあるのだが、毎回、最近は資
料を作り、今まで私がやってきて、大きく生徒数を増やした方法、状況判断をす
る場合に気を付けなければならないこと、加えて成功を導くのに必要な自分自身
の中での状況設定など、私なりにわかりやすくかみ砕いて資料を作成し、説明し
ている。
しかし、私にとっては経験値の中からの話なのだが、そういう経験をしていない
者にとっては難しい話かもしれない。
私の経営者仲間のような方々だったら、その貴重さはおそらく理解していただけ
ると思うのだが、やはり使われる者にとっては、非常に高度な話かもしれない。

経営に入ってくるとこの業界の日々のオペレーションの変化が急速に起こってい
るということがわかる。
私が教室業務に就いていたときの常識と傾向が大きく変わっていくのがわかる。
技法伝授において、私が最初にすることは不変なものを見つけていくことから始
まる。
私はそこに方法論や技法があると思っている。

簡単な例を挙げれば、「子を思う親の気持ち」である。
やはり私はこれは不変だと考える。
これがあらぬ方向にずれていってしまっているのなら、私たちの仕事など成り立
つわけもない。
これを否定することは自分たちの仕事を否定することで、そんなことはありえな
いと私は思っている。
これが変わらなければ、その中に必ずメカニズムが存在する。
それを私たちの仕事の中に浸透させて、方法論を考察していくというのが私の今
のやり方である。

仲間たちが私のこの技法伝授をどのように受け止めてもらっているかはわからな
い。
冷めた目で私のそういう行動を見ている者もいるだろう。
しかし、誰の考えでも、その考えを有する者のキャリアがどんなに浅くとも、そ
れを一つの意見・考えととらえ、
考察するようでなければ、自らの進歩発展はないと私は思っている。
私の愛する仲間たちはそうであってほしいと私は常に思っている。
そんな私の思いを仲間たちはわかっているのであろうか?
| とよ爺 | わが塾 | 11:05 | comments(4) | trackbacks(0) |
組織改変
私の会社は創立50年を迎えようとしている。
ひとくちに50年といっても、気が遠くなるような時間だが、いまだに死なずにいるというのも
我ながら大したものだと思う。
しかしその間、何度も危機を迎えてきて、その時期がそろそろ訪れるのではないかと思う。

そういうこともあって、私はここ2〜3年のうちに大きな組織改変をしようと思う。
やはり会社というのは、人間で構成されているということもあり、生き物である。
生き物である限り、やはり寿命がある。
その寿命が尽きないうちに新しい細胞を生まれさせておかなければならない。
私は残り少ないこの会社内の私の寿命の中で、新しい細胞を生み出さなければならないと思っている。
その細胞を大きく育てるのは、残った者たちの仕事であるが、そのものを生み出すのは
私の仕事ではないかと思う。

その第一の仕事として、組織改変をしようと思う。
その組織改変は仲間たちに新たな夢を与えるものであり、やる気を喚起させるものでなくてはならない。
もちろん生みの苦しみは訪れるだろうが、それは徐々にやってきているようにも思える。
すべての人間、100%納得するようなものは私の力では難しいと思うが、
やはり最低半数以上の仲間たちには支持されるようなものを創造したい。
現在、そんなことが私の思考の大部分を占めている。

こういうことを力づくでやってしまうと、やはり周りからは独裁に見えるだろう。
誰でもが納得する着地点を探し、それを一人一人に丁寧に説明していかなければならない。
その作業だけでもかなりの時間と労力を必要とする。
会社人としては、ラストスパートにきているので頑張らなければならない。

ここのところめっきり寄る年波を感じてしまうようになった。
なんとしてもうまくことを運ばせるために、自分自身をリセットしなければならない。
| とよ爺 | わが塾 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
第5のKG

冬期講習より、第5のKG、蛍田校を小田原市にオープンすることになった。

少子化が進んでいるこの時節、出店は生き残っていくために必要なことである。

私が代表になってから、4年間で5校目の開校であるが、これからもどんどん出店

していくつもりである。 


KGグループは昔から私の塾内では新しい形の教室オペレーションをしている。

新しい塾なので、卒業生はまだ少ないのだが、その結果には満足している。

福井校は今年国立福井大学附属中学に2名の合格者を出した。

全県で40名ほどという狭き門だが、去年に続き、今年は2名の合格者が出た。

神奈川の秦野市にある教室は、今年の高校進学者は5名ほどしかいないのだが、

3名は公立のトップ校へ進学する。

5名いずれも入塾時から大幅に成績を上げての受験だけに私たちも自信を深めている。

また、ベトナムホーチミンにあるKGグローバル校では以前の神戸大付属中学、

都立桜修館中学に加え、今年は国際基督教大学付属校、逗子開成高校に加え、

多くの公立トップ校に卒業生を輩出している。

この結果を見ると、予想以上の学習効果が出ており、今後もどんどんKGを出店させたい

と考えている。


とは言え、少子化の折、新しい教室を出店するのは非常に勇気のいることである。

成功を信じることができるのはやはりわが塾のマンパワーである。

もともと子供たちのことが大好きで、教えことに熱い人間が集まっている。

しかし、悲しいかな営業面は苦手な者も多い。

しかし教室運営法をきっかりと決め、地道に仕事をしていれば、今までにない

大きな学習結果が残せることがわかったわけである。

やはりこれからの塾は結果が問われることになると思う。

頑張る方向性ができたというものである。


この塾の方向性は少数精鋭である。

進学先や進学人数を上げれば、大手学習塾に比べれば微少かもしれない。

しかし、卒業生は少なくその割合は驚くべきものである。


「いわゆる塾の概念を覆す塾を作ろう!」

そんな掛け声から作られたこの塾、だんだん明確な形が見えてきたようである。

結果というのは自信を生むものである。

関わる仲間たちのモチベーションは高い。

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
社会人としての適性

先週、月2回の全体会議が行われた。

会議の時は私が少し時間をもらって話をする。

私の塾では冬に向けて、新しい教室をオープンする。

昨今の社会情勢をみると、いつどうなってしまうのかわからない。

少しでも余裕があるときに動いておかないとあとから大変なことになる。

万難をクリアーし、動いていかなければならない。


その関連の仕事はルーティーンなものではない。

それが原因してか、やはりフロー通りにはことは進んでいかない。

しかし、ここをクリアーしない限り成功はない。

ゆえに時間がいかに大事かということを会議で今回は話すことにしていた。


みなに気合いを入れる上でも、かなり強い語調で話をした。

私の思惑などわかる者はいないと思うが、嫌われようと、怖がられようと、

大事なことは成功を収めることである。

成功を押さえれば、私が会社から退いた後でもみなのプラスとなる。

私ももう還暦、やはりそういうことを最近は強く考えるようになった。

何を残すかが、私にとって大事なのである。


新教室の準備は今週、佳境を迎える。

内装工事、看板、備品搬入など一挙に行われる。

チラシの原案も完成し、来週印刷され、来月初めに地域に折り込まれる。

どれほどの反応があるかはわからないが、昨今、多くの反応はないだろう。

大事なことはその後である。

どうやって生徒獲得をしていくかが勝負である。


どちらにしても、仲間たちの人間力を研がなければならない。

幸いみな前向きである。

新年度に向けて、どんどんモチベーションは上がっている感じがする。

モチベーションを生み出すことが大きな社会人の適正だと私は考える。

同時にそれを各自に感じさせることが私の仕事である。

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
次年度に向けて

昨日から、社員全員面接を始めている。

今年は時間ができると、一人一人と会話を重ねてきた。

ここ数年、社会環境を見ると、教育業界も例外ではなく、大きく動いている。

学習塾の在り方も当然時代に沿って変わらなければならす、

私の塾も次年度あたりから、大きく舵を切らなければならないと思う。

余裕のある今のうちに動き出さないと、会社の力が弱まってからでは思うような

改革など夢のまた夢である。

そういうことを踏まえて、今は面接を続けてる。


全員面接の最中だが、今日は全体会議もある。

この全体会議でも、改変について語らなければならない。

働く側の立場になれば、大きな改変を好まない。

自分自身のルーティーンな日常を変えるのは、嫌なものである。

それが頭の中で勝ってしまうとそれがストレスになり、大きな不満となる。

会社を運営していく上では待ったなしなのだが、そういう視野を持っている者は

なかなか少ない。

いや頭ではわかっているのだが、体が動かないのである。

組織自体の構成が高年齢化してくると、おのずとそういう傾向がある。

いままで目の前で見てきた学校がそうであった。

私としては、学校が失敗したことを絶対に繰り返したくないものである。


新しい試みはここ2〜3年の間は積極的に行ってきた。

もちろん失敗したこともあったが、成功したものもあった。

大事なことはそれを今後に生かすこと。

私の中には具体的な草案が出来上がっている。


あとは会社全員でそれに取り組むこと。

うちの仲間たちだったら、それが可能だと思っている。

他者から見れば、いたらないところもある仲間たちだが、その他者を分析する目を

少しながら私は持っている。

そういうことを口に出して言う人間の組織ほど、大した組織ではない。

苦労している人間はそう簡単にそういうことは口にしない。

私も口に出してくれなくても、今までの人生経験の中で心の中は読み取れる。

昔から、多くの人に「君は乱世に強い星のもとに生まれている」と私は言われている。

もちろんそれを信じているわけではないが、都合よく理解して、頑張ろうと思う。


時代はどんどん乱世の状態である。

一寸先は全く分からない。

こういう時は知恵がものをいう。

とことん考え抜いて、新しい学習塾の方向性を見出していきたいと思う。 

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
仕事の転換期
私の会社はあと一年半ほどで創立50周年となる。
私自身の年齢を考えると、この会社とともに私の人生があるようなものだが、
さすがに会社は転換期を迎えているような気がする。
私自身も体力・気力の衰えを自覚し始め、いまもう一度作り直そうと頑張っているのだが、
会社は個人とは違うので、いろいろな可能性を模索していかなければならない。
私自身の寿命など人間でいる以上限りがあるのだが、会社はやりようによっては
ほぼ無限に生きのこっていく可能性を秘めている。
経営者である限り、それを模索していくのが本来の姿である。

人間も会社も時は共通している。
お互いに私は生き物だと思っているので、起こりうる事象は似通っている。
人の衰えと同じように会社にも構造疲労がある。
人間だったら、それを鍛え直せばよいが、会社は新陳代謝をしていかなければならない。

まさに私の会社はそういう時期に来ていると思う。
よく会社の寿命は30年と言われているが、それは人為的なものである。
一人の経営者が会社を保っていく限界がそこであり、うちのように50年となると
それは単に人の問題ではなくなってくる。
会社のベースに流れる幹となることを尊重しながら、新陳代謝を繰り返していかなければ
ならない。
私の言わせれば、長くても5年ほどで全く違う会社になるようなつもりでやらなければ
ならない。

うちの仲間たちは伝統を重んじ、例えば、新規出店に関しても、従来のやり方で
従来の名前でやろうと考える。
もちろん経営者にとってそれはうれしいことなのだが、それでは新陳代謝ができない。
新陳代謝ができなければ、それは朽ち果てていく将来しか待っていない。
それを全員に周知することは実は大変なことなのだが、それをやらないと会社は滅びる。
新しいビジネスモデルを模索し、それを成功に導かない限り、塾という産業は
この世の中に残っていくことはないだろう。
自分一代が生きていけばよいと言う考え方をすれば、それなりの貫き方があるのだが、
50年の会社にはそんな選択肢は与えられていない。
従業員の未来、いままでうちの会社を支持していただいた方々のためにも
力強く生きのこっていかなければならない。

そのために50年を迎えるにあたり、転換路線を歩まなければならない。
ここ数年はそれを目指して、歩むことになるだろう。

※本日から、出張にでます。
いただいたコメントに関しては、戻り次第、対応いたします。
| とよ爺 | わが塾 | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
出店準備

いま新しい教室の出店準備が進んでいる。

いままで私の塾がなかった地域の出店だけにいろいろなことを練る必要がある。

今週末から、私はベトナムに出張に出なければならず、契約等は来週以降になるのだが、

そのほかの準備は着々と進んでいる。


私の住む地域でも少子化は進んでいる。

子供たちの絶対数が減ってはいるが、塾の数は一向に減る気配がなく、

いまはとにかくコストパフォーマンスが大事である。

大手塾指向はまだまだ根強いが、ここ数年でそれも崩れ始めている実感もある。

内容さえ良ければ、教室に足を向けてくれる時代になってきている。


その中で一番大事なのは結果を出すことである。

昔のように「親身の指導」「少数授業」などなどでは教室にいていただけない。

大事なのは結果であり、成績向上、試験成績アップ、志望校合格、などを

よりきっちりと達成しなければならない。

業界の人が良く言うのだが、学年の雰囲気、集まっている生徒たちの質、などなどに

それは大きく左右されることが多いという言葉は、塾に足を向ける方々にとっては

単なる苦し紛れの言い訳にしか過ぎない。

大事なことはどういう状況でも結果を出すことができるノウハウで、

塾のもう結構な歴史を刻んでいるので、そういうものを持っていなければならない。

しかし、この業界を見てみるとそういう塾は稀有な存在である。

こういうことを続けているといつかこの業界はなくなってしまうと私は思っている。


私の塾はもちろん、私自身もここ数年の間、常にそういう方向性を志向して、

実際にいくつか新しい形の教室を出店し、結構、期待した通りの結果を出せている。

しかし、担当する講師のパフォーマンスにより、まだ成果に差異が出てくることは

否めない。

もちろんそれに対しては、システムの熟成および講師たちの徹底研修は不可欠だが、

やはりそれに経験を上積みしなければ、なかなか思い通りにいかないということが

わかってきた。

言い方を変えれば、苦しくともアルバイトに頼らず、教室運営をしてきた

私たちのような塾が一番結果を出せるという結論になる。

しかし、それには余計な経験値に頼ってはいけないという難しさもある。


現在、私の塾の中ではそういうものの徹底的な整理を行っている。

高い山に登るには、まず登りはじめる必要がある。

能書きばかり論じ合っていては、一向に状況は変わらない。

いま私の塾は新店舗開校という状況な中でそういう自己改革が行われている。 

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
冬がやってくる

久しぶりの投稿である。

以前は休まず一日4稿投稿していたのだが今となっては想像もつかない。

もっとも大した内容もないものばかりだったのだが、

今の自分の記事を見ても、少ないから内容が良いとは思えない。


ここのところ出張続きで、その間に私学フェアという催しの実行委員長なども

していたこともあり、忙しい日々だった。

もっとも偉そうな役職だが、これと言ってやることはない。

開会式の挨拶や私学の先生方とのコミュニケーションが主な仕事で、

私学の先生方のメンバーもずいぶん変わっていて、私の知っている方々はだいぶ少なくなった。

むかしの知己なら、気を遣わずに本音で会話ができるのだが、やはり初対面となると

それなりに気を遣う。

そろそろこういう仕事も若い人たちにバトンタッチすべきなのだろう。


出張の中に業者間の旅行などもあった。

教育界は大変化の最中で、神奈川も多くの公立高校が廃校となる。

これから教育環境がどう変わっていくのか興味ある状況なのだが、

一寸先はわからず、何が起こっても不思議がないという感じである。

これまでの付き合いのおかげで多くの情報がもたらされるのだが、それをどう処理するか、

それは経験からくる予測が必要となる。

これまでそういうことは多く、かなりの確率で予測ができたのだが、

昨今はその予測も難しくなっている。

良いほうに変わるというのが大前提なのだが、最近はそうでもないことも起こる。

お金がないということはあらゆるものに影響を及ぼす。

年金等、高齢者対策も必要なのだが、そのおかげでこれからの将来を担う者たちへの

公的サービスがどんどん薄れているような感じである。

これで一体良いのだろうか?


来月はベトナム出張はあるものの比較的落ち着いて動ける月間である。

その分、国内の仕事が数多くあるのだが、来年は少しこちらにシフトして、

新しい形の教室運営を模索していこうかと思っている。

この冬に新たな教室を出店することが決まっている。

この教室は今までにない新しい形で運営していこうと考えている。


時代の流れで教育は変わり、塾も変わる。

そんなことを実感したこの一年であった。

本格的な冬がやってきて、受験シーズン真っただ中に突入する。

さらなる進化を誓ったこの一年、その思いは来年に引き継がれていく。

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
根付き

先週末からのベトナム出張、今回はいろいろなことを感じることができた。

月末の混乱で公私ともに忙しかった数日のあとの出張、年齢のせいか長時間の

フライトは大変負担になる。

加えてホーチミン便は帰りが日本時間の深夜2時のフライトになる。

本当に苦しい出張である。

加えて日本でも忙しいので、土日を使っての出張、休む時間を放棄しての出張である。

今回は精神的にそういう意味でもつらかった。

年内のベトナム出張は2回残っているが、どちらも今回と似たような日程である。

わが身大事というわけではないが、気を付けようと思っている。


今回の出張で一番感じたことは、向こうでの人間関係、当塾の認知度が

高まっているということ。 

地元のホテルでの勉強会を企画したのだが、地元の日本人専用の雑誌の取材なども

受けることになった。

教室を任せている者の人間関係で実現した企画で、本当に日本では考えられないような

リーズナブルな費用での企画だった。

こういうことを積極的にできるようになっているのも大きな前進である。


また、新規の事業も並行して、ベトナムで進めているのだが、小さな灯りも

感じることができた。

もちろん日本部隊と合同の企画なのだが、少しであるが進展が見られた。

体力不足でガタガタになっている私をしり目にしっかりと機能し始める予兆があった。

これまで来るのにいろいろなことがあったが、こういうことをしっかりと繰り返し、

それぞれが本物になった時点で私も引くことができる。

会社を続けるということは本当に大変なことである。

創塾48年のわが塾において、私の仕事は50年を迎えること。

たった2年という人もいるだろうが、わたしのような凡人にとっては非常に大変な

ことである。

みなの成長が不可欠という正攻法だと私だけで思っていることなのだが、

少しは実を結んできているような実感を感じることができている。


老骨に鞭打つとはよく言ったものである。

まさに鞭打って、あと数年、頑張らなければならないと思う。

マイナンバーや各種税金などなど、勉強しなければならないことも山積みだが、

頑張ろうと思っている。

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾ジャーナルの反響

今月号の塾ジャーナルに私と私の塾が取り上げられた。

取材は8月にあり、都合で記者さんが来ることができず、カメラマンの方の取材となった。

記者さんではないので、うまく書けないのではと思っていたところ、

私のとりとめのない話から、よくこれだけの記事が書けると感心した。

少々くすぐったい部分もあるのだが、一応は私が話した通りのことが書いてある。

本当に大したものである。


「点数アップを徹底的に追及し、V字回復、ベトナムに日本人生徒向けの塾を開校」

「新コンセプトの塾を開塾、個別演習の時間を多く」

「2年かかった海外進出、これまでの人間関係が活きた」

「経営改革の冊子を制作、1対1の面談で理解を深める」 

などの見出しが散りばめてあり、それぞれに文章が書かれているのだ、

聞き方がお上手なので調子に乗って、いろいろ話してしまった。

私自身も話をしすぎて、まとまりがないと感じていたのだが、やはりプロはすごいというの

私の感想である。


とにかく走り続けたこの5年間、自分自身の中に悔いはまったく存在しない。

皆とも仲間意識を共有しながら、できていると思うし、私自身が皆から嫌われて

いる感じはしない。

思い過ごしかもしれないが、それなりに風通しは良い会社になっていると思う。

こういう雰囲気の中で、引退できたらさぞ素晴らしいと思う。


外に出ても。多くの方々がこの雑誌を読んでいるようで、話題にされることが多い。

何とも昔からお付き合いしている方々に対しては恥ずかしい思いがするが

嘘は言っていないので、仕方がないと開き直っている。


しかし、これからが本番でまだまだ先がある。

これで終わっては何のために今までやってきたか、まったくわからない。

私が一線でやっていけるのは3年くらい。

ここ3年で何ができるかが大事である。


とにかく塾は団体戦。

個人戦の意識で教室運営をすると絶対に失敗する。

個人が機能するよりも、集団が機能する方がはるかに良いに決まっている。

今回の記事に負けない自分、塾でありたいと思う。

| とよ爺 | わが塾 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ