子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< スピリットの証〜4 | main | 一転の寒空 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
勉強したいを確実にする
塾をやっていると毎年必ず「やっと勉強の大切さがわかったようです」と言って、
入塾してくる生徒がいる。
もちろんそう思っているのは親御さんで、本人が本当にそう思っているのかは教えてみなければわからない。
「それをやる気にさせるのが塾でしょ」という方も多いのだが、あくまでやる気になるのは本人で
本人が貝のように心を閉ざしてしまってはできることではない。

しかし、『勉強しなければならない』と本人が思ったのは事実だろう。
ゆえにその言葉を待っていた親御さんたちがすぐに動いてしまうのは当然のような気もする。
しかし、それにはもっと大事なことがあり、その気持ちを定着させることが大事なのである。

勉強しない子供がなぜそれまでしなかったかというと、勉強することに苦痛を感じるからである。
いくら口で勉強の大切さを言っても、その苦痛に耐えられるかは別問題である。
「うちの子供がやる気になっているのだから、、塾ではどんどん勉強させてほしい」
などという人もいるが、それはどんどん苦痛を与えることになり、それに子供が耐えることができなければ
元に戻ってしまうだけなのである。
ゆえに大事なことは。「勉強したい」をまずは定着させるのである。

実はこの定着には親でなければできないことである。
例えば、その子の将来に関することである。
本人が決めるといっても、最初はとにかく親から受ける環境で決まって来るものであり、
いくら塾に子供を預けたからと言って、他人が口を出してはいけない領分なのである。
同業者の中には我が物顔でそれをする者もいるが、その子の一生に責任を持たない者が言うべきことではない。
少なくともまずは本人ありき、次は親ありきなのである。
それを飛び越してしまう塾屋がたまにいるのだが、やはり長い目で見るとこの業界から去っているものが多い。
そういう基本的なことがわからない人間が生き残れるほど甘い世界ではない。

ゆえに子供が勉強の必要性を感じたら、まずはそれを定着すべく、親御さんと話すことが必要なのである。
そのプロセスを経て、塾の門をたたいてくれると私たちも動きやすいし、最初から子供や親御さんの価値観を推察することができる。
そうなれば成績を伸ばすことにおいても、それだけ手間が省けるのである。
塾の私たちにとっても、親御さんにとっても一番悪いのは双方のせいにすること。
どうせなら各自の分担をしっかり把握して、子供たちに接したいものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 子どもたち | 00:35 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:35 | - | - |
ぐっとくる記事ですね。
子は親に、そして親は子に最も影響を受けるのが自然です。
こういう記事を読むとまたとよじいさんと語りたくなります。
| 永田 | 2013/11/12 1:00 AM |
 はじめまして!こんばんは。前からちょうど夜中の12時にクリックさせていただいています。そのように先生がおっしゃると、ストレスから解放される感じです。中学1年の英語が40点で、2年生で50点になったのに、点数があまり変わらないと言われる親御さんがおられました。かなり責められました。中学1年の英語がそれで2年生でその点であればかなり(本人もこちらも)頑張ったと思うのに、「もっとばしばしやってくれ」と言われました。この文章を読み、そうか、と納得し、なぐさめられた気分です。とよじい先生は最近出来上がったホームページでの写真でもお若いですね。記事が膨大で全部は読めていないですが、いわれることは確かに達観してブログタイトルになっとくです。また読ませていただきますので、よろしくお願いいたします。
| k | 2013/11/12 1:41 AM |
 ご無沙汰しております。まさに正論だと思います。生意気ですが、賛同致します。塾仲間の中には、自分の領域を超えて「自分が伝えたから・・、言ったから、こう仕向けたから」など自慢げに語る人が多すぎます。

 塾屋が出来ることなど、限られていると謙虚に思っていないとだめだと思います。生徒の成長が全て自分のお陰であるような言動には本当に辟易します。
| かあ | 2013/11/12 12:49 PM |
永田君、コメントありがとう。
君と会うと、語るのはいつも君ですよね。
私はあなたにはかないません。
また飲みたいですね。
| とよ爺 | 2013/11/12 8:53 PM |
Kさん、コメントありがとうございます。
私にも子供がいますので、子供が言い出したときがチャンスだ
と言うことは身をもって感じます。
そういうときは子供も親の言葉を待っているものです。
それを人に任せてしまっては、子供の成長を止めることとあま
り変わりはありません。
英語のテストの件、調べればわかることです。それほどその親
御さんは我が子の勉強に興味がないのです。
悲しいことですね。
| とよ爺 | 2013/11/12 8:57 PM |
かあさん、コメントありがとうございます。
塾屋のできることなど、たかがしれています。
それを自分の手柄のように言うのは、思い上がり以上に子供に
対して失礼な人です。
そういう人は限界が来て、子供を伸ばせなくなります。
子供は放っておいても成長していくものです。
その成長過程でどういう手助けができるかが。私たちの領分です。
それを謝るとろくなことにはなりません。
私こそ、生意気をいいました。
| とよ爺 | 2013/11/12 8:59 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/9720
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ