子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 今日は三島泊まり | main | 安らかに眠れ!−12 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大学は高すぎる

<私大生困窮>仕送り額12年連続で過去最低を更新
毎日新聞 4月5日(金)19時52分配信

 首都圏の私立大・短大に昨年入学した自宅外通学生への仕送り額は月平均8万9500円で、12年連続で過去最低を更新したことが5日、東京地区私立大学教職員組合連合(東京私大教連)の調査で分かった。仕送りから家賃を引いた生活費も初めて1日1000円を切った。東京私大教連は保護者の収入減の影響とみており、「安心して学べるように、政府は私大生の学費負担軽減策を新設してほしい」と話している。
 
 調査は昨年5〜7月、早稲田大や明治大など首都圏の17大学・短大の新入生の保護者を対象に実施し、5349人から回答があった。うち自宅通学生は3221人、自宅外は2128人だった。
 
 自宅外通学生の保護者世帯の税込み平均年収は860万円で前年比約40万円減。月平均仕送り額(6月以降)はピークだった94年(12万4900円)から3割減った。一方、平均家賃は6万1800円で前年から微増。仕送りに占める家賃の割合は69・1%で、前年から2・3ポイント上がった。仕送りから家賃を除いた生活費は2万7700円、1日当たり換算で923円と、いずれも過去最低を記録した。
 
 仕送りの減少に伴い、学生はアルバイトの掛け持ちが目立ち、中には深夜勤務のため翌日の講義中に居眠りする学生もいる。食費を切り詰める傾向も見られ、ある学生の場合、朝食はおにぎり3個、昼食はカップ麺、夕食は牛丼屋に行ければ良い方だという。
 
 東京私大教連の柿崎敦・中央執行委員は「親の年収減少の影響が大きく、学生はアルバイトに追われて勉強どころではない」と訴えている。【福田隆】

本当に今の学生たちを見ていると、勉強よりもアルバイト中心といった感じである。
大学時代はいろいろな社会経験をした方が良いという人たちもいるが、やはり学業が大事である。
その優先順位を変えてはいけないものである。

実は私の長男も千葉に下宿している。
アパートの家賃は30000円だが、その他にガス、水道、電気、インターネット代などで10000円ほどかかる。
中でもネットはレポート提出などにも使うので欠かせない。
そういうことを考えると、家の息子の生活費も1日千円程度である。
教材の購入や課外学習の交通費などがかかるときはまったく足りない。
本当に大変そうである。

大学も結構忙しい。
毎日、ほとんど授業があり、理系なのでかなり課題も出る。
アルバイトを優先させるとそれもできない。
また、アルバイト先も土日だけというのではなかなか見つからない。
雇ってもらうのも結構大変なようである。

とにかく学費がもう少し安くならないと、仕送り学は増やせない。
また奨学金を取りすぎると、社会に出たときは借金まみれになる。
とにかく昨今大学を卒業するというのは結構大変なことのようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | 大学生 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/8783
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ