子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 第2の故郷〜スペイン〜284 | main | めんそーれ! 再び −1 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
当然、こういう議論は出てくるだろう

6・3・3・4制見直しも…首相直属会議発足へ
読売新聞 1月6日(日)13時5分配信

 政府は5日、安倍首相直属の「教育再生実行本部(仮称)」を今月中旬にも設置する方針を固めた。
 
 第1次安倍内閣当時の2006年10月に設置した「教育再生会議」を事実上復活させるもので、「6・3・3・4制」を見直す学制改革などを議論し、今後の法改正につなげる考えだ。
 
 本部は、首相と菅官房長官、下村文部科学相に加え、大学教授や企業経営者など各界の有識者十数人で構成する。本部では学制改革のほか、〈1〉教育委員会制度の見直し〈2〉大学入試の仕組みの見直し〈3〉いじめ問題への対応強化――など自民党が衆院選政権公約で掲げた項目について、法改正も含む提言をまとめる。
 
 第1次安倍内閣で設置された教育再生会議は議長を務めた首相と官房長官、文科相、有識者の計20人で構成した。「ゆとり教育」の見直しなどを求めた同会議の報告書に沿って、安倍政権は教員免許の更新制や小中高校に副校長を設置することなどを柱とした改正教育3法を成立させた。

子どもたちの学力低下の現実を前にすると、当然こういう議論が出てきて当たり前だと思う。
単なる学制ばかりではなく、もっといろいろな議論をして欲しいものである。
かつてはこの学制においても、大きな成果を上げていた国である。
学制を変えれば、良くなるとはまったく思えない。

大学入試の仕組みはいちばん早く取り組まなければならないことである。
もっと子どもたちを勉強が必要な環境に追い込まないと大変なことになる。
こんな甘い教育システムの中で、真剣に勉強する子などいたものではない。
もっとそういう意味で、学制を変えることも考えた方がよい。

とにかくこういう議論がされるのは大変良いことだと私は思う。
この国の再生はやはり教育からではないかと思う。
目先の経済も大事だが、バランス感覚を持って、教育を見直すことも大事である。
おそらく国民全員がそう思っているのではないだろうか?

問題はどういう議論が行われるかである。
注意深く見ていこうと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | 教育思想 | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |
「習うより慣れろ」の伝統的な掛け声もあって、我が国の職人は水準が高い。
だが、こうした職業教育も、高度な職業人を育成するための米国の大学院の程度には至らない。

所詮この世は仮の世。
真っ当な世の中は、この世の外にある。すなわち、その内容は頭の中にある。

日本人の勉強は、暗記力にばかり頼るので、’頭でっかち’ な人間になる。
よく世間では「’頭でっかち’ な人間になってはいけない」と言われているが、彼らは受験地獄界の王者となっている。
いったい、どこがおかしいのか。

日本人の場合は、叡智となるべき領域が雑念に置き換えられている。
日本語には時制がないので、非現実の内容を文章に仕上げる能力がない。
文章がなくては、筋が立たない。理論が空論になり、理想が空想になる。
こうした脳内環境では、聖人・君子は育たない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

| noga | 2013/01/07 12:01 PM |
nogaさん、コメント有り難うございました。
| とよ爺 | 2013/01/08 12:36 AM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/8453
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ