子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 人の評価 | main | もう師走 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
上向くのだろうか…?

就活、本格スタート 説明会に熱気、大学は危機意識促す
朝日新聞デジタル 12月1日(土)11時57分配信

 【角田要、米谷陽一】2014年春に卒業予定の大学3年生の就職活動が1日、本格スタートした。経団連の倫理憲章が改訂され、会社説明会など主要企業の広報活動の「解禁」が従来より2カ月遅くなって2年目。学生を迎える企業にも、送り出す大学にも、前年の反省を踏まえた動きが見られる。
 
 就職情報大手のリクルートはこの日、東京都江東区の東京ビッグサイトで3年生向けの合同企業説明会を開いた。240社が出展し、朝から開場を待つ学生であふれた。2万5千人の来場を見込む。
 
 今年は12月中に同規模の説明会をさらに2回開く。昨年は中旬に500社が出展するイベントを1回開いただけだった。リクルートは「学生が1日に回れるブースの数は決まっている。開催日を分けたので、より多くの会社を見てほしい」と話す。
 
 成城大3年の真部翔さん(21)は商社やアパレルなどの繊維業界が第1志望。だが、「今日は、通信や電機など、いろんな業界の話を聞いて就職活動の幅を広げたい」と意気込んだ。
 
 リクナビやマイナビといった14年春卒向けの就職情報サイトもこの日、オープンした。
 
 企業がいくら情報発信に熱心になっても、学生がついてこなければ、採用活動はうまくいかない。
 
 マイナビが約2千社に14年春卒の採用活動の見通しを聞いた調査では、約4割が「厳しくなる」と答えた。知名度が高くない会社のなかには「会社のことを十分に調べていない学生が増えないか」といった不安があるようだ。
 
 マイナビの担当者は「熱心な学生は会社をたくさん回るチャンスが増える。その分、熱心でない学生との差がさらに広がる」とみる。

来年の就職率は上向くのだろうか?
この私にも大学生の息子がいるので、やはり就職戦線には非常に興味がある。
職業柄、前から注目していたのだが、やはりわが子の近い年代になると
平常心では見ていられなくなる。

4割の会社が「厳しくなる」と言っているこの現状。
息子の頃にはどこもなくなってしまうのではないかと思う。

若い人が働けないというのは大変なことである。
年金、年金と騒いでいるが、若い人たちが働けなくてはその財源もなくなってしまう。
消費税などの値上げでその場しのぎをしたとしても、数年も持たないだろう。
社会的な責任として、偉業は若い人を採用しなければならない。
私の会社のような中小企業でもその責任を感じている。

若い人たちも働くことを優先にして、職場を選んでも行けない。
大手企業ももっと中途採用を検討すべきである。
中小企業で経験を積んで、大手に入るという選択肢も増え、失業者やフリーターと言われる
若者が減るかも知れないのである。
そういう大乗的な視野に立って。社会貢献をしてもらいたいものである。

とにかく厳しい状況だと思うのだが、若い人たちには頑張って欲しいものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | 大学生 | 01:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:17 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/8290
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ