子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 正直 | main | 衣替え >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
大学の現状
今回の田中文部科学大臣の報道で、一挙に大学の現状がクローズアップされた。
その状況が非常によくわかるのが、現行の大学の募集状況である。
この記事では、私がよく訪問する世界日報というサイトの「少子化で私立大・短大の定員割れが5割近くに」
という記事を参照して、考えてみようと思う。

この記事に使われている表が右の表である。
定員割れ.jpgこれを見ると、いかに今の次第が経営状況が深刻かがわかる。
この表を見てわかるように、定員割れを起こした大学は去年より41校も増えて、246校となっている。
これは驚くべきことにすべての大学の46.4%にあたる割合だ。
要するに選ばなければ、誰でも入れるわけであり、その大学の助成金として、血税が使われているのだから、田中大臣の言もまんざら間違っていると言うわけではない。
私に言わせれば、今までこういう状況を放置しておいた国がおかしいと言うしかない。
こんなことでは大学生の学力など上がるわけもない。

企業も大学の状況をしっかり見ながら、人を採用しているわけで、こんな大学の卒業生を雇うのなら、
むしろ専門学校等で手に職を付けておいた方がよいと言うことになる。
私たちはそういう現実をしならなければならないのではないかと思う。 

100%以上の学生が入学した大学でも、その半数が推薦やAO入試で入試を受けずに入学した者。
こういう現実を考えても、大学生のレベルは落ちるばかりである。
企業も大卒者に対しての不信感はぬぐえず、問題になっている大学生の就職の難しさがあるのだと思う。

子どもたちを甘やかす風潮は何とかしていかないとおそらく国を滅ぼしてしまうことになりかねない。
中国・韓国の子どもたちの状況を見ると、凄まじい勉強量をこなしている。
こういう現実を考えると、これからの国際競争に日本が勝てるとは思えない。
もう教育行政の改革は待ったなしなのではなかろうか?

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 大学生 | 00:19 | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - |
日本人に関する '有ること' と '無いこと'。

感性があって、理性がない。
感想を述べるが、理想を語らない。

現実の内容はあるが、考え (非現実) の内容はない。
事実は受け入れるが、真理は受け入れない。

実学 (技術) は盛んであるが、哲学は難しい。
実社会の修復はあるが、理想社会の建設はない。

現実の世界は信頼するが、非現実の世界は信じない。
現実の内容を再現すれば、それは模倣である。
考え (非現実) の内容を実現 (現実化) すれば、それは創造である。
模倣力はあるが、創造力がない。

「今ある姿」を語るが、「あるべき姿」は語らない。
私語・小言は好むが、公言・宣言は好まない。
歌詠みは多いが、哲学者は少ない。

丸暗記・受け売りの勉強はあるが、考える力・生きる力がない。
学歴はあるが、教養はない。
序列判断はあるが、理性判断はできない。

学歴は序列判断の為にあるが、教養は理性判断の為にある。
学歴社会というのは、序列社会の言い換えにすぎない。
序列順位の低いことが恥と考えられている。サムライ社会のようなものか。
理性がなくても「恥を知れ」(Shame on you!) と叱責を受けることのない恥の文化が存在する。

民の声を代弁する議員は多いが、政治哲学はない。
総論 (目的) には賛成するが、各論 (その手段) には反対する。

理想 (非現実) は、現実に合わないと言って受け付けない。
現実の内容を根拠にして、理想を捨てる。
意見は個人個人で異なる。だが、小異を挙げて、大同を捨てる。

恣意 (私意・我儘・身勝手) が有って、意思がない。
恣意の力 (大和魂) に期待をかけるが、意思の力は認めない。
意思決定は困難を極め、多大な時間を浪費する。

「個人の意見は通らない」と言うが、個人を選出する意味が理解できていない。
意思があれば、手段がある。意思がなければ、手段はない。

この国には、何でもあるが、ただ一つ夢 (希望) がない。
この国には、現実はあるが、非現実がない。
日本語には現実構文の内容だけがある。日本語脳は、片輪走行である。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

| noga | 2012/11/11 12:58 AM |
国が放置している実態は
やはり、官僚がすべてを決めているといことじゃないかと思います。

官僚がつくったものに、ハンコを押すだけの大臣だから
復興財源も、違うとところで使われていると感じます。

大臣らしい仕事をしようと思ったら
まず、官僚の仕事を仕方を把握してからが正解のようですね。

すぐ資質がどうのという報道になりますが
今回のことにめげず、田中大臣には、頑張ってもらいたいと思います。
と、思うのは、たぶん私だけですね。
| jukenmama | 2012/11/11 3:51 PM |
nogaさん、コメント有り難うございました。
参考になりました。
| とよ爺 | 2012/11/11 11:32 PM |
jukenmamaさん、コメント有り難うございます。
今の大学がおかしくなっているのはみなが知っていることだと思います。
今回のことでは田中大臣に多くの批判が集まっていますが、大学の
許認可もおかしいことは確かです。
官僚たちの天下り先になっている大学も少なくありません。
民主のやっていることはやはり言葉とは違います。
わたしも頑張ってもらいたいと思います。
| とよ爺 | 2012/11/11 11:34 PM |
単騎防御なら守護神のが良くないですか?
| にぶぞむ | 2012/11/13 4:26 PM |
にぞそむさん、コメント有り難うございます。
コメントの言わんとすることがよくわかりませんが、
とにかく今のままではダメだと思います。
| とよ爺 | 2012/11/14 12:37 AM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/8212
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ