子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 続・大陸の中の日本人〜83 | main | 多摩から、千葉へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
南州のふるさと〜11
s-121.jpgこの磯庭園、実は多くの場所でNHKの大河ドラマ「篤姫」のロケが行われている。
右の写真の石階段もロケに使われたようである。
この階段を瑛太さん扮する尚五郎(小松帯刀)が歩いているところが収録されたとのことである。
実は私はこの人の記事を書くほど、この人が大好きで、謹厳実直な人柄が私の中ではまさに薩摩人そのものと思える人だ。
大河ドラマでもしっかりとその辺が描かれており、非常に楽しく鑑賞することができた。

s-130.jpgやはり私の中では薩摩は幕末のイメージが強い。
この磯庭園にもいろいろなエピソードがあると思うのだが、やはり幕末中心の感性が私にはあるようである。
やはり斉彬の代になり、この庭園の竹林を切り開いて作った集成館事業と言われる西欧列強に日本の一藩に過ぎない薩摩藩が備えたという事実が何とも素晴らしい。
九州らしく中国の影響を受けて、歴史価値がある庭園なのだそうだが、やはりそれよりも斉彬の視野の広さに感動する。

s-132.jpg本当に驚いてしまうと共に、斉彬のスケールの大きさを感じてしまう。

庭園の観光を終えると、これも庭園内にある薩摩切り子のお店に寄ってみた。
要するにカットグラスなのだが、何ともきれいである。
これで酒を飲むとうまいだろうななどと思ったりしたが、さすがに高価で私のような庶民には手が出ない。
昔の人は切り子を使って、芋焼酎を飲んだのだろうか?
それも贅沢なものである。
実はこの薩摩切子も斉彬の集成館事業のひとつである。
そういうことを考えると、斉彬という人はどれほどの見識を持っていたのか計り知れない。
本当に凄い人だったのである。
                                                        (つづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 日記 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/7977
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ