子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< できなくなる! | main | どの報道を見ても、論外! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「メシが食える大人になるため」の基礎力
高濱正伸さんの『わが子を「メシが食える大人」に育てる』(廣済堂出版)という本の中に
「メシを食っていける大人」にする5つの基礎力という文章がある。
非常に興味深かったので、それを記事にしてみようと思う。 

5つの基礎力とは以下のようなものである。
,海箸个領蓮朕佑言っていることや文章を的確に理解してポイントをつかむ力と自分の考えを的確にわかり
  やすく相手に伝えたり表現する力。
⊆分で考える力…勉強でも日常生活でも、自分なりに考え、判断する力。これまで身につけた知識や技能
  を活用する力。物事を筋道を立てて考える力。
思い浮かべる力…具体的な物や事象だけでなく、人の心など抽象的なこともイメージできる力。細かな点
  だけではなく、全体も俯瞰して見ることができる感性。
せ遒修Δ箸垢詢蓮超縮・関心のあることや面白そうなことにチャレンジしたり、与えられた課題を解決するた
  めにさまざまな方法を試そうとする意欲。
イ笋衄瓦力…一度始めたことを、多少の困難があっても最後までやり抜こうとする力。やり始めたことに集中
  して取り組む力。コツコツ続ける力。


皆さんは上の5つを読んで、一体何をお感じになったのだろう?
やはりどれをとっても今の子どもたちには不足しているばかりである。

しかしどうだろう?
上の5つに関しては、私たち大人にも不足している物ばかりではないだろうか?
親は子どもの鏡である。
子どもに不足していると感じることは、実は親たちにも不足しているのではないだろうか?

塾をやっていると、特にい不足していると感じることが多い。
勉強を教えて、問題をやらせると、子どもたちはすぐに解答を知りたがる。
暗記教科ならまだしも、数学などの思考教科に対してもそうである。
そして、なかなか答えを導き出さず、子どもたちに考えさせようとする講師は、
教え方が経たというレッテルを貼られてしまう。
そして、それを聞いた親御さんは、教師を変えろと話すわけである。

私たち親たちは1対1でこういう話をすると、ほとんどの人が意見に賛同する。
しかし、わが子から、「よく分からない」などと言われると、一気に態度が180度変わってしまう。
昔は学校がこの難しい部分をずいぶんやってくれていたような印象を受けるのだが、
いわゆる「ゆとり教育」のお陰で、こういう面倒なことをあまりしてくれなくなった。
こういう事は実は教える時間や子どもたちと関わる時間が多い学校にしかできないのである。

ここに書いてあることはとにかく私も非常に重要なことだと思う。
私も含めた世の親たちは、この5つを子どもたちに身につけさせるためにいろいろなことをすべきである。
最後にはやはり親がやらなければならないことで、絶対に他人に依存してはいけないことだ。
親離れができない子どもが増えている。
これはすべて自分たちが原因していると自覚して、親が動かなければならないことだと私は思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 子どもたち | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |
山口観弘のすごさ

 昨年の岐阜国体200メートル平泳ぎで、世界新記録をだした高校3年生の山口選手が練習していたのは、人口3万の市唯一の市営温泉プールでした。長さ25メートル、水深は1.1mで、本格的なスタートの練習も出来なかったそうです。事情により、練習できる時間は長くなく、結果、集中力を高められたそうです。
 コーチは獣医で「おもしろがることが一番大事。夢を持て。」しかし水泳は専門ではないので、練習する本人の自主性が高まったとのこと。
 小学生のころ、部屋に飾っていた北島のポスターに、「おまえをぬかす」と書き込んだとも書いてありました。(朝日 1月5日)

 他にも書いてあります。
 「どうしてそこまで水泳が好きなんですか
 「子どものころから、他の選手の泳ぎを見るのが純粋に好きでした。「あのキックはいいなあ」などと一人で考えながら見ています。全然飽きません」

 今週は、塾の話題はこれでした。小3から中3まで、それぞれ感想や意見を全員言いました。前向きな意見が多かったです。
| かいけ | 2013/01/11 11:44 PM |
かいけ先生、コメント有り難うございます。
私も以前、突然知らない名前が世界新をたたき出したとの報道を
受けて、彼のことはいろいろ調べました。
記事にはしませんでしたが、やはり驚きますよね。
彼がどうやってそこまでいたったのかを見ると…。

私たちにとっても大きなヒントになり得ると思います。
子どもたちから、前向きな意見が出たとのこと、素晴らしいこと
だと思います。
| とよ爺 | 2013/01/12 11:48 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/7839
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ