子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 続・大陸の中の日本人〜22 | main | 責任の所在 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
受験生の夏休みの過ごし方
前稿に引き続き、私がよくお邪魔するベネッセ情報サイト受験生の夏休みの過ごし方をアンケートを用いて、
記事を書いていこうと思う。
夏休み3.JPG
次のアンケートは勉強時間に対してである。
これを見て、驚くだろうが、こんなに今の中学生は勉強しないのである。

重要なことは「ご家庭外」も対象に聞いていること。
塾などに行けば、それなりに勉強しなくてはならないので、それを入れてもこの程度なのである。

私の塾では夏期講習以外にも、自立学習を義務づけている。
合宿などにも参加するので、おそらく夏休み中の塾での勉強時間は150〜200時間はすることになる。
加えて、家で夏の宿題もみなやっているのだから、多い生徒は300時間近くはしていることになる。

塾で子どもたちをみていて、やはり最近の子どもたちの勉強量は激減しているように見える。
学校から出される課題もずいぶん減っているように思う。
ある教員から、「宿題を出すと後が大変だ」と聞いたこともあるのだが、
子どもたちはもっと勉強しなければならないと思う。

まして、中3生と言ったら、受験生である。
よく子どもたちの学力低下を指導要領や指導内容のせいだとする人がいるのだが、
いちばんの原因は絶対的な勉強不足である。
一番多いのが「2時間〜3時間未満」だが、受験を控えていて、この勉強量では先が思いやられる。
夏はもっと自分自身を追い込まなければならない。
こういうデータをみていると、私たち塾の役割も結構はっきりと分かってくる。
今年の夏休みは私の塾の塾生にはしっかりと勉強してもらうことにする。
                                                         (つづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 高校受験 | 00:04 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |
こんにちは

息子が通う塾は夏期講習が7時間×25日、8時間×5日です。
塾の宿題は朝と夜に2時間ずつくらいしているようです。
学校の宿題は塾が休みの日ときにやると言っています。
体にだけは気をつけて頑張ってほしいと毎日お弁当を持たせています。

朝から晩まで勉強勉強で、遊びの予定も入れられないし
これでいいのかなと少し思っていたのですが
記事を読んで、こういう時期が必要なのだと思いました。
| チー | 2012/07/24 10:45 AM |
チーさん、コメント有り難うございます。
仰るとおり、子どもたちが成長する過程で絶対にこのような時間
が必要になってきます。
ましてこれだけやっても、学校の勉強量は激減していますから、
私たちのこなした勉強量に遠く及びません。
にもかかわらず、社会の厳しさはこれから増すばかりです。
息子さんには頑張ってもらいたいと思います。
| とよ爺 | 2012/07/24 11:24 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/7812
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ