子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< イマドキの大学入試 | main | 考えられない >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
理系有利と言うけれど…
今回も京都大学の資料を使って記事を書いていこうと思う。

前回はゆとり世代前の就職状況についてのデータを取り上げたが、今回はそれ以降である。
まずはゆとり世代と言われている人たちである。
理系2.JPG
物理系以外、かなりポイントを落としているのが分かる。
特に生物系の落ち込みが大きい。
もっともこれは工学部系が一番つぶしがきくからだろう。
理系だったら、どんな学部でも就職は良いというのは間違っている。

理系3.JPG
次は新学力観世代である。
この世代はさらに落ち込んでいる。
文化系は70%くらいというデータもあり、それに比べると健闘しているが、
非正規従業員の割合が増えていることに誰もが気づくだろう。
おそらくこの状況はまだまだ続くことだろう。
こういう状況を十分配慮して、学部選びや大学生活の過ごし方を考えなければならないだろう。
                                                         (つづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 大学生 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:04 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/7484
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ