子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:塾屋力はこう付けろ! | main | 小学生研究〜17 >>
新たな事態

核燃料、圧力容器貫通の可能性…政府が報告へ
読売新聞 6月7日(火)14時30分配信

 東京電力福島第一原子力発電所の事故について、政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が7日明らかになった。

 報告書は、破損した1〜3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出し、格納容器内に堆積している可能性を指摘した。

 格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象。これまで圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したことは明らかになっていたが、政府が公式にメルトスルーの可能性を認めたのは初めて。

 また報告書は、原子力安全規制の行政組織が縦割りで、国民の安全を確保する責任が不明確だったと認め、原子力安全・保安院を経済産業省から独立させ、原子力安全委員会なども含めて、体制を抜本的に見直す方針なども打ち出した。

一体どうなっているのだろう。
調査に入ったIAEAに分かって、毎日作業をしている東電にはわからない。
果たしてそんなことがあるのだろうか?
作為的に情報を隠していると言われても仕方がないのではなかろうか?

東電が国民に与えた損害はもう天文学的な数字になっているだろう。
それなのにこの期に及んで、一体何をしているのだろう。
本当に嘆かわしいばかりである。

「メルトダウン」という単語を覚えてと思ったら、今度は「メルトスルー」、日本経済はどうなってしまうのだろうか?
日本のものが海外ではまったく売れなくなっているという。
このままでは経済がどうにかなってしまうのではないかと心配である。

こういうときに政府の出番なのだが、勢力争うばかり。
やっと大連立かと思いきや、自分の利益しか主張しない。
お互いに譲り合わなければ、大連立など出来ないのだが、オールオアナッシングの様相。
本当に国民のことなど二の次である。
彼らこそ、天罰を下して欲しいものである。

原発があるから、復興にすべての力を傾注できない。
東電の責任は本当に大きい。
この国がこれからどうなっていくのか、本当に心配である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | ニュース | 00:18 | comments(0) | trackbacks(1) |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/6301
格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象
格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれ、「メルトダウン」(炉心溶融)を上回る最悪の事象である・・
| 原子炉貫通〜「メルトスルー」 | 2011/06/08 7:06 PM |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ