子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 新たな事態 | main | かりゆしの気骨〜8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
小学生研究〜17
今回も学研教育総合研究所「小学生白書 Web版」というデータをお借りして、昨今の小学生を
考えてみることにしよう。

小学生20.JPG

この質問も実に私は興味深い。
今の子供はBの力が不足している。
世の中をしっかりと変えていき、社会貢献が出来るようになるにはBの力が必要だ。
これこそが学校も塾もやらなければならないことだと私は思う。

Aは「ひとつひとつ細かく丁寧に指示をしてくれる授業」、Bは「どうしたらよいのか自分で考えさせてくれる授業」
と言うことなのだが、これからの人生で一番必要なのはBの力。
Aは間違ってしまうと、いつも誰かに教えられなければ、いつも指示をされなければ、
動けない人間になってしまう。
やはりそういう子ばかり来てしまうとこの国の将来も不安である。

本物の学力を付けるには、時には待つことも必要である。
また自分で結論を導き、学力を育まないと自主自立学習が出来なくなってしまう。
世の大人たちもそういう若者が増えていると言うことをみなが分かっているだろう。
こういう姿勢は教育で点けていくべきものなのだ。
                                                         (つづく)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 子どもたち | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/6157
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ