子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 日光鬼怒川教育関係者親睦旅行〜23 | main | 塾屋の順風:好かれる瞬間を見極めろ! >>
「龍馬伝」、ついに終了
今度の日曜日でついに「龍馬伝」が終了する。
大河ドラマは私の生活の一部になっていて、ずっと見続けている。
若い頃は爺臭いと思い、見ることなどしなかったが、やはり歳を取ると感じ方が違うものである。

坂本龍馬は私が初めて司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」で、長編小説なるものを読んだ記念の本。
中学2年生、14歳のときだった。
その頃は部活に追われ、朝の5時から、夜10時まで練習に明け暮れていた。
その中でこの本を読破したのだから、当時の自分にとってどれほど刺激的だったか想像ができる。
そして、その頃から私の憧れの人になった。 

そしてこの本がきっかけで、私は幕末が好きになった。
それは今でも変わらない。
20代後半から、30代前半の若者たちで世の中を変えてしまったのだからすごいことだ。
どの国の歴史を学んでも、こんな国は日本しかない。
日本人は自国の歴史をもっと誇っても良いと思う。

世の中の 人は何とも 言わば言え わが成すことは 我のみぞ知る
龍馬の有名な句である。
龍馬の覚悟がこの句からもヒシヒシと伝わってくる。
人間覚悟を持って、一途に歩くことができれば、自ずと道は開けるのだろう。

なんでも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、路傍の石と同様、骨となって一生を終えるのだから
これも龍馬の有名な言葉である。
上の句と同じように、龍馬の覚悟が伝わってくる。
そして言えることは、やはりこれは紛れもない真実なのだろう。
とは言え、私ごときの中途半端ではとてもこんな心境までは行き着くことはないと思うが…。

ある意味、中学生で初めて出会った歴史上の人物、そして生きている今の一番最近、
また再会している歴史上の人物、私をブックエンドのように挟んでいる。
今回の「龍馬伝」でいちばん感じたことは、昔の私自身の龍馬感が今とはかなり異なっていること。
自分の命を外連味なく、世の中に与えてしまう大きさ。
そんなことを今回の大河ドラマで考えた。
前にも書いたが龍馬の父、坂本八平は死に際に「命を使い果たせ」と龍馬に言う。
まさに命を使い果たすという言葉が坂本龍馬にはピッタリの言葉のように思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 趣味 | 00:20 | comments(2) | trackbacks(2) |
「龍馬伝」のすごさ

あまり見ていませんが、一部、見ていて、これは強烈だなと思いました。信義と友情、それを扱っているように見えました。それって、今に欠けているかもしれないものではないでしょうか。

先週、学生時代の友人Sから久しぶりに電話がかかってきました。
「Fさんと、最近連絡取ってないか? 」
「いやあ、ここ2〜3年、取ってないな。どうした?」
「自宅に居ないんだよ。もう数ヶ月。それがわかったいきさつはこれこれこうで〜。」
「Fさんのことだから、インドにでも行ってるんじゃないの?」
「それなら、誰かに連絡しているはずだ。」
「そうだな。…まずいな」

 Fさんと知り合ったのは25年くらい前でした。彼は、大工みたいな仕事をしていて、仕事があるときは良いのですが、ないと、収入がありません。一方、就職をせずに、自分なりのことをやっていた私と友人Sにとって、彼は良き理解者であり、何か、先を行く者でした。
 Fさんは、一人暮らしです。東京都にある田舎の村の中古別荘を買って、そこで暮らしていました。両親はいません。
 
 Sは、心当たりのある所に、電話をかけているのでしょう。
 まだ、Fさんは見つかっていません。

 ただ、25年前の知り合い関係が、ここにまだ生きていると思いました。
 「信義」とは言えなくても、何か通じる事がありました。それが私たちの関係を続かせているのだと思いました。

| かいけ | 2010/11/23 4:06 AM |
かいけ先生、コメント有り難うございます。
人と人が知り合うときは、あまりお互いに意識もせず、すん
なりと知り合っていくものです。
そして自然の流れの中でお互いに理解を深め、友情を築き上
げていきます。
その課程でつらいことや面倒くさいことなどありません。
しかし、それを続けて行くには体力も気力もいることで、私
のような年齢になると、また若い頃と同じように自然体で付
き合えるようになります。

かいけ先生も結構、お年を召しているとは思うのですが、
少々私の方が先輩だと言うことで生意気なことを書きました。
友情、大切にしてください。
| とよ爺 | 2010/11/23 6:06 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/5481
龍馬伝 藤吉
毎日変わる、新しい情報をチェック!話題に困ったら………******トレンドが1分でわかる。毎日更新情報!******この曲は押さえておかないと! ***本日のおすすめCD***【新品CD】【5000円以上送料無料】僕の見ている風景【通常盤】/嵐【JACA.5232】[新品]気になる情報
| 赤毛のアン | 2010/11/23 2:27 AM |
龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) |福田 靖
龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福田 靖日本放送出版協会 刊発売日...
| 見つけます | 2010/11/27 6:53 PM |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ