子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾人サミット | main | 「子ども手当」研究 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
これは良いこと!

中高生の喫煙激減、「格好悪い」定着 厚労省調査
2010.4.12 07:56 産経新聞
 
 喫煙習慣がある中学生や高校生の割合が、過去10年ほどの間に大きく減少したことが、厚生労働省研究班(主任研究者・大井田隆日本大教授)が実施した全国調査で分かった。特に変化が目立つのが高校生の男子。1996年度の調査で5人に1人が「毎日吸う」と答えたが、2008年度は20人に1人に減った。大井田教授は「成人男性の喫煙率もこの間、大きく低下しており、たばこを吸うのは格好悪いという社会的イメージが定着した効果では」と話している。

 研究班は全国から無作為に中学 130校、高校 110校を選び、全生徒分のアンケート用紙を送付。無記名で喫煙頻度や友人関係、家庭環境などを記入してもらい、学校を通じて回収した。08年度は約70%の学校が協力、約9万5000人の学生が回答した。

 「毎日吸う」と答えた高校生の全生徒に占める割合は、男子 4.7%、女子 1.7%で、96年度調査の18.0%、 4.6%からそれぞれ低下した。中学生はもともとこうした生徒の割合が低く、男子 0.8%(96年度 2.4%)、女子 0.3%( 0.7%)だった。

 「毎日吸う」を含めて「月に1回以上吸う」と答えた生徒も減少した。高校は男子 9.8%(30.7%)、女子 4.5%(12.6%)で、中学は男子 2.9%(10.9%)、女子 2.0%( 4.9%)だった。 

「たばこを吸う人はおじさん」、よく生徒たちから耳にする言葉だ。
昔だったら、「たばこを吸う人は不良」と言うものが多かったが、時代はつくづく変わったものだと思う。

しかし、この劇的な減り方には驚く。
大人の世界でもずいぶん吸わない人が増えたように思う。
少なくとも男性の喫煙者はかなり減ったと思う。
女性の喫煙者は増えたような気もするが、どんどん値上がりしていくたばこの値段を見ると、
そうそうは毎日何本も吸える代物ではなくなってきているように思う。

こういう状況を見ると、やはり子どもは社会が育てるものだと思う。
親や学校に任せっきりでは、やはりダメである。
社会が教育に参加するシステムを国がどんどん作るべきではないかと思う。
日本の教育に関しての課題はまだまだたくさんあるということを皆が認識すべきである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | 子どもたち | 01:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:32 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/4514
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ