子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾ジャーナルの記事 | main | 最後の授業 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
日本の若者の常識

【スノボ】国母、開会式出席を取りやめ、競技は出場 「本人も反省」と橋本団長
2月13日8時54分配信 産経新聞

【バンクーバー=榊輝朗】バンクーバー五輪日本代表選手団の橋本聖子団長と、渡航時の服装の乱れが問題となった、スノーボード男子ハーフパイプ代表の国母和宏選手(東海大)が12日、バンクーバー市内で会見し、改めて謝罪した。国母選手は10日の入村式に続き開会式参加も自粛。17日の競技には出場する。

 国母選手は会見で「ご心配、ご迷惑をおかけしすみませんでした」と謝罪。「いい滑りができるように頑張ります」と話した。橋本団長は「結果を出すことでおわびすることが大事」とし、17日の競技を視察する。

 9日の日本出発時とバンクーバー到着時、国母選手は日本選手団公式ウエアのネクタイを緩め、ズボンを腰の低い位置に下げ、シャツのすそも出していた。日本オリンピック委員会(JOC)や全日本スキー連盟(SAJ)に多くの批判が寄せられ、国母選手は入村式後に開かれたチームの会見で謝罪はしたものの、「反省してまーす」と語尾を伸ばすなどした。

 SAJは五輪代表推薦の取り消しを申し入れたが、橋本団長が国母選手と話し合い、最終的に出場させることを決めた。橋本団長は国母選手の服装については選手団の規範に反しているとの判断を示したうえで、「ここまで来て試合に出ない方が無責任。責任をまっとうしてほしい」と理由を説明した。

 また、服装の乱れを正せなかった萩原文和監督と2人のコーチにも責任があるとして、開会式出席を自粛させた。今後は五輪終了後、SAJが処分を判断する。

数日前の話題になるが、この国母選手に対して、日本の若者たちのほとんどは擁護しているという。
またマスコミや巷は本人よりもまわりのコーチなどを責めているようである。
昨日のテレビで国母選手をどう思うのか、外国人のプレスにインタビューしていたが、
私の見る限りすべての国の人たちが国母選手の格好を非難していた。
日本のマスコミはあまり言わないが、外国の人たちにとってはその国が国の威信をかけてオリンピックを
主催しているのに、その国や国民に対して非常に失礼な行いだというのである。
私の知人の外人たちも、「信じられない!」の連発で、
日本の風潮がコーチなどまわりの人間に及ぶことにもびっくりしているようだ。
21歳の国の代表に責任を求めるのは当たり前で、責められるのは彼を選んだ人間だという者も多い。

逆に日本の若者は彼を支持する者が多いという。
それも外国の友人に聞くと、そんなことを支持する若者は他国にはいないだろうと話す。
そんなことを聞いてしまうと、日本の教育は間違っているのではないかと思う。
「ちっ、うるせえな!」と話す彼の映像が海外にも出回っているのだろうか?
私の友達の外国人がいつぞやのどこかの国の外務大臣のヨッパライ会見よりもはるかに日本にとっては
国辱ものだと話していた。

今の日本の若者の常識は、まったく海外には通じないとほとんどの外国人の友人が話している。
萩本欽一さんが国母君に「金メダルを取っちゃいなよ、そうすれば許してくれるよ!」と新聞に書いていたが、
そんなに軽いことのように私には思えない。
うちの女房も、「メダルを取ったら、日本人は許しちゃうんじゃないの?」などと言っていた。
とにかく笑い話で終わらないようにして欲しいものだ。
今回は若気の至りですむだろうが、二度とこういうことがないようにして欲しいものだ。
「神聖なオリンピックをバカにしている行為だ!」と激怒していた外人記者の表情が印象的だった。

※私とブログ上でお付き合いしているかねごん先生もこの件に関して記事を書いておられた。
 勝利至上主義のスポーツ界に対しての反論を書かれている。かねごん先生の主張はスポーツ界
 だけではなく、世襲・金権体質の政治にも結びつくような大きなテーマだ。
 私のテーマは小さな個人の話である。昨日、北海道で応援会を取りやめるという記事なども出ていた。
 自分にとってはほんの小さなことでも、こんな人も大きくなっていろいろな人に迷惑をかけると言うことも
 現実だと私は思う。若者は国の誇りである。そういうことも国母君には分かって欲しいと私は思った。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| とよ爺 | 子どもたち | 00:16 | comments(14) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | - |
こんばんは。
ブログのコメントにも書かせて頂きましたが、國母くんをオリンピック代表に選んだの日本のスキー連盟です。
彼だけが悪者にされていますが、スポーツ界の根底に、俗に言う不良の温床があるような気がします。お金や人脈がからみ、経済至上主義が水面下でうごめいているそんな連盟が、彼の服装云々を言う資格はないような気がします。
國母くんの態度を見ていると、かわいそうになってきますね。「なにか俺間違ってるかな?」彼のつぶやきが聞こえて気そうです。そんな選手にしてしてしまったのは、間違いなく彼を取り巻くスポンサーであり大人たちだと思います。
| かねごん | 2010/02/16 12:36 AM |
東海大学のレベルの低さが、露呈した
| コヤジ | 2010/02/16 12:43 AM |
かねごん先生、コメント有り難うございます。
かねごん先生の仰ることは正論であり、私も感じています。
記事でも書きましたが、どうこう言うなら、選ばなければい
いとも思います。
しかし若者と言っても、21歳の青年です。
記者会見で記者の言葉に、「ちっ、うるせえな!」と言った
のも事実、彼にも責任があると私は思います。
他人を不快にさせる者、人に迷惑をかける者、世の中にはい
ろいろな人がいます。
秋葉原の殺人犯に同情する若者も多いと聞きます。
協会の体質、世の中の風潮、それも確かに悪いのですが、世
間はもちろん彼が不快だと思う外国人は、協会や日本の社会
に怒りを感じるのではありません。
外国人の基本はやはり個人なので国母選手に怒りを感じてい
ると思います。
それが言いたくて、身近な外国人を例に出して記事を書きま
した。
おそらくかねごん先生の仰っていることは外国人に通じません。
そういう意味で国母君にも大きな勘違いがあったと思います。
どちらにしても、世の中がどこか狂っています。
人にどういう形でも、どういう理由でも迷惑をかけたり、不
快な気持ちにさせることは大人であるのなら、慎むべきだと
私は感じました。
かねごん先生と私の違いは、国母君を私は大人と思っている
ところだと思います。
彼を一見すると、言葉遣いも、立ち振る舞いも世間知らずの
子どものように見えますが、私にとって、21歳の所帯持ちは
立派な大人です。きちんとした判断が出来なければなりません。
| とよ爺 | 2010/02/16 12:54 AM |
コヤジさん、コメント有り難うございます。
私は大学と言うよりは、個人の問題だと思います。
| とよ爺 | 2010/02/16 12:56 AM |
擁護する人の気持ちがわかりません。しかし、擁護していても
「あなたがこの立場だったら同じコトができたか?」と
尋ねればそんな人はいないはず。
「できる!」と豪語しても常識が働き、しないものです。
自由とは自己の責任が範囲が取れる範囲での行動。
何でもヨシってことではない。
今回は、自由でもなくオフィシャル。個人旅行じゃない。

大人として、また両親・親戚・兄弟多くの人が見ている場で
どういう影響を与えるかも分からないなんて。
指導するコーチがどうこうっていうだけではないですよね。
批判よりもあまりに哀れで。。。
| ちろ | 2010/02/18 3:25 AM |
かねごん先生ととよ爺先生にお聞きしたいのですが、
お二人は、オリンピック選手は、国の代表でオリンピックと言う大会に臨んでいるとお考えでしょうか?
| つばめひこうき | 2010/02/18 6:48 AM |
ちろさん、コメント有り難うございます。
私もこの記事を書く前に、実はいろいろと調べたのですが、
彼はそんなに悪い青年ではないようです。
そうでなければ、世界のトップクラスには行けません。
しかし、今回の記者会見などを見ると、まだまだ子どものよ
うな印象を受けました。
擁護する人は彼の違う面を見ているのだと思います。

しかし、私は格好のことよりも記者会見の彼の様子に大きな
矛盾を感じました。
周りに甚大な迷惑をかけたのは紛れもない事実です。
メダルを取れば、無罪放免だという人もいますが、私はこの
ことを肝に銘じて、さらなる成長をして欲しいと思いました。
| とよ爺 | 2010/02/18 11:35 AM |
つばひこさん、コメント有り難うございました。
つばひこさんに怒られるかも知れませんが、オリンピックに
限り、国の代表だと私は考えます。
國母君本人もいろいろな壮行会で、「国の代表として頑張り
ます」と話しているようです。

しかし誤解をされては困りますので書きますけど、私は空港
での格好は何とも思いませんでした。
私がおかしいと思ったのは記者会見の内容でした。
受け答えの言葉の問題もそうですが、コーチや親、在学中の
大学などがかなりのパッシングを受けている状況なので、少
なくとも、「自分の主義で振る舞ったので、周りは関係ない」
と話すべきだし、いちいち横を見ながら、質問の答えを確認
している彼を見て、子どもだなあと感じてしまったわけです。
テレビで他の国の代表選手のインタビューも見ましたけど、
格好のことは、「いいじゃないか」とほとんどの選手が話し
ていましたが、個々の選手の振る舞いを見ると、オリンピッ
クゲームは特別と位置づけていて、やはりショーン・ホワイ
ト選手を始め、ほとんどの選手はかなりしっかりとした行動
を取っているそうです。
そういう大会なので、國母選手の場合、辞退という選択もあ
ったと思います。

外国人はナショナリズムは好きですから、なおさら国の代表
と言う意識が強いのだと思います。
上の記事で書いた外国人は圧倒的にカナダ人・アメリカ人が
多いのですが、みな代表という言葉を口に出します。
私はオリンピックはそういう歴史のある大会だと思っています。
これあくまで私の意見、お手やらわかにお願いします。
| とよ爺 | 2010/02/18 11:49 AM |
ありがとうございます。
さらに質問させていただきたいのですが、
彼も含めて、オリンピックの選手は、国から選ばれて、代表となっているとお考えですか?

別に怒って聞いているわけではなく、ただ、どう思っているのか、素直に聞きたいだけです。

かねごん先生の記事やコメントを見ると、

>國母くんをオリンピック代表に選んだ

と書かれていて、それに対して、誰もコメントをしていないものなので、どうなのかなぁと、思っているのです。
ただそれだけですので、ほんと、怒っていませんよ(笑)
| つばめひこうき | 2010/02/18 4:33 PM |
つばひこさん、コメント有り難うございました。
昨日は高校入試当日だったので、レスが遅れて申し訳ありま
せんでした。
つばひこさんにはいろいろなことを教えられて、考えさせら
れることも多いので、今回は非常に緊張しました。(笑)

私は古いんですかねえ、オリンピックは国の代表と考えてし
まいます。
國母選手も、「オリンピックは特別な試合じゃない」と言っ
たり、壮行会で「日本代表として頑張ります」と言ったり、
正直、わかりません。

また正直、スノウボードはどういう基準で選考されたのかも
私は知らなかったのです。
要するにどういう形で選ばれたにせよ、日本代表だと言う理
屈です。
「国から選ばれて…」という問にはどう答えて良いか分かり
ませんが、私は日本代表と認識しています。
ある団体やいろいろな人が実績に基づいて決める場合が多い
のでしょうが、選ばれた以上は国の代表だと考えます。

でもね、正直、今にして思うと騒ぎすぎじゃないのかとも思
います。
身近な大学関係者の人に彼のために大変な迷惑を被った人な
どもいて、しっかり謝るか、考え方をはっきり主張した方が
良いのにと正直思いました。
| とよ爺 | 2010/02/19 1:13 AM |
忙しいのにありがとうございます。
実は、私のブログにも色々なことを書いたのですが、正直、自分の子供がスキー連盟にお世話になっているという事実があるので、あまりおおっぴらにかけないなぁと思って、ファン限定記事として公開してあります。

中味をかいつまんで説明すると、國母君をはじめ、スキー連盟に登録して今回のオリンピックに出ている選手と言うのは、日本の代表ではあるとは思いますが、国からとか、スキー連盟からとか、ましてや、国民が選んで代表になったわけではありません。

もちろん、オリンピックの出場枠と言うものが各国あって、その中で選手はせめぎあっているという印象があるのですが、その出場枠そのものも、オリンピック委員会が決めているものではありません。

FISの大会、つまりワールドカップなどの大会に出場して、選手自信が勝ち取っているもなのです。

国内でランキングが3位だからといって、世界レベルに達していなければ、普通であれば、オリンピックには出場することができないのです。

普通であればと言う意味の中には、普通でない場合と言うものがあります。
冬季オリンピック普及の為の枠と言うものが設けられています。
そういう場合は、世界レベルの技術に達していなくとも出場できます。

通常の場合であれば、日本の場合、日本スキー連盟に登録した選手のなかから、FISの大会の出場権を争ってもらって、その中で勝ちあがった選手が、FISの公認大会に出場できます。

そして、FISの大会で戦って、オリンピックと言う最高舞台の出場権を勝ち取っていくというシステムです。

こうやって、國母君は、オリンピックに出場しているというわけです。決して、スキー連盟が彼を選んだわけではありません。

にもかかわらず、この問題が起こったとき、橋本聖子さんにスキー連盟は「出場を取り消させますか?」と言う打診をしているというのは、どう考えてもおかしいことだと感じます。
國母選手がどうのと言う以前の問題です。

彼の服装やら、言動は、代表としても、大人としてもいかがなものかと言う批判を浴びても仕方がないものだとは思いますが、その一方で、こういう事実はどうしてきちんと報道されないのかと言う事も感じてしまいます。

彼らにとってオリンピックと言うものはどういうものなのか、そして、プロスノーボーダーとして、オリンピックと言うものがどういうものなのか、そういう事実が全く報道されないのは、一番おかしなことだと感じています。

そして、そういう両方のことが分からないまま、色々なことを憶測でしか語れないというのは、不幸だなぁと言うのも感じてしまいます。

國母選手の態度だけでなく、選手誰をとっても、
「チョ〜むかついた。」なんて言っていますよね(笑)
ある意味、北島選手の「チョ〜気持ちいい!」だって、いかがなものかといわれれば、そうなのかもしれないなぁと感じます。

そして、そういう選手にスポーツ界をゆだねなければならない環境を作り出しているのが、間違いなく、日本という国です。

『勝てばいい』そういう観念自体、おかしい。
そういう日本人の美徳は、すっかりアメリカにやられてしまっているような気がしてなりません。
パブリックもプライベートもなくなってしまった日本人は、これからどんなスポーツシーンを演出してくれるんでしょうかね?
| つばめひこうき | 2010/02/19 7:22 AM |
つばひこさん、いつもコメント有り難うございます。
そうですか、橋本聖子団長のコメントはおかしいと私も思いますねえ、大いに納得です。私はそういう選出の基準に詳しくないものですから…。
國母君は十分今回は制裁を受けました。昨日の記事でもそういうことが詳しく報道されていました。競技の様子を私は見ましたが、なかなか立派な奮闘でした。

選出方法はいろいろな国で違うのでしょうが、オリンピックは特別なイベントだというのは彼も分かっていたと思います。
開会式や閉会式も大々的にやり、選手団は同じユニフォームを着て、壮行会もいろいろなところで行われている。そして私などは典型なのですが、普段見ない人もその競技に注目する。報奨金が出る国もある。
口では他の試合と同じで、特別な試合ではないと言っても、実際はそういうことが分かっていたはずです。
なぜ国民が普段見ない競技に熱狂し、日本人選手を応援するのかと言えば、それはナショナリズムの表れで、国の代表を応援しているという気持ちがあるからだと思います。

国の代表でなければ、私たちにとって日の丸が上がり、世界中に配信される以上、国民の代表だと思います。

私個人としては自分のライフスタイルでそうしたのなら、コーチや大学、彼のご両親がパッシングされているとき、パッシングする方も最低なのですが、「周りには関係ない!自分の考えでしている!」と言って欲しかった。
「反省してま〜す」とか、「ちっ、うるせえなあ」では21歳の大人としてはあまりに情けないと思いました。
「勝てばいい」というのは本当にナンセンスです。スポーツの魅力も半減します。スポーツの商業化は止まらないと思いますが、何だか寂しいですねえ。
| とよ爺 | 2010/02/19 9:31 AM |
説明が中途半端で、解かり難かったと思いますが、ご理解いただけて、嬉しく思います。

ちなみに、彼はX−GAMEなどの高額賞金がかかったプロの大会に出場する為、全日本に選手として登録はしてあるけれど、全日本の指定選手は辞退しています。

つまり、彼はFISの国際大会には、ほとんど自費で参加していると思われます。
そして、彼にとってのオリンピックは、プロとしてスポンサーを喜ばせる為のものであるのでしょう。それは、ショーンホワイトも同じことだと思います。

今回の報道で、ある意味、彼は、普通に競技をするよりも顔と名前を売りました。
つまり、今回の報道でのせられたのは、一般大衆やマスコミの方なのかもしれません。

それとは別に、彼の行動だけではなく、日本の学生スポーツ界は乱れていますよね。
数年前の事件のおかげで、日大のスキー部は、2年連続でインカレに出場することができていません。
どうしてそういう選手が、優遇されて大学に行くのか、それまでの教育はどうなっているのか?
学校の対応がどうなっているのか?

そういうところに、国民の目がいって、スポーツ界も石川君のような子供で溢れればいいのになぁと感じますね。
| | 2010/02/19 9:54 AM |
名無し(つばひこ)さん、コメント有り難うございます。
彼が指定選手でないことも、辞退していることもネットで調
べて知ってはいました。
スポンサーのためというのも、理解できます。
ゆえにショーン・ホワイトのような役の演じ方をすれば良か
ったとも正直感じました。

しかし彼は見かけ以上に純粋なのかも知れませんね。
今回のことは良い勉強になったと思いますし、ハーフパイプ
という競技もかなり注目されたと思います。

大学を問わず高校も乱れていますよね。
爺臭いことを言いますが、規律が乱れているような印象を受
けます。
これからどうなってしまうのでしょうか?
| とよ爺 | 2010/02/19 2:44 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/4274
橋本団長
国母和宏選手について語ろう!! - ブログタウン 日本オリンピック委員会(JOC)はこの日、橋本聖子団長を通じ、萩原監督に口頭で注意。移動にはコーチ3人も同行しており、JOCは指導力不足を指摘した。橋本団長は「気持ちを入れ替え、集中してやってくれると思う」と、五
| nwes取り扱い所 | 2010/02/16 7:19 AM |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ