子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:時代を読め! | main | 若き塾の日々〜246〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
中3 OneDay合宿2008
撤収はとにかく瞬時に行わなければならない、約束の時間が迫っている。
生徒たちを急がせるためにも、私達も早足で歩くことが原則、私達がダラダラしていると生徒たちもダラダラしてしまうものなのだ。
「おいお前、何点だった?」、生徒たちもいろいろ話ながら早足で歩く。
生徒たちがこういう流れに乗って、何も言わなくても動いてくれること自体も、この企画の成功を物語っている。
こういう締めくくりも今年の回はしっかりしていた。
私は駐車場までの長い道のりの中で、仲間たちの成長を感じていた。
「今年は全員合格をひとつでも多くの塾に果たしてもらいたい」と心底から感じていた。

 外はもう真っ暗だった。
 朝ここにやってきたときは、暖かい朝日も
 差していない、凍てつくような時間だった。
 生徒たちも私達もとにかく一生懸命やれた
 と思うし、満足感もあった。
 きっと良い経験になったと思う、こういう経
 験が人を育てるのだなあとつくづく思ったり
 する。
 バスの中での生徒も開放感からか何かは
 じけるような元気さがあった。
 朝乗るときはバスに乗るときは初対面の私
 に小さな声で挨拶した生徒たちが、帰りの
 バスから降りるときには「有り難うございました。そようなら」と全員が大きな声で私に言ってくれた。
「幸せだなあ」とこういうときに塾屋は感じてしまうものだ。
幸福感を全身に感じながら、仕事を終えることは何とも何度経験してもよいものだ。

「おい、飲みに行こうぜ!」、その日は若い連中と明け方まで飲んで騒いだ。
私達の2008年は終わろうとしている。
                                                      (終わり)

関連記事 中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008
       中3 OneDay合宿2008

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | わが塾 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:10 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/2527
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ