子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< そよ風の誘惑 | main | 今年最後の授業 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
え! 麻生さんが教育?
公立校の学力アップ、再生懇に指示 新たな内需喚起狙う
12月19日8時1分配信 産経新聞

 麻生太郎首相が休眠状態となっていた教育再生懇談会を再スタートさせたのは、「教育」を政策の柱に掲げ、政権の国家戦略ビジョンを示したいとの思いがあるからだ。安倍晋三元首相が掲げた「教育再生」は理念やイデオロギーを重視したものだったが、麻生首相はより実務的な「質の向上」にこだわっており、教育再生懇は公立学校の学力アップを中心に急ピッチで議論を進めることになる。象徴的なのは教科書の充実だ。

 ≪景気対策兼ねる≫

 教育再生懇は、安倍氏の肝いりで発足した教育再生会議を、福田康夫前首相が衣替えした。麻生首相が教育再生懇の再スタートを決断したのは、盟友である安倍氏の強い要請もあるが、「『公教育の充実』は景気対策の柱となりえる」との計算もあった。

 「ゆとり教育」の推進による公立学校の学力低下は大きな社会問題となっており、30、40歳代の働き盛りの世代には塾や進学などの教育費が重い負担となっているからだ。教育費の負担軽減により可処分所得が増えるばかりか、少子化対策にもつながると踏んだわけだ。

 世界的な経済危機を迎え、麻生政権は内需拡大・財政出動に大きく舵を切ったが、公共事業一辺倒では「バラマキ」批判は免れない。「教育」という巨大なソフト産業にメスを入れることが、新たな内需喚起を生む上、将来への投資につながるとの思いもある。

 加えて、首相自身が文部政務次官などを務め文部科学行政に詳しい上、河村建夫官房長官、与謝野馨経済財政担当相、中曽根弘文外相、鳩山邦夫総務相、保利耕輔政調会長ら政権中枢に文相・文科相経験者が多いことも後押しとなった。

 ≪日教組の抵抗も≫

 ただ、教育改革には複数の壁が立ちはだかる。公立学校では民主党の支持団体である日教組が今も影響力を持ち、強い抵抗が予想される。自民党には、私学や塾の経営者らとパイプが太く、公立学校へのテコ入れに消極的な議員も少なくない。教育行政にからむ省庁の壁も多く、教育委員会改革やスポーツ振興策などは、地方分権論議を乗り越えないとなしえない。

 だが、「教育を国家戦略の中心に据える」という首相の意気込みは相当なものだ。「教育は社会総がかりで取り組むものだ」と語る安西祐一郎座長をいかにバックアップし、大胆に施策に反映できるか。首相の手腕が問われている。(石橋文登)
イデオロギーの色合いは薄いとの記事だが、結局は民主党との壁のことが障害になるようなことが
書いてあるし、今回は私も反自民で行こうかななどと思うと日教組が…などと考えると本当に難しい事
になり、私のような頭が弱い人間には難しい。

確かに記事内容のことは確かで、教育の充実は経済政策になりうるかも知れないが、
私学助成の削減をはじめとする各教育予算の削減を見ていると、
「本当にそう考えているのか、私たちはもう騙されないぞ!」なんて思ってしまう。
有識者と言われている人を集めて、形だけの話をして、「教育改革に取り組んでいます」などと
実のない話をされるのはもういい加減嫌になってきている。
この内閣は本当に“みせかけ内閣”の色合いが強い。

ハローワークを麻生首相が視察したとき、そこであった若者に「かっこいい仕事は実入りが悪い、大変な
仕事こそ、お金が稼げる」と言ったらしいが、いま社会で問題になっている介護の世界で
働いている皆さんがそれを聞いたら、どういう思いになるのだろうか?
“苦労知らずのお坊ちゃま”では今の政局は難しいかも知れない。
それを聞いたお年寄りが「あの人は“貧乏人は麦を食え”と言った人の孫だから…」と言ったそうだが、
国民が爆発する日も近いかも知れない。

「今の教育を根本から何とかしなければ…」という人がいないのだろうか?
それほど今の教育は根っこがどうかなってしまっている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 学校教育 | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:07 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ