子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< アメリカ人のクラスメイト | main | 中3 OneDay合宿2008 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
両親の教え
去年、最終回を終えた「篤姫」の記事を書いたのだが、
ふとその夜に思い出した事があった。
私の両親が私に良く言っていたことを思い出したのだ。
テレビや映画なので、かつてのいろいろな物語をドラマ化した番組を見て、
それなりに何らかの感動を感じたなら、必ずうちの両親は「昔の人は偉かったなあ」と私に話した。
その時、私も両親の言葉に昔の人は偉かったんだなあと子供心に思ったものだ。

そういうことがあったからこそ、国や今の私たちの礎を築いてくれた人に感謝の気持ちが起きる。
目上の人に対して、敬う気持ちが芽生える。
そういうことをそれとなく教えてくれた両親に本当に感謝の念を感じる。
そして私の両親もそういう教育を受けてきたのだろう、それをしみじみと話す。
私に言わせれば、それは立派な道徳教育だったと思う。

私の国にはそういわれるに値する人が星の数ほどいる。
しかし今の時代のせいなのか、無条件に人を褒めると必ずケチを付ける人がいる。
例えば、私は昔、「野口英世の母」と言う記事を書いた。
「昔の人は偉かったなあ」で話は終わり、母と子の偉業に感動すればよいのだが、
「実は野口英雄はアメリカで放蕩三昧を送り、人に言えないとんでもない生活をしてました」
などとコメントが入ったりする。
しかし、野口英世は世界で認められた人であり、母親のシカさんも実に立派な人である。
素直にそういう人の偉業やすばらしさを認め、範にすれば良いのではないかと思ったりする。

日本人はそういう人のマイナス面を見つけ、それで人を評価する国民に成り下がってしまった。
素晴らしい人のマイナス面を見つけて満足し、自らの努力を怠る人が本当に多くなった。
そういう日本人の変な情報文化に振り回されてしまったゆえに、
自らの国民性や能力を貶めているような気がして私はならない。

子どもの教育に関しても、私はそう思ったりしている。
伝記を読ませたり、歴史などで人物の勉強をあまり子どもたちにさせないのもその表れだ。
やはり人の良いところを見ながら育った方が子どものためにも良いと思うのだ。

「篤姫」に関しても、当時の江戸の人たちが誰ひとりとして悪く言わなかったと言うが、
今のテレビを見ていると、勝海舟と不倫関係にあったとか、徳川13代、14代を暗殺したとか、
いろいろなことを推測で言われている。
一緒の時代に生きた江戸時代の人たちと今に生きてる現代人の評価が全く違っていたりする。
私はこんな世の中を見ながら、「昔の人は偉かった」と私に教えてくれた両親の教育は素晴らしかったと思う。
もうこの世の人ではなく、何の反論もできない人の悪口は言うべきではないと思うのだ。
今の教育を見ると、両親の偉大さが本当に身にしみる毎日である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 私のこと | 02:05 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:05 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/2472
裏篤姫
篤姫とにかく気になります。篤姫について毎日検索してしまうのです。今日はこのブロ...
| 篤姫 | 2009/01/04 3:06 AM |
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ