子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< ニューPC登場 | main | 中3テスト1週間前 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
若き塾の日々〜192〜
夏を追いかけるな!
2学期の中間テストに向かって、そろそろ準備を始めなければならない時期になった。
夏の成果がどれだけ出ているか、私は非常に楽しみにしていた。
それ相応の効果が絶対に出ていると私は確信していた。
この年は「やるだけの事をやった」という自信に満ちていた。

私のそういう自信ありげな態度を見ていると、生徒も何故かできるような感じになってくるのだろう。
易しい問題の質問などは1学期のようにすぐに私にせず、自分たちで結構考えるようになっていた。
いつまで続くか不安だったが、私としては思ってもない生徒たちの変化だった。

9月の半ばを過ぎた頃、仕事を終えた私はいつものように遠隔地の生徒を送迎していた。
その途中の電話ボックスに電話かけているHATを発見した。
こんな夜遅く、電話をかける理由は大体決まっている。
家の電話ではかけられないと言うのがその理由である。
女の子に告白の電話をしているか、悪童なので、悪さをする相談かも知れない。

その頃、今の携帯電話のような便利グッズはない。
メールなどもなく、親に秘密の連絡は公衆電話でするというのが定番だった。
恥ずかしながら、私の時代もそうで、特に女の子を口説くときは公衆電話が多かった。
逆に親御さんが出る場合も多く、よく「塾からの連絡です」などと塾の名を語られることもあった。
今のように割と簡単に連絡ができると、恋愛の醍醐味もないのかも知れない。
昔はとにかく人に見られずに告白するのが大変な時代だった。
そのタイミングも難しかったが、とにかくそこに行きつくまでの道のりが大変だった。

私は次の時間に公衆電話のことよりも、まっすぐ帰れと言うつもりだった。
どこで何をしていたかなどは言わずにそれだけを言おうと思っていた。
悪童だが、人に後ろ指を指されるような行動は取らない生徒だった。
もしかすると、その電話で玉砕した可能性もある。
こういうことは様子を見ることが肝心である。
                                                    (つづく)

関連記事 塾の本棚

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | わが塾 | 02:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:55 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/2113
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ