子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 大荒れ | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜63 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
頭脳戦

一昨日、次兄の仕事の関係で日本リージャスという会社の不動産開発ディレクターの柘植さやか

さんのお話を聞くことができた。

リージャスという会社は、120ヵ国1000都市3000拠点でレンタルオフィスを運営する大会社で

わが国にも24都市に110拠点でビジネスセンターを運営している。

わが国にビジネスを開始したのは1998年、20年足らずの会社である。

これから拠点を増やしていき、2020年には400〜500拠点にビジネスセンターを増やしていくと

いうものである。

もともとはイギリスの会社で設立は1989年、そんなに古い会社という感じはしない。

日本の企業感覚で言えば、むしろ会社歴は浅く、この短期間でこれほどの会社になるというのは

とんでもないという感じすらする。

ちなみに私のいた会社は創業は1967年、会社組織にしたのはリージャスと同1989年、そういう

意味では会社としては同い年である。

現状を考えると恥ずかしい限りだが、やはり話を聞いてみるとそれなりの秘密がある。

賢い経営手腕にただただ感心するお話だった。

 

ここ三か月で私は同じような営業手腕を発揮する3社の代表、そしてこの柘植さんの話を聞かせ

ていただいた。

最初はホテルグループCANDEO HOTELSの穂積輝明代表、GLOBAL AGENTSの山崎剛代表、そ

して、日本リージャスの不動産開発ディレクターの柘植さやかさんである。

細かい営業手法はHP等で調べてもらえばわかるのだが、3社に共通するのはそのユニークな営業

手法である。

自己資本を最低限でしか使わず、アイディア勝負という営業法である。

簡単に言えば、ハードではなく、ソフトで勝負という会社運営姿勢である。

短期間で成功するのは、やはりこういう会社でなければならないのだろう。

穂積氏はホテル業界で、山崎氏は賃貸マンション業界で、柘植氏はレンタルオフィスで、いずれ

も業界は違うのだが、頭脳で勝負しているという感じである。

 

私たちの業界も、場所・規模などハードなものよりもこれから生き残る者たちは頭脳を働かせた

人なのだろう。

残念ながら、私の業界にこういう風雲児はいないし、考え方も古いのだが、変わっていかなくて

は生き残れないのではないだろうか?

とにかく東京にはすごい人たちがたくさんいる。

東京というところは日本国ではなく、東京国なのだなあと改めて思い知ることになった。

もっともっと頑張らなければならないと実感した一日だった。

| とよ爺 | 日記 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:29 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10838
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ