子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾の起源〜明道館 | main | 猛暑 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
梅雨明け

気象庁の梅雨明けの発表から、4〜5日過ぎた。

もっともその前から、炎天下の日が続き、梅雨だと言われても、なんとも実感がわかない日々

だった。

とにかく猛暑というのがふさわしい日々で、夏本番を迎える前から、夏バテのような感じにな

ってしまう日々だった。

梅雨明けという境目が全く分からないまま夏に入ると、その言葉の響きだけで更なる夏バテが

来ているような感じがした。

 

今年は例年のような夏の混乱はない。

引継ぎのために会社に籍を置いているが、この夏でその籍もなくなる。

とは言え、この夏に身体のオーバーホールが半ば完了する予定でそうなったら、新たに違う場

所に籍を置くつもりでもいる。

その籍も今の会社からは無縁ではないので、大きな意味で縁が全く切れるわけでもない。

 

しかし、自分の人生の中で大きな境目であることは間違いない。

この歳になると今までの人生を完全否定するなどと言うことはできない。

新たな再出発という人もいるのだが、まったくそれまでの人生と関わりを持たない人生を始め

られる人はどれほどいるのだろうか?

私の周りにはあまり存在しない。

やることは新しくとも、それまでの経験を生かさないわけではない。

そういう意味で新しいことを始めるという考え方もあるが、それまでの人生を総括する意味も

出てくるのではなかろうかと思う。

 

夏は私の中で大きな境目となる。

この一年、この夏を目標に生きていたような感じがする。

そして、梅雨明けとともにその夏がとうとうやってきた。

この一年の総決算と言っても、過言ではない。

「梅雨明け」というのはそういう意味でなんとも厳粛な気持ちを私の中に湧きあがらせるもの

だった。

この夏の結果次第では、今までとは少し違った人生を歩み始めることになる。

そういう意味では非常に楽しみな季節でもある。

去年の今頃に戻らないように細心の注意を払いながら、なり切りたいと思う。

| とよ爺 | 日記 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:02 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10831
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ