子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 強引 | main | 塾の起源〜明道館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
三連休を終えて

猛暑の三連休を何事もなく終えることができた。

毎日、アポイントがあったのだが、そのほとんどが私の慰労会のようなものであった。

と言っても、それを肴に集まって、いろいろなことを話すという目的も皆にあったと思う。

どの会もこれからも続けて行こうということになった。

もちろん業界から引退した私も含めてである。

 

友というのは本当にありがたいものである。

いままでお付き合いしていて、感じることができなかったいろいろなものをこの三日間で、皆さん

からいただいたと思う。

逆に私が皆さんに対して、何を返せばよいのか、何をしてきたのかを考えた三日間でもあった。

言えるのは皆一生懸命来ていること。

これからは自分自身も生きていくのに精いっぱいの日々なので、何を返せるのかはわからないが、

できる限り皆さんに関わっていきたいと思う。

 

まだ、私は会社にいるので、会社の中の仲間たちは何を感じているのかわからないが、おそらくい

なくなって初めてわかることがお互いにあるかとも思う。

とにかく自分自身の可能性を信じて頑張ってほしいものである。

 

それはいいのだが、この三連休は本当に暑かった。

東京、横浜を行き来したのだが、都会は照り返しがきつく、歩いていてもクラクラするほどだった。

横浜の家に帰ってきても、夜はクーラーを使う日々だった。

近くのコンビニに夜中に買い物に行っても、ムシムシしていて、じっとしても汗をかくほどだった。

明らかに自分の地元よりも暑い。

残っている女房に電話をすると、向こうもかなりの暑さだという。

「なるべく外に出ないで、家でじっとしててね」ときついアドバイスをされたのだが、約束があるの

でそういうわけにもいかなかった。

どちらにしても、無事に連休を終えることができたのでホッとしている。

 

あとは横浜の家で保険屋さんと会うだけである。

三連休の疲れをしっかりととって、地元に戻ろうと思う。

地元に戻るとやることはいろいろある。

地元にいれば、目付け役がそばにいるので安心である。

節目の8月はもう目と鼻の先である。

残りの日々を何事もないまま終えようと思っている。

秋以降の自分が本当に楽しみである。

| とよ爺 | 日記 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:36 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10829
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ