子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 仲間たちに感謝、感謝 | main | 三連休を終えて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
強引

私は教育関係以外の政治ニュースはあまり取り上げないのだが、最近のニュースを見て

いると、あまりにも低次元で情けなくなる。

権力に力を与えすぎると独占状態を作り、それが驕りとなっていく。

いまはまさにそのような感じで、やり方がいかにも強引で、国民のためというよりは自

分自身の満足のために行政がされているように思う。

権力に寄りかかっているからこそ、発言が強引、一方的となり、驕れる者の典型のよう

な感じである。

本来の民主主義はどうなってしまったのか、思わず疑ってしまう今日この頃である。

 

その強引さは安部総理を筆頭として、豊田議員、稲田議員などなど、上げればきりがな

い。

「震災は東北でよかった」などと言ってしまう復興相などがいたりして、もはや何が何

だかわからない様相である。

常識の範囲を通り越して、発言者の人格否定までも思い浮かぶ。

 

政治ばかりではなく、芸能の世界でも同じようなことが起きている。

SNSを使い、夫婦間のもめ事を世の中に訴える。

刑事的に許されないことも、SNSなら言い放題、広告収入がそれによって数千万も入る

というのだから、世の中は本当におかしくなっている。

痴話げんかを楽しむ国民がいて、それを利用する者がいる。

マスコミもその愚がわかっていて、毎日、報道する。

いつまでたっても、終わることがないような雰囲気である。

 

人々の生活はただただ地道で小さな運不運はあるものの多くの者が、大きな変化を好ま

ず、とにかく現状が続いていくことを望んでいる。

人の生活は地道かつ堅実なものである。

その代表者の政治家やその人々の生活をアシストする芸能人たちが、自分の主張丸出し

で、自分の意のままにことが回っていかないと感情的になる。

こんな大人たちを子供たちはどう思うのだろう?

 

まさに今は「強引」の時代、人々の感情があらあらしくなっている時代。

こんな時代に誰がしてしまったのだろうか?

| とよ爺 | 日記 | 09:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:27 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10825
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ