子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 新たな役割 | main | モンテッソーリ教育 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
モンテッソーリ教育

将棋界で快進撃を続けている藤井四段の教育法が脚光を浴びている。

その中で「モンテッソリー教育」という言葉が氾濫している。

おそらく塾屋なら、だれでも知っているものなのだろうが、詳しく知っている者はそう

多くはない。

私も昔、自塾の教育の中に入れられないかどうか悩んだことがある。

テレビで特集されているように自主性を重んじるやり方で、見方によれば、塾はすべき

ことを何もやっていないと捉えられてしまうのでその時は及び腰となった。

しかし、集中力をつけるという目的のもと、行われるこの教育法は非常に有効なもので

こうやって脚光を浴びるというのはとても良いことだと私は思っている。

 

では、一体どういうものなのか?

何稿かに分けて、特集していきたいと思う。

 

ウキペディアの冒頭には次のような説明がある。

20世紀初頭にマリア・モンテッソーリによって考案された教育法。

イタリアのローマで医師として精神病院で働いていたモンテッソーリは知的障害児へ感覚教育法を施し知的水準を上げるという効果を見せ、1907年に設立した貧困層の健常児を対象とした保育施設「子どもの家」において、その独特な教育法を完成させた。以後、モンテッソーリ教育を実施する施設は「子どもの家」と呼ばれるようになる。

シュタイナー教育と共に、既存の教育に不信感を持つニューエイジャーの支持を集めた。

ここに出てくる「子どもの家」は教育の世界では非常に有名なものである。

ここに出ているシュタイナー教育は非常にメジャーでこれを取り入れた学校や塾はたくさ

んあるのだが、あくまで私の印象なのだが、モンテッソーリはあまり知られていないとい

う印象が多い。

しかし、教育思想としては比較的新しいもので、現代っ子に応用できる側面が数多くある

と私は思っている。

特に日本の教育実態から考えると非常に有効な部分があると私は思う。

 

ここで藤井聡太四段に戻るが、驚くべきはその集中力である。

対局時の集中力もさることながら、自宅等での将棋の研究においても、その集中力はきっ

と驚くべきものがあると私は思っている。

その幾分かはこのモンテッソーリ教育の結果ではないかと私は思っている。

| とよ爺 | 教育思想 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:44 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10812
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ