子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾の起源〜プロローグ | main | 相続 >>
清澄白河

昨日は初めて清澄白河というところに用事があり、出かけてきた。

ソーシャルエージェンツという会社の代表に招かれ、その現場を拝見させていただいた。

テレビで「テラスハウス」という番組が流され、静かなブームを呼んでいるが、その火付

け役の一つでもあるこの会社、短い間にすごい会社になっている。

それを起こし運営しているのが、この若き社長である。

 

現場の清澄白河は私の利用する京急電車が乗り入れている都営浅草線の大門という駅で乗

り換え20分弱の場所、そこから15分ほど歩いたところにある。

目の前に木場公園があり、静かで住むには最高のところである。

名称は「ワールドネイバース清澄白河」と言い、SOCIAL APARTMENTと入口に書かれて

いる。

一階にフロントがあるのだが、横にLAUNDRY×CAFEというここの代表が考えた面白い場

所もある。

 

中を案内してもらったのだが、やはりすべてが新しい。

1階にある共有スペースには立派なキッチンやビリヤード台、ビデオスクリーンなど、多く

のお客さんがあっても、十分に楽しめる。

その後、屋上に案内されたのだが、そこにテラスがあり、皆で時間を過ごせるようになって

いる。

また、同じ階にバーラウンジがあり、夜景が楽しめ、くつろげるようになっている。キッチ

ンや製氷機も完備しており、お酒や食材を持ち込めばそこで時間を過ごすことも可能である。

 

1階のフロントの横には、洒落たカフェがあり、月5000円ほどのコーヒーチケットを住人で

あれば、毎月配布される。その横には立派なランドリーがあるのだが、月2回指定の袋に洗濯

物を入れ置いておくと、それを選択してくれて、きれいに畳んで戻してくれる。

もちろん家賃相場は、他よりの20000円くらい高いのだそうだが、そういうサービスや施設

を考えれば、十分に元が取れるというわけである。

 

この会社の代表はまだ34歳だというのだが、やることや考え方はとにかく新しい。

こういう人がこれからのこの国を作っていくのだろう。

世の中にはいろいろな人間がいる。

都会に来ると心底から、人の知恵や力を感じることが多い。

つくづく私自身も老いて、いろいろなことを順番に放棄していくことを恥じなければならな

いと思う。

人間、考え方次第でどこにでも生きる場所はあると感じた一日だった。

| とよ爺 | 日記 | 10:08 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:08 | - | - |
とよじいさん、こんにちは!
清澄白河へのコメントではないのですが、ご報告させていただきます。

娘の就活が無事に終わりそうです。
「この企業なら…」と思っているところの内定をいくつかいただき、どこへ勤めようか悩んでいる所です。
「◯◯さんみたいな人と仕事がしたい。10月まで待つから!」とまで言ってくれた企業もあり、娘の良い面を見付けてくれたんだと喜んでおります。

就活が始まった時には大学4年にもかかわらず週に4日も授業があり、実習にも行かなければならず(栄養系の学部なので)文系の子達に比べ就活の時間も取れないため出遅れてしまうのではと心配しておりましたが、何とか乗り切れたようです。
高校の前期試験で不合格になった時から今まで色々な事に頑張って来たからこその結果だと思っています。
前期で落ちたことは娘と私の心を成長させてくれました。

とよじいさんのブログは「本当にそうだよなぁ」と共感することが多く、考えさせられることばかりです。
体調を考えると無理にはお願いは出来ませんが、ずっとブログを続けていただきたいと思っています。
私と娘のように救われる人がどこかにいるはずだから!

これから暑くなります。
健康な人でもかなり辛い夏だと思われます。
体に気を付けてお過ごし下さい。
| みかん | 2017/06/15 1:06 PM |
みかんさん、コメントありがとうございます。
娘さんのこと、良かったですね。私もわが子の就職にはいろいろ悩み、気を揉みましたので、痛いほどお気持ちがわかります。
私は記事にもしましたが、長男が浪人しているとき、予備校をさぼらせて、震災で大きな被害を受けた南三陸町に連れて行きました。その後、息子は志望を情報関係から、建築関係に変えました。
今は建設土木会社に就職し、まさにその南三陸町、気仙沼で復興のお手伝いをしております。自分の目標を叶えると目覚ましい速度で大人になっていくのがわかります。おそらくみかんさんの娘さんもそうだと思います。ちょっぴり親離れは寂しいですが、子供にいろいろと教えさせられるというのは親の一番の喜びかもしれません。

ブログですが、可能な限り続けていくつもりです。子供を見ているるとまだまだ負けてはいられません。今後ともよろしくお願いします。
| とよ爺 | 2017/06/16 4:10 PM |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10796
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ