子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 第二の人生 | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜54 >>
桜物語

s-IMG_0255.JPG福井出張やこちらに戻ってからのいくつかの仕事をこなし、やっと自宅に戻ってきた。

自宅に戻った瞬間に日常に戻る。

午前中に健康や病気治癒のため、ウォーキングをするのも私の日課である。

何もなければ、一日20000歩は歩くようにしている。

午前中に最低5000歩は稼いでおかないとなかなか20000歩は難しい。

 

私のウォーキングコースにも桜が咲いている。

見事な桜なのだが、写真のように平日となるとあまり人もいない。

前の記事で書いた足羽川よりは短いのだが、ここの桜も結構素晴らしい。

どの木も手の届くところにある。
s-IMG_0268.JPG満開時も素晴らしいのだが桜吹雪が舞う頃に歩くのもまたよい。

毎年、訪れている私の大好きな場所だ。

 

今年は福井の桜、金沢の桜、川崎の桜と多くの桜を楽しんできた。

最後は慣れ親しんだこの桜、この桜に関しては散るころも毎年楽しんでいる。

爺になってしまったので、そんな桜の経過を見るとつい自分の人生と重ね合わせてしまう。

こういう気持ちにさせられるゆえに桜なのだろう。

 

この日は長い出張だったので、午後に少し出勤して、夕方近くに今度はわんこたちを連れて、朝の桜と逆方向に向かう。
s-IMG_0275.JPGそこは広々としていて、田んぼが広がっている。

その中ほどに菜の花が咲き、川沿いに見える桜とのコントラストを楽しむのも私は好きだ。

この場所に来ると犬を遊ばせ、しばし菜の花と桜を見る。

私にとって、なんとも幸せなひと時である。

歳をとると本当に幸せを感じる場面が違ってくる。

人に一生は本当に面白いものである。

 

この記事を含めて、今年は5稿の桜の記事を書いた。

文字通り狂い咲きのような感じである。

しかし、桜のことで5稿も書けるなどと言うことは幸せ以外の何物でもない。

来年もぜひともこうありたいものである。
 

| とよ爺 | 日記 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:07 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10724
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ