子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 桜物語 | main | 桜物語 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
桜物語

s-IMG_0188.JPG翌日は今後のことを考えて、友人から紹介していただいた方を訪れた。

福井のお隣にある鯖江という場所にその方は住んでいる。

 

一時は大手建設会社に就職し、地元を離れ、東京、仙台、呉、浦和など、点々していたのだが、退職を機に地元に戻って来られた方だ。

さすがに地元出身というだけあって、顔は広い。

この日一日で多方面のいろいろな方を紹介していただいた。

 

福井の教室は3年前にオープンしたのだが、非常に業績は好調で今は3教室になった。

今はチャンスなので、どんどん教室を広げていく予定である。
s-IMG_0192.JPG第一号店の本校は福井市の中でもこの鯖江に近く、将来的にここに教室を出店しないとは限らない。

つくづく思うのだが、神奈川の私たちが福井でやっていくのにはこういう人間関係が非常に大切である。

ゆえに一生懸命、ものを教授していただくつもりでお会いした。

 

上の写真はその方の自宅近くの桜並木、菜の花も美しい。

話しているうちにJALの機内誌に取り上げられた桜が近くにあるという話になった。

その桜は地元では有名らしい。

桜の季節ということで、見に行くことにした。
s-IMG_0198.JPGその桜は鯖江市のお隣の越前市にあった。

小学校の校庭のど真ん中にその桜はあった。

天気はあまり良くなかったのだが、JALに紹介されたせいか、多くの人がその桜を見物に来ていた。

中には遠方から来ている人もいた。

 

その桜は非常に印象的であった。

この桜の周りを駆け回っている児童たちが目に浮かんだ。

満開の桜は美しいと思うよりもその目に浮かんだ光景に感動を覚えた。

自分の幼少時代を思わず思い出してしまった。

 

日本人にとって、桜というのは非常に象徴的なものである。

この桜を見た誰もが、何かをプレイバックするに違いない。

私にとって、忘れられない光景になった。
 

| とよ爺 | 日記 | 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:01 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10721
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ