子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜50 | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜51 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
春が好きになりたい

私はこれまで春があまり好きではなかった。

もちろん桜や菜の花は本当に大好きなのだが、塾屋という仕事柄、春を楽しめる気持ちには

あまりならなかった。

生徒募集がうまくいくか、新しいシフトがうまく回るか、人員の入れ替わりはないだろか?

予定していたアルバイトの曜日が学校のカリキュラムの関係で変わらないだろうか?

多くの緊張や屶網に襲われる。

やっと落ち着くのは連休明け、すぐに梅雨のシーズンとなる。

 

歳を重ねて、季節模様をいろいろと感じられるようになると本当に魅力的な季節だなあと思

えるようになった。

しみじみと春を感じることができたのなら、どんなに幸せかわからない。

人生も終わりにどんどん近づいてきた。

毎日、毎日、そんな実感を感じる日々を過ごしている。

 

心の底から春を楽しみたいと思う。

心の底から、春を待ち遠しいと思いたいと思う。

心の底から、春を好きになりたいと思う。

そんなことを感じる今日この頃である。

 

今年は子供たちの巣立ちがあったので、快い春ではあった。

しかし、仕事においての緊張感はその分、増幅したように思う。

これもどんどん世代交代を行って、緊張感も段階的に減っていくのだろう。

 

そうなると年々きっと春が好きになれることだろう。

人生が終わりに近づいている分、もっともっと季節の始まりの春を感じたいと思っている。

 

人の一生というのは不思議なものである。

私にもかつて春が好きだった時代もある。

そのときも人生をいろいろ重ねながら、好きになっていったと思う。

そんなときに今の気持ちは近いのかもしれない。

人の一生は輪廻だという。

そんなことも感じる今日この頃である。

| とよ爺 | 日記 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:27 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10718
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ