子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜48 | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜49 >>
年度替わり

年明けから3月まで、あっという間に過ぎて、もう新年度4月となった。

わが社も大改革を行うため、人事一新の準備である。

昨年から、病気で悩まされている私は当然のことながら、皆を指揮できるわけもなく、後身に

道を開け、しっかりと機能できるようにアシストする側に回る。

 

今日は税理士、銀行支店長などなど、うちの会社を助けてくれている方々が切れ目なく、来訪

してくれた。

本当に有難いことである。

私と仲の良い支店長は、金融関係の常なのだが、支店を移動する。

私が会社を経営するうえで、常に多くのアドバイスをくれた方だ。

感謝、感謝である。

うちの税理士先生も、多くのアドバイスをくれた。感謝、感謝である。

 

仲間たちがこれからどういう会社にしていくか、やはり楽しみである。

私自身はそんなに能力はないので、思うような会社にすることはできなかった。

ここ2〜3年でつくづく自分の力の無さを感じている。

 

去年の8月以来、私はいくつかの病気を患い、ほとんどの業務を仲間たちに移行している。

彼らはやる気に満ちていて、思ったことをどんどん実行している。

しかし、私のような経営者の立場になったのなら、そう簡単にはできないだろう。

会社の仕事には経営者にはできないことがたくさんあるのである。

 

今年の4月ほど、自分自身の時代の節目にいると感じたことはない。

1年後の私と今の私は全く違う境遇にいるだろう。

自分の人生を輝かせるには、もはや自分自身の力しか頼るものはない。

家族も会社も多くの責任から、免除されるので、あらゆることをそのせいにはできない。

すべて自分である。

例えば、今の病状にしても、周りはわたしのことを「働きすぎ」だという。

自分自身、還暦を過ぎている身であるので、それもまんざらないわけでもない。

しかし、1年後の自分はそんな言い訳を言えない人間になっている。

ゆえにもっともっと自分自身を見つめなおさなければ、ならないと思っている。

| とよ爺 | 日記 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:59 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10715
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ