子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 身上相談 | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜48 >>
凍るような春

私の日常の一部は、昨年患った病気のリハビリテーションである。

病気のひとつは狭心症、去年8月に疾患が見つかり、それまで入っていた7本に加え、新たに

3本のステントという心臓血管を維持する金具を入れた。

もうひとつが大腸の憩室出血、原因は心臓のために飲まなければならない強い薬によるもの

である。

要するに薬を飲まなければ、心臓が持たず、薬を飲めば、少々の無理で憩室出血を患い、症

状がでてしまうと出血を止めるために心臓の薬を止めなければならず、その間、心臓疾患が

再発すると大変なことになるという症状である。

その心臓の薬は去年、心臓を処置した8月20日までは飲まなければならず、それまでは薄氷

の上を歩く思いである。

持病の闘病もあるので、食事制限や適度の運動も必要で、やりすぎてしまうと大腸の疾患が

恐いという感じである。

 

リハビリのひとつとして、ウォーキングを義務付けているのだが、昨日のような寒い日だと

それなりに気を遣う。

この土日は花見をしながら、楽しいウォーキングになると思っていたのだが、凍るような寒

さでなんとも緊張しながらのウォーキングになった。

 

しかし、歩き始めるとそういうことはすっかり忘れてしまう。

いろいろなことを考えながらのウォーキングである。

病は気からというが、病気のことばかり考えてのウォーキングではかえって体を悪くしてし

まう。と言え、楽しいことなどあまりない。

そういうこともあって、桜の花は不可欠なものである。

桜を見ていると、なんとも華やかな気持ちになり、前向きにいろいろなことが考えられる。

やはり他の花とは全く違う。

 

今日はこれから、花見がてらのウォーキングに出る。

昨日の寒さに震えていた桜がどうなっているのか楽しみである。

凍える春の陽気に耐えていたつぼみたちがどうなっているかが楽しみである。

少しでも開花していることを祈るだけである。

| とよ爺 | 日記 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10714
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ