子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜47 | main | 凍るような春 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
今日から、4月

速いもので今日からもう4月である。

本当に歳を取ると時間の流れが速い。

季節感のない人生を送っているとおそらくその流れはもっともっと速いものだと思う。

季節に感動する心が自分の人生を長くするのかもしれない。

 

私は塾屋という職業柄、3月、4月はあまり好きではない。

生徒募集、新年度スタート等々、精神的に苦しい時間が非常に多いからである。

これまであまり春の訪れを喜ぶような余裕を感じたこともない。

世の中の人々を見ると、そういう私は一種の欠陥人間のように思ったりもする。

還暦を過ぎてしまったわが身を思えば、絶対にこれからは季節を感じるようになりたい。

これから来るであろう、これこそが第二の人生の最初の課題である。

 

今年は新社会人になる息子と数日過ごしたことで、少しの季節感を感じることができた。

実は今月の最初にも、福井の出張がある。

その折、時間があれば、有名な福井の桜を楽しみたいものである。

 

福井市の足羽川の桜並木は全国的に有名である。

実はこの仕事ゆえ、桜の時期に福井に出張しても、ゆっくりと桜を見たことがない。

近くを通る車から、その桜はみたことがあるのだが、それこそ、仕事、仕事で桜を愛でる

時間など皆無である。

おそらく塾にかかわっていられるのも、もう僅かだろう。

今回はぜひとも有名な桜を見てきたいものである。

 

息子は勘違いをしていて、4月に一度、戻ってこられると思っていたようだが、研修先の

ホテルから、研修終了時、直接、赴任しなければならないようである。

赴任する前の晩あたりに気合を入れようと思ったのだが、それは無理なようである。

頑張ってほしいものである。

 

仕事を引退すれば、今度は息子の赴任地の仙台の桜を見に行ってもよい。

東北の桜もきっときれいに違いない。

とにかくこれまでの人生で感じたことがない春を楽しみたいものである。

こんなことを言いながら、例年とそんなに変わらぬ春を過ごしている私である。

| とよ爺 | 日記 | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:06 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10713
CALENDAR
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ