子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜12 | main | 塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜14 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜13

前の記事で経験の浅い塾屋さんの技術習得について、最初にすべきことを書いた。

何度も言うのだが、これは私見であって、いわゆる常道ではない。

私と異なるやり方で成功している者は星の数ほどいる。むしろ私の意見の反対を行く方

が成功への近道かもしれない。

ゆえにこの記事は方向性がわからない、道を失いそうな方々に対してのひとつの意見だ

と考えていただきたい。

成功への近道など存在しないのである。

 

記事の続きに戻る。

前稿では、(真似る)→(矛盾、不合理を見つけ出す)→(経験者に感じたことをぶつ

ける)→(その返答を検証する)→(新たな試行錯誤をする)、こんな道筋を書いた。

この後にやってほしいのは、自分なりのベストの方法を真似たことを基準に作り出して

ほしい。

よく新たなオリジナルティーのある方法を見つけたいなどという者がいるが、そういう

ことができたのは、30〜50年前の塾屋であり、今はたいていのことはやりつくされて

いる。

人というのは少しでも利益があると感じたことはやってみるもので、逆に新規産業はこ

ういう姿勢がなければ、生き残っていけない。今生き残っている経営者は例外なく、こ

ういうタイプと言っても、過言ではない。それほど生き残っていくことは難しいのであ

る。

 

才能がある人は、真似たノウハウをベースに自分のベストを作ることによって、才能と

いうものは大きく開花するものである。人によってはそれを「今までになかった非常に

ユニークで素晴らしい方法」と解釈する人もいる。

塾のノウハウはある程度は掘り出されつくしていて、とても小さな発見でも、大きな発

見とみられることもあるのである。

教育というフィールドには、掘りつくされた感は存在しないのであるが、塾というフィ

ールドにはある。そこがまだまだ塾業界は熟成していないという表れなのである。

 

では真似たノウハウに何を混ぜていけばよいのだろうか?

それは前に直木賞作家のS氏のことを書いたのだが、自分のフィールドにある人にない

独自性である。

そういうことができるから、中小の塾は面白く、魅力ある仕事なのである。

もちろんそこに結果を出すということは最低限の仕事のルールなのだが、うちのかつて

の従業員たちを見ても、そういうことのこだわり負けを認めない者もいる。

経営者はそういう姿勢を持つ者はいち早く切り捨てなければならない。

私はそういう決断が遅く、それがために会社が飛躍するチャンスを失った経験がある。

仲間意識が邪魔をしたわけなのだが、明らかに経済の法則を無視している。

世の経営者の方々には私と同じ轍を踏まないでほしい。

                                  (つづく)

| とよ爺 | 学習塾 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 10:22 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10645
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ