子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< これで結構 | main | 撫育草 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
かの宮沢賢治氏を世に出したことで有名な仏文学者の中島健蔵氏がこんなことを言っている。
「友情は、決して二人だけの間のものではない。そこが恋愛と違うところである」
私は最近まさにこの言葉を実感している。

旧友の紹介で知り合った人、このブログで知り合った人、仕事、趣味、私生活と
様々な人たちと関わり合いを持つことになった。
還暦になって、よもや友人が増えていくとは思わなかったのだが、
まったくむしろこの歳になって、加速するように友人が増えている。
もちろんある程度、自由がきき、活動範囲が広がったと言うこともあるのだが、
驚くべき増え方である。
本当に幸せなことである。

もちろんほとんどが男なのだが、男というのは相手の実力を見るものである。
もちろん実力がないとダメなのかというわけではないが、実力を付けようといくつになっても
頑張っている人は友人を引きつけるものなのだと私は思う。
私の数倍頑張っている人は人は世の中には星の数ほどいると思うのだが、
頑張っていない人もいるのではないかと思う。
趣味にしても、仕事にしても、子育てにしても、頑張っているからこそ、
人は集い、そこに友情が生まれるのではないかと思う。

たった二人の友人同士から、お互いの人間関係の中でそれが輪のように広がっていくと
言うことは、やはり非常に楽しいもので、時には人生についての考え方や
価値観までもが劇的に変わることもある。
何もそういうことをしないで、頑なに考え方や価値観を変えない人生も何だか
私には味気なく思えてくる。
新しい世界を知れば、知ることの喜びというのはいくつになってもあるものである。
私は今そういうことを実感している毎日である。

この週末は海外から来日した友人とお会いすることになっている。
海外で大きな会社を経営している方なのだが、やはりいろいろなことを
勉強することができる。
何とも楽しみなことである。
| とよ爺 | 日記 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10473
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ