子どもたちのことを真剣に考えましょう。

<< 友 | main | 知恵 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
撫育草
江戸時代、庶民に多くの支持を得た「撫育草」という子育て本がある。
日本の誇るべきことなのだが、こういう子育て本が日本には数多くある。
私たち現代人にも学ぶべきものがたくさんある。

作者は脇坂義堂という御仁。
実は私もある本(小泉吉永著『「江戸の子育て」読本』)で知ったのだが、
非常に興味深いことが書いてある。
義堂によれば、子供の善行をよく誉めれば、幼心にも嬉しく、「また誉められたい」
と思って自然と善事を好むようになるが、逆に、悪事に対して折檻ばかりしていると、
子供は決して親に心服せず、ただ折檻を恐れて悪事を隠すようになり、この隠す習慣が
大悪につながると言っている。
この本が面白いのが、このほかに次のような場合は遠慮なく怒れと書いてあるところである。

その項目は何と十三項目、私にはなるほどと思えることがたくさんある。
1. 嘘偽りを言い、父母にものを隠す。
2. 父母に呼ばれた際に、返事をしないで、または口答えをする。
3. 祖父、祖母をはじめ年長者を軽視侮る。
4. わがままを言い、短気や癇癪を起こす。
5. 分不相応の良い物を好み、欲しがる。
6. 召し使う者に情をかけず、無理多わがままを言う。
7. 虫けらをむやみに殺し、喧嘩・口論を好む。
8. 何事も自分の考えを押し通そうとする。
9. 人を侮り、自分を賢いと勘違いして、あれこれ自慢する。
10.男女の行儀を知らず、大口を言う。
11.家職を教えても、性根を入れて勤めない。
12.手習い、読み物、算術の稽古を怠る。
13.火遊びをして、火の元を粗末にする。

以上、十三項目なのだが、現代っ子たちはこういうことを守っているだろうか?
もちろん時代は変わっているので、現代には合わないということもあるだろう。
しかし、読んでみるとわかると思うが、これは結構現代にも当てはまる。
今は大きくなってしまったが、わが子に関しても守られていないこともある。
2にある呼んでも返事をしないことなどかなりあったような気がする。
こういう時に私が強く怒ったといえば、結構適当だった。
自分の虫の居所が悪いと、「しっかり返事くらいしろ!」と怒ったものだが、
そうでないときは面倒くさがって、放置したような気もする。

「この親にして、この子あり」
子育てに関しての悔いはいくつになっても残るものである。
と言って、もう一度やれと言われれば、「もう結構」と答えるだろう。
私は本当にものぐさな人間なのである。
| とよ爺 | 教育思想 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:01 | - | - |









http://toyojie.jugem.jp/trackback/10472
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ