子どもたちのことを真剣に考えましょう。

塾人サミット
GW中にこのブログでお知り合いになった塾人たちと私の地元でお会いできることになった。
考えてみると本当に不思議な縁で、不思議で仕方がない。
きっかけがこのブログ、恥ずかしながら私は何度も続けることを断念したことがある。
私の部下のシシゾウと話して始めたことなので、自分から辞めてしまうと部下に対してのしめしが付かない。
意地でも自分から辞めるわけにも行かず、とにかく最初はシシゾウとの勝負になった。 
そして、つまらない繰り言を書き続けていると、今度はKEKOさんという読者が現れた。
私の記事にコメントを入れてくれて、一時はチャットのような感じになった。

その頃はシシゾウも挫折していて、更新が途切れることが多くなった。
しかし、例え一人でも読者がいると書こうという気持ちになった。
それからどんどん読者の方が増えていった。
同業者の読者も増え、自分にも記事を書くことの喜びが芽生えた。
よく「本当ですか?」と訊かれるのだが、私は文章を書くのが苦手で、書く文章も間違いだらけだった。
チラシなどを書くと、兄であるひまわり爺さんから、真っ赤に添削され、
挙げ句の果てに書き直しを銘じられることも頻繁にあった。
「お前は本当に文章を書くのが下手だなあ」と衆知の前で指摘されたこともあった。
それが読者が増えるとともに楽しくなってきたのに自分自身でも驚いた。
要するにこのブログは私の中で、そういう奇跡が重なって続けていることになる。

今回お会いする塾人の方々もブログを書かれている。
おそらく私と同じように何度も挫折しながら続けていると私は思っている。
要するにそれぞれ何かの奇跡が重なって、今もブログを書かれていると思うのだ。
ゆえにそういう者たちが集まるというのがもう奇跡に近い。

お二人は岐阜県から見えられ、もうお一方は岩手県から見えられる。
もちろんこちらの塾の仲間や会社の仲間、加えて私の教え子である塾屋も読んでいる。
そして京都から、プライベートで今村先生も合流される。
この今村先生との出会いもそう言えば、このブログ。
今村先生の著書を読んで、共感して記事を書いたのが始まりである。

そして親父が集まって何をするのか?
それは間違いなく教育の話。
親父たちが集まると結構、話が熱くなる。
教育よりも、むしろ子どもたちの話の方に熱が入るかも知れない。
そしてこの親父たちが在りし日の青年にどんどん戻っていく。

人生って、本当に不思議なものだと思う。
人生って、本当に素晴らしいものだと思う。
この歳になって、年に何度か青年に戻れる自分は本当に幸せ者だと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 居酒屋「とよ爺」 | 00:13 | comments(10) | trackbacks(0) |
すぐに酒を飲みたくなるとき
先日、テレビで私の大好きな「プロフェッショナル〜仕事の流儀」と言う番組を見ていたら、
築地市場のまぐろの仲買人の方を特集していた。 
いつもの事ながら、プロの世界はシビヤだなあとつくづく思い知らされる。

番組の中でこの藤田さんという方に好ましからざる状況が押し寄せる。
マグロの不漁や「身焼け」と言われる買い付け時にはわからないまぐろの身にいたみに
在庫もままならないばかりか、赤字がどんどんかさんでいく。
しかし、藤田さんは「おいしいマグロしか商いしない」という信念を貫き通し、
市場に出回っているそれなりのマグロには目もくれない。

そして、何日もそれが続いた後にめがねにかかったマグロに出会う。
しかし、そのマグロも「尾上がり」という「身焼け」を示す形状をしていたので誰も手を付けない。
しかし藤田氏は自分の感覚を信じてそのマグロを競り落とす。
その際にも、漁師さんが疲弊すると言う理由から、たった一人の競りでもそれ相応の値段を付ける。

そしてそのマグロを競り落とし、解体して、幸いにも「身焼け」の状況もなく、
やっとの事で藤田さんのめがねにかなったマグロをお得意様のすし職人の方々が買っていく。
その際、インタビュアーが「今日は祝杯をこれから挙げるのですか?」と聞くと、
藤田さんが「今すぐでも、祝杯を挙げたい気分です」とそのインタビュアーに答えた。

私も塾をやっていて、何度かそういう気持ちになったことがある。
子どもたちを一生懸命教えて、みなが思うように伸びて、テストで良い点を取ってきてくれたときや、
全員合格を目指し、生徒はもちろん、自分自身の身を律して、受験に望み、「全員合格」をもぎ取ったとき、
生徒やご父母に「塾のお陰です」と感謝されたとき、
あまり酒は飲めないのだが、その場でいっぱいやりたくなる。

私がこの番組が好きなのは、どの職業においても感動があると思えるからだ。
もちろん私たちが生きている塾の世界にも毎日のように感動がある。
だから私は若い塾屋たちには毎日のように感動できる感激屋になって欲しいと思っている。
感動は人を育て、仕事のスキルを上昇させ、自分自身を違うステージに引き上げてくれる。
その感動の相手が生身の子どもたちだという事はなんと素晴らしいものなのだろう。

「いますぐ、その場で、酒が飲みてー!」
そんなことを沢山感じる塾講師になって欲しいものである。
イチロー選手の通算安打数      3178本
「とよ爺のつぶやき」の記事数    3104稿
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 居酒屋「とよ爺」 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
子供たちとの約束
今はなかなかワンクール、子供たちを教える機会や教室長業務で子供たちと
話す機会がなくなってしまったが、そんな私にとっても華々しい塾講師時代がある。
教えることはたぶんあまり上手ではなかったのだが、
子供たちとの会話量は今の先生たちには一歩も引けを取らなかったと自負している。
多くの名物先生たちがこのブログを読んでいただいているので恥ずかしいのだが、
私の全生活の大半が子供に関わることで過ぎていった。

そしてそんな子供たちとも別れなければならない日が必ずやってくるものだ。
そういう日が近づくと、お互いにだんだん無口になっていく。
私は自分の講師美学として、別れるときは潔くと考えている。
「仰げばと尊し」の「今こそわかれ目、いざさらば」と言うのが好きなのである。

最後の授業。
私がガンガン教えていた頃の話なのだが、授業の最後のほうになると生徒は涙を流し始める。
そして私はいつもお決まりの話をする。
「私には小さな夢があります。この職業を引退したら、小さな飲み屋をやりたいんです。そして儲けなどはど返
 しして、教え子たちの集まる場所にしたいんです。酒場の中ではみんなで遊べる砂場なんかも作りたい。
 『いつも勉強しろ、勉強しろ』と君たちに言い続けてきた私のお詫びの印です。だから君たちはこれからの人
 生でもっともっといろいろな汗をかいてそこに戻ってきてほしい。汗をかいた後のこの上なくうまい美酒で乾杯
 しよう! そして生きる喜びを実感しよう! だからお前らはこれからも無心で頑張れ!」
決まり切った話なのだが、一部の生徒の涙が嗚咽になり、それが全員に広がっていくこともあった。
しかし、私は生徒たちの門出のそのときには絶対に涙を流さないと決めている。
涙は家に帰ってから、一人で酒を飲むときと決めているのだ。

しかし、私はその約束を未だ果たせていない。
40代最初におそった病魔のために実現することは難しいかも知れない。
しかし、私の夢である限り、諦めはしないが、実現できないかも知れない。
私のブログ居酒屋の発想はそういうところから来ているのかも知れない。
それが教え子だけではなく、いろいろな人に広がれば良いとも思っている。

教え子でも、誰でも頑張っている人は本当に美しいものだ。
美しい絵画や素晴らしい景色を見るように、いつまでもそういう人たちを見ていたい。
そして何よりも私自身もそういう人でありたい。
その頑張りをいろいろな逆境に遭いながらも続けていけるような何かを作っていきたい。
そんなことも思ったりする。
頑張っている人はその分、逆境もそれだけ多い。
無駄に歳を取り続けている私でも、明らかに理解できる真実である。
頑張っている人は応援しなければならないし、応援されるべきだと思う。
ゆえにお互いに応援できるような場を創造できればよいと私は思っている。
イチロー選手の通算安打数      3123本
「とよ爺のつぶやき」の記事数    2948稿
 ※昨日のイチロー選手は本当にすごかった。本当に気持ちよかった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 居酒屋「とよ爺」 | 00:22 | comments(2) | trackbacks(0) |
私のブログ観
私は2年余り、1日も休まずにこのブログを書き続けている。
当初は日記のようなものだと思い、人のブログを読むことは不思議なことだと思っていた。
私の会社の中でも、自分の日記のようなブログを公開して、
人に読ませるなどというのは悪趣味だなどと言われたこともあった。
また月に何度かは、自分のストレス解消(もっと下卑た言葉が多いのだが)に人を付き合わせているようで、
読んでいて不愉快だと言われることも多い。
私としても強制的に読んでいただいているわけではないのだから、良いではないかとも思うのだが、
そう思っている人はこの国にはたくさんいるようである。

しかし私は自分のブログもそうなのだが、他人様のブログをストレス解消などと思って読んだこともない。
私は割と書籍を読む方だと思うのだが、はるかに本よりもブログの方が勉強になることが多い。
そして何よりも、ブログを読むことによって、励まされることや癒されることが多い。
書き手の方はおそらく意識していないと思うのだが、
読んでいる私は勝手にコミュニケーションを取らせていただいている。
ブログの世界を知らない人にすれば、そういうことを病的に感じるかも知れないが、
書いている人にはこの私の感覚がきっとよくわかるのではないかと思う。

私は先日、『ブログ居酒屋「とよ爺」』という記事を書いた。
そしていろいろな方から、このブログ上にも、メール上にも、プライベートでもコメントをいただいた。
私自身もあまりの反響の大きさにいささか驚いたほどだ。
みんな人と本音で話せる場に飢えているのかも知れないと私は思ったりした。

私も若い頃、よく先輩に居酒屋に誘われて、飲みに行ったものだ。
半分お説教をされることが多かったので、誘われると憂鬱に感じることも少なくなかった。
そしてそういう光景が居酒屋のそこいら中を占めていたものだ。
カラオケもイッキもない本当の酒の上での論戦である。
最初は年齢差から一方的な展開になるが、われわれの業界は一般のサラリーマンとは違うので、
酔っぱらってくると上下関係がなくなり、教育論に花が咲く。
そしてそんなときこそ、自分が塾屋であることの実感や喜びを感じたものである。
歳を取れば取るほど、そういう場が必要なものだと私には思えてしまう。
なぜかと言えば、若い頃に嫌々ながら聞かされていたことが現実味を帯び、大きな糧になっているからだ。
そして不況が押し寄せて、皆の気持ちが荒廃してくるとそういう場がどうしても必要になると思う。
そういう場は傷ついた者や疲れ切った者に力を与える場となるからだ。

「いいか、とよ爺! 塾で子供たちを教えることはお前が生きていくことと同次元の事なんだ」、
そんなことを私に言い続けていたこの業界の先輩たちはもうこの世にはいない。
そういうことを当時若かった駆け出しの塾屋に煙たがられながら、何度も熱弁する先輩はすごいと思う。
私はそういう先輩の足元にも及んでいない。

ゆえにいつかは必ずこの居酒屋をやりたいと思う。
皆は自分のブログがあれば、そこで書けばいいし、そしてお互いにブログにリンクしあえばよい。
興味がなければ参加しなくてもちろん良い。
居酒屋なんぞ、毎日、顔を出していたら、家庭不和の原因にもなる。
ブログがない人はいろいろな人のブログにコメントを入れればよい。

そしてみんなで語り合えばよい。
いまの世の中、そういう場が少なすぎる。
これではいまの子供たちをしっかりと育てていくことは出来ないと思う。
私のブログ観はどんどん変わり続けていく。
イチロー選手の通算安打数      3117本
「とよ爺のつぶやき」の記事数    2928稿
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 居酒屋「とよ爺」 | 00:18 | comments(2) | trackbacks(0) |
ブログ居酒屋「とよ爺」
私は昨日、事の流れで仕方がなく、自分の写真をこのブログにアップした。
前回は今村先生にお会いできて、うれしさのあまり写真をアップしたら、えらく評判が悪かった。
今回は岐阜からわざわざ美川先生がお出でになり、「記念に!」と仰ったのでこれもまた仕方がない。
しかし今回もまた、「爺じゃない」などとお世辞半分に言う人が多く、評判が悪い。
考えた結果、このブログの名前が悪いのではないかと思い始めている。

ブログ名を変えようかなと思ったとき、ヒカリせんせいのように「せるふ・すたでぃ・ねっと☆SSN」と言う名から、
なんと「花の匂い」などとドラスティックに代える勇気はない。
そして思いついたのがブログ居酒屋「とよ爺」である。
いちおう「とよ爺」というハンドルネームを使っているので、残しておくことにして、
「つぶやき」というのは、「爺のつぶやきじゃ、遺言のこと?」などと言う中傷から逃れられる。
そして何よりも先日、「学力は遺伝しない!」という記事を書いたら、ヒカリ先生と島先生にコラボ記事を書いて
いただき、何か居酒屋で教育論を戦わしているようで本当に楽しかった。

このブログもどうにか2年間コツコツ書いているので、全国にたくさんの知り合いができた。
まず教えるミュージシャンの「本田先生」「かねごん先生」、受験生のカリスマ「みかみ先生」、頑固一徹の
地域を愛する塾屋の鏡「上野先生」「鳥羽先生」、実験の達人「美川先生」、正当派教師「野武士先生」
「すずめ先生」、ITのカリスマ大学講師「suwanaganoさん」、謹厳実直な塾屋「サイホク先生」
「二重丸先生」「おかじま先生」、父母代表は私たちプロより教育に詳しい「pocohahaさん」、そして子作りの
達人同級生の「Genki君」(洒落だよ、洒落)、そして母であり、ぶれない考えをお持ちの社会派の
「つばめひこうきさん」、そして、いろいろなブログに詳しい「りんご先生」「ねこにゃ〜☆さん」、そして塾会のエ
リート論客の「ヒカリ先生」「島先生」、そして最後を飾るビッグネームのご意見番として、「樋口先生」
「ウロコ先生」
「今村先生」がいる。(いや〜、リンクを貼るのが大変だった)
加えて最近、いろいろな方に見られているらしく、飛び込みの方もいるかも知れないし、
身近な会社の仲間や同業者だっている。

いやあ、考えただけでもこれは面白い。
このメンバーだったら、みなぶれない考え方を持っているし、居酒屋にいるがごとく
論戦になることは間違いない。
私は高みの見物をして、皆さんの意見を聞きながら勉強する。(もしかしたら、一番うるさいかも知れないが…)
とにかくいくつも毎日、記事を考えなくて良いから嬉しい。

私はある人から、「お前の記事はマスターベーションのようだ。読んでいて不快だ」などと言われたことも
あるのだが、こうい居酒屋だったならば、そんなこともないだろう。
みんなのいろいろな考えがぶつかる場になったのなら、どんなに良いことだろう。

とにかく私の掲げている目標を達成するまでは頑張るつもりだが、
もし幸運にも達成できたのなら、このブログは「居酒屋」になるかもわかりません。
そのときはみなさんよろしくお願いします。
イチロー選手の通算安打数      3108本
「とよ爺のつぶやき」の記事数    2904稿
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

兄弟ブログ開設しました。宜しくお願いします。 「親父@子育て情報.com」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | 居酒屋「とよ爺」 | 00:31 | comments(32) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ