子どもたちのことを真剣に考えましょう。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
しばし休稿

今日で7月が終わる。

昨日の記事あるよう、8月は私にとって非常に重要な月である。

場合はよるが、PCに向かえない日も多々あると思うので、このブログはしばし休もう

と思う。

順調にいけば、9月中ぐらいには戻れそうだが、それも私次第である。

 

とにかく1月から半年の間、休まず投稿ができた。

以前のように一日4稿などと言うのは夢のまた夢なのだが、とりあえず休まず投稿がで

きたので、私の中では満足している。

もっとも記事内容が良いかと言えば、ダメなのだが、しばらく休んでいたので、とにか

く続けるということが今回は重要だった。

 

9月に復帰できたならば、毎日の投稿と言うよりは、自分の投稿したいときに投稿した

い記事をアップしていこうかと思う。

 

とにかく明日からは、万全になるためにすべてを注ごうと思っている。

皆さんもこの暑い夏に負けないよう、お体をご自愛しながら過ごしていただきたいと思

う。

| とよ爺 | 私のこと | 10:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
勝負の8月

私にとって、勝負の8月がやってくる。

勝負と言っても、自分の体のことなのだが、8月末に予定されている検査に向けて、1日に

まずは精密検査が行われる。

これを無事にパスすれば、早ければ8月末、遅くとも9月半ばまでには正式な検査を行い、

経過が順調ならば、無罪放免となる。

そんな理由での勝負と言うのだから、なんとも情けないのだが、私にとっては非常に大きな

問題で今後の人生を占うぐらいのことである。

今のところ経過は極めて順調で、しっかりとお医者さんの言われる通りの生活をしているの

で、私自身は結構自身のあるところ。

しかし、何度も裏切られているので、最後まで気を緩めずに行きたいものである。

 

病気がひと段落付けば、あとは予定が目白押しである。

結構、忙しい日々を送ることになるのだが、今回、リハビリ期間を経験して、やはり自分に

は、いわゆる楽隠居のような生活は向いていないと実感した。

世の中に必要とされないのなら、そういう道もあるのだが、ありがたいことにいろいろなと

ころから、声をかけていただいている。

しかし、フルタイムのきつい仕事はもう年齢的に難しいので、その辺のことを考えながら、

行動を起こそうと思う。

 

ひとつだけ決まっているのが現在、7歳年上の次兄がやっている仕事を手伝おうと思ってい

る。

この仕事は私の父親が基盤を作った仕事で、次兄の意向もある。

当初は塾をやりながらの手伝いを考えていたのだが、やはりそんな甘いものではない。

そういう意味で今回、私に降りかかってきた災難は天罰ではないかと思っている。

どういう仕事にしろ、やはり中途半端な気持ちではできない。

塾には私のあとを継ぐべき優秀な人材がいるのだが、次兄の仕事にはいない。

そういう意味で運命づけられていたのかもしれない。

 

と言うこともあるので、明日の記事を一旦の区切りにしようかと考えている。

半年間、一日も休まずブログ更新を重ねてきたが、この1〜2か月がある意味、私の人生の

節目となるので、身体のことに専念したい。

予定では、9月中の再復帰に向けて頑張るつもりなのだが、それは治療、手術の日程により

異なってしまうと思う。

ということで、明日で一旦筆をおくので、読んでいただいてくれた方々にこの場を借りて、

ただただ感謝ばかりである。

この夏は生涯忘れられない夏になりそうである。

| とよ爺 | 私のこと | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏バテ

年齢のせいか、今年の夏は結構きつく感じる。

もっとも例年にない結構ハードなウォーキングを義務付けているせいもあるかもしれない。

一日20000歩はこの炎天下にはきつい。

 

体力もそうなのだが、ここ数日は腰痛、筋肉痛のため、ウォーキングを休んでいる。

と言っても一昨日から少しずつ再開し、12000歩ほど歩いた。

しかし、昨日はいろいろな約束もあり、多くの時間をウォーキングに割けなかった。

個人の案件ではなく、去年夏に亡くなった義母の案件をこなさなければならなかった。

 

女房もこの暑さで少々不機嫌である。

私が家事を何もしないとご立腹である。

腰痛や病気の加減で、この夏まではマイペースでやろうと決めている。

やはり医者から免罪符をいただかないと気持ちに不安がある。

仕事準備も含めて、今は身体に徹したいと思っている。

 

さて昨晩女房から、相談を受けた。

義母の法事のことで長男と連絡を取りたがっているのだが、LINEしても既読にならない、連絡を

入れても、携帯に出ないで、何かあったのかと心配をしている。

長男は大手ゼネコンに入社し、今は震災の復興に携わっている。

入社して間もなくは新入社員ということで、結構、気を使っていただいていたようだが、今はあ

る意味、一番きついときだと思う。

現在、新国立競技場の過労問題が大きく取り上げられている。

うちの息子の会社も基礎工事を担当する会社なので、少々心配だというのが女房の言い分である。

問題になっている会社が公表されないので、息子に「お前の会社ではないのか?」とLIMEをした

のだが、既読にはなったが返答がないので私の多少は心配である。

しかし、いい加減な奴だから、思い立ったら返信してくると思っている。

 

今年の暑さは関東も東北も北海道もない。

うちの息子は仙台に赴任しているのだが、現場は大変に違いない。

とにかく頑張って乗り切ってほしいものである。

 

とにかく人の心配は無用であるが、私の病気もこの夏が山場である。

夏の終わりに再検査を行い、回復していれば、強い薬から放免されて、昔通りにバリバリとやれ

そうである。

とにかくその検査は8月1日を皮切りに9月の前半まで続く予定である。

とにかくこの夏バテを克服し、ノルマをしっかりこなそうと思っている。

| とよ爺 | 私のこと | 10:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
湯治

私は今、去年患った疾患の治療中である。

お医者さんの言いつけをしっかり守り、養生すればまた元気にやれるので、今はしっかりやるべき

ことをやっている。

可能ならば秋以降に一つの治療をしたいのだが、それにはもっと健康な体にしなければならない。

そこを治療してしまえば、百人力である。

 

その処置をするには、現在飲んでいる薬を一時的に止める必要があり、それを可能にする十分な数

値を維持する必要があり、私は現在それに取り組んでいる。

 

その数値とはHbA1cという数値で簡単に言えば、1〜2か月の血糖値の平均がわかる数値である。

この数値を1弱落とさなければならない。

要するに血糖値の平均を下げるのである。

 

血糖値を落とす方法は大きく分けて食事療法と運動療法があり、私の場合、その双方をやっている。

しかし、長年体に染みついたものはなかなか抜けるものではなく、一気に最初は下降したのだが、

ここのところ下げ止まっている。

 

それを受けてお医者さんに勧められたのが湯治である。

と言っても医学的にどうのこうのというわけではなく、気分転換を兼ねて、行ったらどうですかく

らいの話である。

単なる旅行ではなく、湯治を兼ねて、食事療法、運動療法をしっかりと叩き込んでくれる施設があ

るというのである。

湯治というとなんだかお年寄りばかりがいるような感じがするが、最近は若い人も多いらしい。

うちの女房に言わせると、「君は立派な爺じゃん」と言われてしまいそうだが、それも良いなと思

ったりもしている。

とにかく健康を維持するためにいろいろな代償が必要となる年齢になってしまった。

ひとつの経験として、やってみようかと思っている。

| とよ爺 | 私のこと | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
太陽光発電

私の家は築20年以上のボロ家だが、生意気にオール電化の太陽光発電である。

そもそも私はそういうことには疎いのだが、女房の提案で東北の大震災が起こった一か月

ほど前から始めている。

どこで買うかは私に任され、ネットを調べて取り付けた記憶があるのだが、当時、ハウス

メーカーなどの見積もりの半分くらいでできた記憶がある。

加えて補助金もあり、今と違ってキロ当たり48円で買い取る契約ができたので、十分もと

をとっているという感じがする。

なぜ今回、それを記事にしたのかと言えば、先月の売電価格が今までの最高となった。

5.25kの発電パネルをつけているのだが、売電額が30000円を超えた。

通常なら22000〜25000円、冬場だと12000〜15000円くらい、年間20万円ほどの売電

になるのだが、この金額はすごい。

おそらくパネル設置は補助金があったので120万円くらいでできているので、すでにもと

が取れているのではないかと思う。むしろ昼間の電気代が落ちているので、ずいぶん得を

しているのではないかと思う。

 

しかし契約は10年、それが過ぎると売電がなくなるので、契約期間は残り少なくなってき

た。

しかし、オール電化の生活に慣れてしまうと何も不自由はない。

子供たちがいなくなったので、電気もさほど使わなくなった。

それでも女房は節約家なので、節電生活は続いているが、それも生活になじんで普通のこ

とになってきた。

慣れというのは恐ろしいものである。

 

仕事をセミリタイアし、日々の生活に戻ってみると今まで感じなかったことを結構感じる

ようになる。

日々の生活の中にいろいろな発見があり、これもまた面白い。

自分自身の仕事も、結構客観的に見えるようになってきた。

経営者になった時、かなり客観的に仕事を見れるようになったのだが、それにも増して、

客観的に見ることができるようになったような感じがする。

そのとき、一大事なことも客観的に見れば、なんてこともないように見える。

いま業務引き継ぎで、頑張っている仲間たちは必死で大変なのだろうが、私に言わせれば

まったく日常の一端で大したことはない。

しかし、その大変さがわからないかと言えばノーで、私自身もそういうパラドックスに陥

ってしまったときがある。

 

今回の太陽光の気付きのように、仕事においても視野が広がり、いろいろな気付きができ

てくるともっともっと冷静な判断ができ、いろいろな知恵が出てくるようになる。

それまでの消耗は結構つらいものであるのだが、ぜひとも頑張ってほしいものである。

| とよ爺 | 私のこと | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
回復途上

昨日、大船にある私のかかってる病院に行って来た。

朝一で結構大変なのだが、今回は良い結果が出ることが予測できたので足取りも軽い。

自分の中で今年は徹底的に体を治すということを決心した。

一時は心にポカンと穴が開き、ボケっとしてしまった日々もあったのだが、今は気力も

だいぶ戻ってきた。

私を必要としている環境が数多くあるので、幸せの一語に尽きる。

 

今回の診察で、私の病気の元凶のひとつである強い飲み薬が減った。

最終的には、カテーテル手術をした去年の8月20日から1年後まで薬は飲まなければなら

ないのだが、段階的に薬は減っていく。

今回の診察でお陰様でその薬は一種類減った。良くなっている証拠である。

やっと先が見えてきたという感じである。

 

ただただ養生しているのではなく、毎日のウォーキングも頑張っている。

会社の関係で思うとおりにできない日もあるのだができる限り続けている。

食事も気を付けている。

食生活は非常に重要で、今までになかったほど神経を使っている。

それもゴールが見えているから、マラソンで言えば30kmを過ぎ、ゴールを意識し始めた

頃である。

最後でつまずくわけにはいかず、それまでよりは慎重になる。

とにかく自己管理をしなければならない。

こればかりは他人のせいにできない。

頑張って私を持ってくれている人のもとへ、行かなければならない。

 

暑い夏が来ると、去年を思い出す。

ここ数日は夏の暑さだったので、発病した去年の富山の暑さを思い出した。

それからは結構、大変な日々だった。

義母の急逝により、富山の病院から無理やり退院し、葬式を出した。

その疲れがたまって、今度は大腸の病気で長期入院。

退院して年末なり、あいさつ回りをしていたら、体調を崩し、1月に再度入院。

こんこんと病院内で担当医にお説教を聞かされて、初めて事の重大さを理解した。

それからはまじめな日々を送っている。

回復途上にいると心も晴れる。

動ける日々ももうそこまで来ている。

| とよ爺 | 私のこと | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
回復の途上

心臓と大腸の疾患をこの5か月でまとめて経験した私も、いまは毎日、リハビリの日々である。

最初は恐くて過度な運動などはできなかったのだが、徐々に体を慣らしていき、今はそれなり

にリハビリができている。

一日3回のウォーキングを義務付けているのだが、歩数も最近では20000歩近くになった。

それでいて、疲れをあまり感じず、むしろ気分は爽快である。

もっとも私の消耗はむしろ精神的なものが大きいのではないかと思うこともある。会社から、

今は少し距離を置けているが、それが良いのではないかと感じることもある。

 

先日の記事でも書いたのだが、日常生活は女房と二人、お陰様であまり気を使わないで済む。

相手は、「結構、ストレス」などという時もあるが、そんな深刻な状況ではないというのは、

一緒に生活していればわかる。彼女もマイペースである。

 

以前と比べ、いろいろなことを考える時間もある。

私の性格上、隠居などということは微塵も考えないのだが、今の自分を一番生かせる道は何な

のだろうと考えることが多い。

これからの人生を第二の人生というのなら、今度こそは自分自身のために生きていきたいと思

う。家族のため、従業員のためではなく、自分自身のために生きていきたいと思う。

そんなことを考えるのには、今のリハビリ生活はかなり面白い。

 

私には長年の付き合いの親友がいる。

私は無能な人間なのだが、私の友人たちは、私の見る限り、非常に有能な連中である。特に大

学を卒業して、大手企業に入った者たちは、ふつう55歳で退職なのだが、しっかりとその企業

に残り、それなりの責任を与えられている現状を見ると、使える人間なのだろう。

第二の人生はそういう者たちとフィフティーフィフティーでやるのも面白い。

こんな私でも結構な選択肢がある。

 

しかし、とにかく体はしっかりと治さなければならない。

今は回復の途上であると、しっかり自覚ができるようになった。

もうひと踏ん張りである。

| とよ爺 | 私のこと | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
新しいPC

「ブログをアップしてくださいよ!」

何度、周りから言われたかわからない。

しかし、体はボロボロ、PCは壊れるはで、一向に記事を書くことができなかった。

年が明けたら、投稿しようと思っていたのだが、前の記事にも書いたのだが、

年始に体調が急変し、またもカテーテルの処置が必要で入院、まったくもって情けない限りである。

 

昨日、新しいPCを手に入れた。

歳のせいか視力が落ち、今度のPCは23.8インチのディスプレイを備えたマシンにした。

1月19日発売の新モデルなので、処理速度も結構速い。

私にはもったいないマシンなのだが、今回に限っては、女房も字の大きい最新のものにしろと言っ

てくれたし、最寄りの電気屋でくじを引いたら、当たったりして、非常にリーズナブルな価格で手

に入れることができた。

これはブログを書きなさいという天の声かもしれず、落ち着いたら、また少しずつ投稿しようと考

えている。

 

去年の処置で、私の心臓にはかねてよりステントという金具が7本心臓に埋め込まれていたのだが、

3本新たに加わって、10本になった。

処置をしていただいた富山の済生会病院のお医者さんは、「まるで森みたいだ」と話していたが、

今回、処置をしていただいた湘南鎌倉病院のお医者さんも金具の多さに苦笑をしていた。今回の処

置では新たな金具は入らなかったが、本当に泣きっ面にハチといった感じである。

 

明日から、養生をしながら、復帰に向けて、再スタートを切るのだが、今度は周りに迷惑をかけぬ

よう、頑張ろうと思う。

 

| とよ爺 | 私のこと | 17:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
闘病生活

久しぶりの投稿となる。

去年の8月、心筋梗塞で病院に運ばれて以来、10月、11月、そして、年明けの

1月に内臓疾患、心筋梗塞の再発などで、入退院を繰り返している。

自宅療養といっても、4か所の病院、医院を掛け持ちで通院していると、結構

大変だったりする。

親しい人たちに対しての義理を欠きまくって、前日、退院後に岐阜のU先生に

メールをしたら、「ブログの更新もないので、心配しておりました」と言われ、

こんな私の拙いブログに何度か訪れてくださっていたことがわかった。

 

かつてのようなブログ生活を今は送れる体力も気力もなく、情けない限りであ

るが、多くの方々が応援してくださるので、最近は頑張らなければと思ってい

る。読んでくださる方がいるのだから、私にはこれを続けていく義務があるの

ではないかと思う。

 

昨日、アクセスを確認したら、いまだに300以上のアクセスがあり、これには

大きな勇気をもらったとともに、小さな使命感も感じられたりした。

身体を徹底的に治して、復活したいと考えている。

 

しかし、悪いことばかりではなく、2人の子供も自分の生きる道を見つけ、親

元を今年は巣立っていきそうだし、会社の仲間たちもどうやら少しずつ私の思

うような状態になってい行っているような感じがする。

U先生には「もう一花」というようなことを言われ、励まされたので、とにか

く体を完璧な状態に近づけ、頑張っていこうと思う。

 

今は充電期間だと思い、できれば熱きブログ記事を投稿できるようになりたい

と思う。

更新が途切れ、何も投稿もないこのサイトをたまに開いてくださった方々にた

だただ感謝、感謝である。

| とよ爺 | 私のこと | 11:27 | comments(2) | trackbacks(0) |
リカバリー

身体は順調に回復し、そろそろ完全復帰に向けて、動き始めようと思っている。

しかし今回学んだことは多く、以後に生かさなければならないと思っている。

今回の状況を招いたのは私自身の過信でしかなく、同じことを繰り返してはいけないと思う。

「大丈夫、何とかなる」は自分の身体に関してはもうやめようと思っている。

 

「処置が1時間遅れたら、あなたはこの世にいなかったのですよ」と何度も医者に言われた。

そういうこともあって、自分の意思で救急車を呼び、病状を説明し、一分でも早い処置を

お願いしたのだが、そんなことを自慢できるわけもない。

 

以前、処置をしていたステントに加えて、今回、長いものを3本入れたので、

全部でステントの数は10本になった。

富山の病院でディスプレイを見ながら、処置していた医師が以前入れた私のステントを見て、

「おう、ステントの森が現れた」と話していた。

その森に今度は新しい樹を3本植林したことになった。

なんとも悲しい植林だが、森が一層濃くなったことだろう。

 

とは言え、やはり処置前と比べると、断然体の調子が良くなっている。

心臓血管の1本が99%の狭窄、もう一本が75%の狭窄では、調子が良いはずもない。

針の孔よりも狭いところを血が循環していたと考えるとやはり恐怖以外の何物でもない。

それが改善されたのだから、楽になるはずである。

 

しかし、体力は決定的に低下した。

ここになって、やっと軽い運動の許可が出たので、リハビリに励んで回復させようと思う。

今日は雨で予定していた運動はできないのだが、何とか方法を考えて、やろうと思う。

 

やっと夏が終わったようである。

今年は暑さが10月まで残り、台風も数多く上陸した。

やっと平穏な日常が戻りそうな気配がする。

| とよ爺 | 私のこと | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ