子どもたちのことを真剣に考えましょう。

塾の起源〜明道館

江戸時代も後期になるとやはり外国列強の中の日本を考えるようになる。

多くの大名が国際社会で発言力を持つためには国をもっと富ませなければならないと考えはじめる。

そうなると必要なのは人材である。

この越前藩も1855年に、福井城内に「明道館」という藩校を作った。

しかし、その学校は旧態依然としていて、藩主の慶永が満足できるものではなかった。

 

童門冬二の本によるとその頃の佐内は江戸を出て、遊学の中にあった。

その中で佐内は水戸の藤田東湖と知り合うことになる。(藤田東湖の青藍舎は次に取り上げようと

考えている)

その折、東湖の屋敷に佐内は頻繁に出入りし、多くの人材と交わることになる。

結果、聡明だった佐内は、「越前に橋本あり」と噂されるようになる。

当時の越前藩にも優秀な重役がいた、中根雪江や鈴木主税らである。

彼らは藩主慶永に佐内の話をする。慶永は手を打って喜んだという。

以下、童門冬二さんの「私塾の研究」から抜粋する。

「すぐに橋本を召し戻して、明道館の改革に当たらせよ」

「しかし、彼はまだわずか二十三、四歳で、若輩でございますが」

「かまわぬ、若くても力のある者は思い切って登用しよう」

「藩内に軋轢が生じると思いますが」

「その責任は私とおまえたちが負おう。橋本に思う存分改革を実行させよ」

 

福井藩は幕末のわが国の歴史の中でさほどクローズアップされていない。

むしろ柴田勝家、お市の方の北ノ庄の方がはるかに有名である。

人物としては春嶽公が良く取り上げられるが、福井藩が大きく取り上げられることは少ない。

しかし、ここに出てくる藩内教育に関しての決断は大いに取り上げられるもので、当時の藩の中

でも先進的であったと私は思う。

福井で学習塾をしているとその頃の歴史が今の福井県の教育の芯に存在しているのではないかと

いうことを少なからず感じることがある。

のちにこの若造の佐内がこの藩校をたった一年で別物にしてしまう。

現行の塾屋さんの多くが教室経営に悩んでいる昨今、ここに私たちが学ぶことは大きい。

今書いているようなダイジェスト版ではその仔細は記事にできないが、ぜひとも学んでもらいた

い。

福井に教室を出す前に同業者の会合で佐内の話を実はしたことがあったのだが、「この人は時代

遅れだ」と言わんばかりの視線を私は浴びたことがある。

もちろんその人は今はこの業界からは去らなければならなかったのだが、すべてのヒントがいろ

いろなものに隠れていると思えないのは悲しいことである。

佐内の改革はそういう意味で非常に学ぶべきものがあるといってよいだろう。

| とよ爺 | 学習塾 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜62

前稿までの記事を読み返してみると最後は若い人たちの勉強不足で終わっている。

しかし、その勉強不足は若い人たちだけの問題ではない。

私は還暦を超えているのだが、私の年代でも勉強不足は目立つ。

私たちが育ってきた学校環境は確かに学習量においてははるかに今の若者たちに勝るのだが、

その後の人生において、勉強をやめてしまった人が非常に多い。

いや、勉強はしているかもしれないのだが、あまりにも偏った勉強ししないようになった。

簡単に言えば、食っていくための勉強であり、もちろんそれはしなければならないものなの

だが、それは時代とともに変わっていくはずなのだが、それに対しての対応力を持てない。

要するに時代に適応しない勉強なのである。

 

時代に動かされない勉強はないかと言えば、やはりそれはあるものだと思う。

簡単に言えば、教養につながる勉強である。

不思議なものでそういう勉強をしている者は具体案はないかもしれないのだが、人を動かす

力を持つ。

人間、歳をとればとるほどそういう勉強をしなければならないのである。

 

私自身も決して教養があるとは言えない人間なのだが、少なくとも教養人に対しての憧れは

ある。

中にはそういう人間を否定する者がいるが、それは明らかに間違っている。

曲がりなりにも、教育の世界にいるならばそれは必要不可欠なものである。

一時はそれを求めなかった時代もあったように思うが、今ははっきりとあるように思う。

なぜそうなったのかと言えば、供給側に力があった時代から、需要を持つ人たちにイニシア

ティブが移ったからである。

しかし、悲しいかな私たちの業界にはそれに気づかず、需要と供給の力のバランスは変わっ

ていないと思っている者がいる。

もちろんそれは勉強不足から来ているのだが、そういう人間が当たり前のように意見を言う

から、ややこしい業界なのである。

世の企業ならば、そんな人間はとうに淘汰されている。

そんな甘い環境ではないのである。

 

しかし昨今、やっと我が業界にもそういう波が押し寄せてきた。

私こういう傾向を良いことだと思っている。

| とよ爺 | 学習塾 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜明道館

佐内16歳、1849年から、緒方洪庵の適塾に通っている。

当時、外国の学問を習っているというので、多くの学生は気を緩め、自由奔放に振る舞って

いたのだが、佐内は品行方正で模範学生だったようである。

 

童門冬二さんの本にこういう文章がある。

佐内が毎晩夜になると外出するというので、「女のところにでも行くのではないか」と疑っ

た福沢諭吉が後をつける。しかし佐内は、橋の下に寝ていた浮浪者の病人の診察をし、手当

をしていた。これは福沢諭吉に衝撃を与えた。

佐内は、こういう自由奔放な学生仲間の中にあって、品行方正な態度を持ち続けていたが、

実を言えば腹の中では他の学生を困ったものだと思っていた。

「外国の学問を学んだということで、外国人の悪い生活習慣まで身に付けてしまっている。

これは危険だ。いたずらに外国の学問を日本に撒き散らすと、本来学ぶべき知識や技術だけ

でなく、外国の腐った根性まで身に付けてしまう」

 

この時の経験が、佐内の「和魂洋芸」の信念をいよいよ強くさせたという。

「和魂洋芸」とは。「和魂洋才」とも言い、日本古来の精神を大切にしつつ、西洋から優れ

た学問・知識・技術などを摂取、活用し、両者を調和、発展させていくことで多くの幕末の

志士たちが持った思想である。

佐内は開国論者ではあるが、アメリカ・ロシアと同盟し、イギリスを共同の適にしようなど

という国際連合論を持ってもいたが、単なる西洋かぶれでもなかった。

佐内は「儒学」もしっかり学んでいて、「道徳」や「人の道」の確かさは日本以外にはない

と信じていたそうである。

 

その後、父親の病気を理由に適塾を去ることになる。

福井に戻った佐内は藩主松平慶永のもとに仕えるようになる。

松平慶永は田安家から養子に入り、開明的な思想を持っていた。

しかし、当時の多くの藩の重鎮が古い考えにとらわれ、慶永のいうことを聞く者がいなかっ

た。その結果、佐内に声がかかったのである。

結果、島津斉彬が西郷隆盛を京都工作に使ったように慶永も佐内を京都工作に使う。

そこから、佐内の人生が少しずつ狂い始めていたのかもしれない。

| とよ爺 | 学習塾 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜明道館

橋本佐内は1834年、福井城下の常磐町(現在の春山一丁目)に藩医の家に生まれる。

当然、彼は父の跡を継いで、医者の道を歩むことが運命づけられてた。

しかし、政治を志したいと思うようになり、15歳の時に「啓発録」という本を書く。

自分で自分を戒め、「稚心を去らなければならない」ということが主題のようである。

私はあまりにも勉強不足なのでこの書物は読んだことがない。ゆえに偉そうなことは何も

言えないのだが、15歳にしてこのような本をしたためる佐内のポテンシャルがどれほどの

ものなのだろう。

誰しも15歳のころは経験する、しかしこの歳になるまで仕事がら多くの15歳を見る機会が

あったのだが、ここまでの者は見たこともない。

佐内は安政の大獄に連座して26歳で命を落とすことになるのだが、生きていたのなら、お

そらく大きな仕事をなしえていたと私は思う。

 

福井は私は何度も訪れているのだが、非常にアカデミックな土地である。

また、働き者が多く、夫婦共稼ぎの家庭が多い。

二世帯が多く、世帯所得では全国有数の県でもある。

しかし、歴史的なことを考えると勝家・お市の北庄城があったり、結城秀康や松平忠直な

ど多くの悲劇を経験している。

それゆえ北の庄の北は敗北の北につながるというので廃止して、城を造った丘にたまたま

「福の井」という場所があったので、「福井」という名に改めることになったらしい。

私は神奈川で生まれ育ったのだが、晩年になって関わりを持つことになったこの地を自分

の尺度でいうとすれば、きわめてまじめな県民性を持つ県だと考えている。

神奈川とは遠く離れているので、やはり経験したこともないいろいろな事象もあるはずな

のだが、「日本一幸福な県」にしようというスローガンがあるようなのだが、県民の方々

の多くは幸福感を抱いていると感じている。

私の部下が奥さんとの縁により、この地に来ることとなり、その縁をいただいて、私もこ

の地を訪れることになったのだが、おそらくそういうことがなかったら、来ることもなか

っただろうと思われる。

私の子供が小さい頃、この福井を訪れたこともあったのだが、恐竜のイベントの参加した

記憶が強く、街中のことはあまり覚えていない。ゆえに今感じている県民性などおそらく

感じることはなかったのだろうと思う。

しかし、多くのことを踏まえて、とても魅力的な県だと今は思っている。

 

佐内を知る多くの者が童門冬二さんの本によると、「体は小柄だが、女性のように柔和な

表情をしていた。他人に対して怒ったことは決してない。議論はしたが、いつも静かに語

り、激することはなかった」と語っているようである。

安政の大獄で連想する危険な志士の印象など微塵も感じられない。もっとも吉田松陰先生

もおそらくそういうお人柄なのだろうが、思想というのはこのような実直で物静かな環境

から生まれるのかもしれない。

 

佐内の「啓発録」は今でも市内の小学校では、朝礼や社会の時間に、先生たちが話の中に

取り入れているとい

うことである。

福井の県民性はそんなベースがあり、作り上げられたものなのかもしれないのである。

| とよ爺 | 学習塾 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾屋の順風:ここ10年で塾は大きく変わった〜61

前稿に続く。

どうやってそのスキルを鍛えるかと言えば、やはり個々の努力と勉強しかない。

悲しいかなうちの若い先生たちを見ているともともとの知識ベースが乏しい。

これはうちの先生に限らず、学校の教諭の方々を見ていても、同じことが言えると思う。

よく「ゆとり教育」下の人たちを揶揄する人がいるが、むしろその傾向はもっと前から始まって

いて、「ゆとり教育」以前の者だからと言って、学力減少が起こっていなかったわけではない。

私の世代とて、ベビーブーム下で激戦を体験した方々に比べれば、学力ははるかに劣ると思って

いる。

私の入学した大学も、私の時代には倍率25倍前後だったが、その頃倍率は40倍に近い。

要するに学ぶ内容に大きな差はなくても、競争が違うのである。

現在の私の大学の同じ学部の倍率はあって5倍程度、おそらくそんなにはないと思う。その程度

で難関大だと言われたら、昔の人に笑われてしまう。

よく私学の先生たちが言うのだが、今の早慶上智は昔のMARCH程度、今のMARCHは昔の日東駒

専程度だと話している。

 

そんなこともあり、今の若い人たちは社会に入っても勉強しなければならない。しかし、学習習

慣がついていないので、なかなかそれは難しい。

例えば、情報をネットで入れる人が多いが、ネットの情報は危ういものが多い。また、そういう

性質があるので、知識として定着しにくい。

私の偏見もあるのだが、やはり書籍、資料で入手した知識を蓄積した人はやはりインテリジェン

スに富み、視野が広い。海外のとらえ方を見てみても、そういう知識の入手ができる人間は出世

している。

また、しっかりとコミュニケーションが取れる人間も人より先んじて能力アップができる。

「ネットがレベルを落としている」とある人が言っていたが、それもあながち間違っていないと

最近感じるようになった。

通り一遍の知識は取れても、それに対する思考が育たない。

実はそれが一番大事なのである。

 

では、どうすれば育つかと言えば、実体験をさせ、それをしっかりとケーススタディさせるしか

ない。

実体験だけでは、権限を持たせても増長するばかりで、何も成長につながらない。その後の研修

がその人を伸ばすのである。

しかし、それは大変手間のかかることである。

要するに学力ベースの低下は、その後の人生に大きく影を落とすのである。

| とよ爺 | 学習塾 | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜明道館

皆さんご存知のように橋本佐内は安政の大獄で井伊直弼に処刑される。

しかし、佐内には倒幕思想などなく、むしろ幕府の屋台骨をしっかりとしようとした。

その具体的な行動が京都朝廷に工作をして、一橋慶喜を次の将軍にすべく画策をした。

しかし、その企ては秘密裏に行われたわけでもなく、幕府の意を得て行われたものでもない。

そこが引っかかってしまった。

加えて取調べに際、「自分の行動は幕府を存続させるためのもので、一切の行動は主人の越前

藩主松平慶永に指示されたもの」だと弁明した。

 

童門冬二さんの「私塾の研究」という本によると、この佐内の弁明は2つの解釈を生んだ。

ひとつは佐内がこの陳述に証拠として、自分の行った行動が一個人としてではなく、かなり組

織的なものであり、その頂点にいた松平慶永がいた構図を率直に述べたため、事件の全容が明

らかになったことを高く評価するという考え方。

もうひとつは佐内の行動をすべて主人のせいにする卑怯者だという考え方である。

 

童門冬二さんはこの2つの考え方を判断するのは難しいとこの書に書いている。

そもそも佐内には松平慶永に責任転嫁をするつもりなど何もなく、自分の行動に自信や誇りを持

っていた。加えて一切の工作が「揺らぎはじめた徳川幕府の屋台骨を、もう一度ビシッと締めて、

全国の大名を屈服させる手段にしたい」と考えていた。

本人に罪の意識もなく、何事も隠すつもりもないわけなので、その弁を「けしからんもの」とと

らえられてしまったのなら、もう逃げようもない。

 

こんなボタンの掛け違いで歴史最大と言っていいほどの悲劇が起こってしまった。

私に言わせれば正直でまっすぐなゆえに起こってしまったことなのかもしれない。

福井には「一本義」という日本酒があるのだが、まさに福井の県民性を表しているのかもしれな

い。

 

今回取り上げた「明道館」は私塾ではなく藩校である。

しかし、明道館には私塾に負けないユニークさや貫く思想があった。

そこに大きく関わっている橋本佐内、どう関わったのかをこれから書いていこうと思う。

| とよ爺 | 学習塾 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜明道館

心学塾の稿でもふれたが、私の勤めていた塾は福井市にもある。

ここ3年で3教室に今年、来年と教室を増やしていく予定だが、福井の子供たちを見ていると

やはり学力テストの上位の常連ということもあり、神奈川の子供たちより、一生懸命、勉強

するように思える。

また、歴史を非常に重んじる県民性があり、この春、足羽川に花見に出かけたのだが、そこ

にステージが特設されており、私の町ならば、住民参加のカラオケ大会などが企画されるの

であるが、福井の歴史を講釈する方がいて、スライドを使いながら幕末の福井の歴史を解説

していた。

その時に全国を飛び回っている私の友人もいたのだが、その光景を見て、いたく驚いていた。

福井はそういうことを含め、非常にアカデミックな街である。

また、どの家庭にも学問の神様、天神様(菅原道真)を祀ってあり、学問に対しての県民の

考え方を知ることができる。

福井とはそういうお土地柄である。

 

今回、取り上げる明道館は実は藩校である。

塾屋の起源としては藩校はオミットするというのが私の考え方なのだが、この藩校、一人の

人物によって、劇的に変貌する。

そういう意味では個人が自由な考え方によって運営する私塾と大きな差異はなく、その中に

流れる思想、信念が十分に私たち塾屋の範となりえると思えたので、今回、取り入れてみよ

うと私は考えた。

この学校には私たちが学ぶべきものが十分に詰まっている。

 

では、その学校を劇的に変革した人は誰だろう。

この人は学校に関わっていたことよりも、むしろほかで有名な人物である。

その名は橋本佐内、かの安政の大獄で井伊直弼に処刑された人物である。

 

ではなぜ佐内は安政の大獄で処罰されたのだろう?

処罰されたということを知る人は多いが、その理由を知る人はあまりいない。

私も歴史の授業で何度もお名前はお聞きしているのだが、どういう方でどのような理由で処

刑されたのかは、知らなかった。

ある意味、歴史によくあるパラドックスなのだが、明道館を取り上げる前に、今回の主人公

橋本佐内の話から始めたいと思っている。

| とよ爺 | 学習塾 | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜心学塾

心学は特に商人に受け入れられ、先に紹介したのだが、その名言も商売に関してのものが

有名だったりする。

しかし、それには理由がある。

それがわかる文章が童門冬二さんの本にあるので紹介しよう。

「今の世の中では、士農工商という身分制度があって、商人は一番下に置かれています。

なぜでしょうか?」という問いに梅岩はこう答える。

「それは儒学に基づく考え方が、日本の社会を支配しているからです。つまり士は農工商

の三民を束ねる役目を負っているので一番高い位置についています。農民は、士から直接

食べ物を作り出すのでこれも尊いとされています。工すなわち職人は、農民が農耕に使う

工具や、あるいは生活に必要な道具を作り出しているので、これも世の中に役立っていま

す。そこへ行くと、商人はただ人が作ったものを動かして利益を得ているので、それがけ

しからんというのが儒学の教えですよ。しかし、私は、そういう考え方はしません」

梅岩は士農工商を人々が生きていく上の役割分担だと教えている。これが正しいというこ

とは現代に生きている私たちにはわかるはずだ。

 

教育というものは、いつの時代も権力者の都合で捻じ曲げられてきた。政治家は声高々に

「学の独立」などと言ってはいるが、政治の道具になった例は後を絶たない。

確かに儒学の教えは日本人を作り、国民性の形成に大きな役割を果たした。

しかし、時代が流れるとともにジャストフィットはしないものとなる。

梅岩はあの時代にそれを理解していた。教育者として、いかに優れていたかがわかる。

この儒学思想はある意味、戦後まで続く。教育の進化はこれほど鈍重なのである。

 

老いて半ばポンコツの塾屋がこんな偉そうなことを言っても、おそらく誰も聞く耳を持た

ないだろう。

しかし、目まぐるしく変わりゆく時代の中で、時代に応じて変わることのない教育を押し

付けられていく子供たちをこのまま放置していてもよいのだろうか?

わが国の場合、公教育の進化速度は恐ろしく遅い。

私たち民間教育に携わる者はその状況をしっかりと理解して、子供たちに接していかなけ

ればならない。

石田梅岩は非常に質素で身を切りながら、人々に講義を行っていた。

梅岩のように名を遺す教育者では私たちはないのだが、せめてそのマインドは持っていて

も良いのではないかと私は思う。

私塾のビッグネームに共通する清々しさをこの梅岩も持っている。

私はたかがおいぼれの死にかけ塾屋だが、そうありたいと思っている。

| とよ爺 | 学習塾 | 10:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜心学塾

梅岩の「心学」が人々に受け入れられるようになると多くの人たちが彼の講義を受けた

がった。

しかし、塾が遠く、時間も長いのでなかなか通えないという人が多かった。

それに呼応して、梅岩は「どこか場所がかりられれば、自分が出向いて講義をする」と

出張講義の提案をした。

それがもとに京都の多くの場所で梅岩の講義が行われた。

 

こういうところも学習塾の発想である。

大手学習塾が駅前に教室を出して、広い範囲から生徒を集めるというオペレーションと

は正反対である。

これは地域密着型の私たち中小の塾屋の発想と同じである。

こういうところも私が梅岩を好きな理由である。

 

加えて私が梅岩が好きなのは質素で生き方に一本筋が通っているからである。

お金を取らずこんなことばかりしていたのでは裕福な生活をしているはずがない。

霞を食って生きている仙人のような生活だが、それに対しての何の羨みも後悔もない澄

み切った空のような生き方が好きである。

 

「心学」というのは文字通り心の学問である。

人々の心は人によってすべて違うもので、それは経験によって形成されていく。

しかし、どういう心を持てば幸せになれるのかは誰もわかっていない。

経験や教えあうことでそれを学んでいくのである。

学問としては、形としては見えにくいのだが、そこに何かの真実が存在するというのは

誰でもわかるのではないかと私は思う。

こうやって記事を書いてきて、「心学とはどういう学問?」と問われても何も返せない。

しかし、私がこのシリーズを書こうと思ったのは、具体的な学問の内容を教えようと思

ったのではない。

そんなことは専門に勉強している人がより詳しいのは当たり前のことである。

しかし、塾屋としてとらえたときの生きざまは違う。

塾屋一人一人が感じることである。

「こんなことを自分だったらできるだろうか?」

そう考えるだけでも何かの学びがあるのではないかと私は思っている。

| とよ爺 | 学習塾 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
塾の起源〜心学塾

何度も取り上げている「私学の研究」という本の中に、梅岩の姿勢を表すエピソードがある。

心学塾では、生徒と梅岩が1対1になることもあったようで、それを申し訳なく思い、梅岩に

その旨を伝えた折の梅岩の返答が書いてある。

「あなたは一人であって一人でない。あなたの後ろには、幾百幾千の人がいらっしゃる。あ

なたを通じて私はそういう人たちに語りかけたい。」

梅岩はそう言い、たくさんの人たちが集まった時と同じように熱心に講義を続けるのだった。

 

私はこれを読んで、若かりし日の自分を思い出した。

当時、新しい教室を任された。

もちろん最初から生徒はいないし、チラシによって集まった生徒は4人ほどだった。

その4人も学年が違い、多くて1クラス二人という状況だった。

新しい教室を任されたため、モチベーションは上がっていた。

相手がたった一人のクラスでも、大きな声を出し、一生懸命板書しながら教えた。

「先生、生徒は僕一人なのになぜそんな一生懸命教えるの?」と生徒から逆に不思議に思わ

れるほどだった。

しかし、そのクラスに見る見るうちに新入生がやってきた。

子供からその話を聞いたお母さんが、いろいろな方に声をかけてくれたのだ。

ある時、そのお礼を言うと、「先生、先生がしたことはなかなかできることじゃないですよ。

そういう人は信用できる。若いのに本当にしっかりしてらっしゃる。これからもよろしくお

願いします」

私が『塾屋は楽しい』と実感した一つの出来事だった。

 

もちろん私には梅岩ような高尚な理屈はない。

目の前の生徒の学力をなんとしてでも上げてやるという意地のようなものしかない。

加えて一発で理解してもらえないと負けと勝手にどの生徒にも思う性が私にはある。

その思いだけだった。

 

この「たった一人」の文章を読み、私はこの石田梅岩に興味を持ったのであった。

現在、塾をやっている皆さんはどうなのだろう?

たった一人の生徒に対して、大人数の時と同じモチベーションで授業ができるだろうか?

 

私はNHKの「仕事の流儀」という番組が好きなのだが、その番組で「プロフェッショナルと

は…?」という疑問が最後に出てくる。

塾屋のプロフェッショナルというのは、私に言わせれば。「モチベーションをしっかりとコ

ントロールできる人」である。

梅岩も自然体として、そういうコントロールができた人ではないだろうか?

| とよ爺 | 学習塾 | 10:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ