子どもたちのことを真剣に考えましょう。

天災
今回の大雨でこんな被害が出ると予測したものはどれだけいるだろう?
テレビの画面に信じられない映像が流れる。
東北大震災を思い出した人も少なくなかろう。
人は天災には勝てないものである。

家を流された人たちをもいると、この歳になり、いろいろなことを経験してきた
わが身には大きな同情と被災された方の大きな悲しみや絶望を感じてしまう。
自分たちが今回の大雨によって、こんな被害に遭わなくてよかったなどと
感じる暇も存在しない。

私も川のすぐそばに住んでいる。
堤防が決壊したら、おそらく同じような有り様になるのではないかと思う。
そうなるとやはり他人ごとだとは言っていられない。
おそらくすべてがこの雨とともに流れていってしまったと思うに違いない。

ニュースを見ていたら、救助された方が「私は命が助かっただけで大満足」
と話してられる方がいた。
近所の方で行方がわからない方がいるという。
そういう言葉が出てくるほど、恐ろしい目に遭ったのだろう。
天災とは本当に恐ろしいものである。

常総市のすさまじい状況。
そして、今日はその被害は宮城県にも及んだ。
震災も宮城県だった。
今回もまた宮城、神様は本当に厳しい試練をお与えになったと思う。

しかし、人々はしっかりと立ち上がるに違いない。
いや一日も早く立ち直ってほしい。
いまだ行方不明者が数多くいるのだが、どこかで生存していてほしい。
最後にこの天災で命を落とされた方のご冥福を心よりお祈りしたい。
このような惨事は二度と起こしてはならないと思う。
行政でできうることはすべてやっていただきたいものである。
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
すれ違いで残念!
サッカー:なでしこ、執念の勝利 岩清水が決勝ゴール
毎日新聞 2014年05月26日 00時20分

 ◇サッカー女子アジア杯

 ○日本1−0オーストラリア●

 なでしこは、たくましかった。延長後半終了間際に勝ち越した準決勝の中国戦に続いて、決勝でも勝利への執念を見せつけた。

 決勝ゴールは準決勝に続き、またしても岩清水だった。前半、宮間からのショートCK。ボールを受けた宇津木がファーサイドへクロスを送る。これを頭で決めて2試合連続のゴール。オーストラリアにボールを奪われても、福元、岩清水、川村を中心に懸命の守備でしのぎ、同じ失敗を繰り返さなかった。

 主力の海外組6人が招集できず、エースの大儀見は1次リーグ限定出場。代表経験の浅い国内組の若手が多く招集された。生みの苦しみに、「一つのチームになるのは簡単じゃない」と主将の宮間。大会前の親善試合のニュージーランド戦で、宮間は「できるところの20〜30%しかできていない」と言った。W杯出場を決めたヨルダン戦で「40くらい」となり、準決勝の中国戦では「50かな」。短い期間ながら一歩ずつ進歩してきた。決勝で勝ったことで「80〜90くらいにしたい」という目標には近づいたように見える。

 2011年女子W杯ドイツ大会で世界一となり、不可能を可能にしたなでしこにとって、アジアナンバーワンになることは十分実現可能だった。そして手にした初のアジア杯。代表経験の長いベテランにとって渇望していた念願のタイトルであり、若手にとっては今後への自信になるタイトルになった。【福田智沙】
皮肉なことに水曜日からホーチミンにいて、すれ違いでこの決勝戦を見ることが
できなかった私、帰国後、じっくりとテレビ観戦をした。
この日は日本人学校は運動会、夜はほとんどの人がなでしこの応援に行ったそうである。
うちのホーチミンの仲間たちもこの試合を観戦。
ハーフタイムにまさかと思ったのだが、その仲間を発見。
日本ベンチの最前列で観戦していたようだ。
特等席の観戦とは羨ましい限りである。

ワールドカップを勝っているなでしこたちはこのアジアカップを勝っていない。
と言うことは結構レベルが高いと言うこと。
予想通り、かなりの接戦になっていた。

戦前は予選の試合を見た私としては少々不利ではないかと思っていた。
しかし、決勝は若い力とベテランがうまくかみ合って、別のチームになっていた。
期間中、彼女たちはかなり進歩したという感じだった。

宮間キャプテンが、「この優勝が男子の励みになってくれればよい」と話していた。
今度は男子の番である。
男子もぜひぜひ頑張って欲しいものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
決着!
片山被告、一連の事件「私が犯人です」身柄拘束
読売新聞 5月20日(火)10時22分配信

 パソコン遠隔操作事件で威力業務妨害罪などに問われ、公判で無罪を主張していた元IT関連会社社員・片山祐輔被告(32)が弁護団に対し、一連の事件について「私が犯人です」と認めた。

  弁護団が20日、明らかにした。16日の「真犯人」を名乗るメールも自作自演だったという。東京地裁は20日、被告の保釈許可を取り消し、東京地検は被告を東京拘置所に収容した。

  4人の誤認逮捕を生んだ事件の公判は、検察側と片山被告側の対立が続いていたが、被告側は起訴事実を全面的に認める。

  主任弁護人の佐藤博史弁護士によると、片山被告から19日午後9時半頃、電話があり、16日のメール送信だけでなく、一連の事件についても「自分がやった」と認めた。片山被告は、その前日の15日夕、荒川河川敷に何かを埋めるところを警視庁の捜査員に目撃され、現場からスマートフォンが見つかったことが、19日に報じられた。その後、行方がわからなくなっていたが、20日朝、都内の佐藤弁護士の事務所に姿を見せた。

  片山被告は佐藤弁護士に対し、一連の事件について、「自分が作成した遠隔操作ウイルスによって4人が誤認逮捕され、『やったー』と思った」と説明。4人に対しては、「大変申し訳ないことをした」と謝罪の言葉を口にした。また16日に「真犯人」を名乗るメールを送った理由については、「早く裁判を終わらせて、母親を安心させたかった」と話したという。
今回の一連の事件、やっと決着が付いたようである。
私たちも今回の事件を見て、ネットの恐ろしさを知らなければならないと思う。
警察もこういう新しい犯罪に対して、しっかりと取り締まりができるということを
世間の人たちに知らしめなければならない。
そういう意味もありかなり必死の捜査だったと私は思っている。

こういう犯罪はまだいろいろなケースがあるのだと思う。
今回のことから、当局側もいろいろなことを学習したのだと思う。
今後の捜査の参考に是非ともして欲しいものである。

今回のケースを見ると、本当にネット犯罪は恐いと思うし、ネットに依存することも
恐いという感覚を持つ。
ネット上ではいろいろなことができると考えてしまう。
それを現実社会の中でやることはどれほど愚かで危険なことか皆がわからなければならない。
そうできないのなら、ネット自体、人を不幸にするものになってしまう。
そうであってはならないと思う。
今後、こういう犯罪が再犯しないように、祈るばかりである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
こういう時代になった
地検が保釈取り消し請求=被告と連絡取れず―「真犯人メール」で捜索・PC遠隔操作
時事通信 5月19日(月)14時39分配信

 パソコン(PC)の遠隔操作ウイルス事件で、威力業務妨害などの罪に問われ公判中の元IT関連会社社員片山祐輔被告(32)について、東京地検は19日、東京地裁に保釈取り消しを請求した。片山被告は3月に保釈されたが、請求が認められると再収監される。弁護団は同日、片山被告と連絡が取れなくなったことを明らかにした。
  事件をめぐっては、「真犯人」を名乗るメールが報道機関などに届いた。地検は片山被告がメールを送信したとみて、「証拠隠滅」に当たり保釈条件に違反すると判断した。
  東京地検と警視庁は同日夜、片山被告の自宅を脅迫の疑いで家宅捜索。片山被告が埋めたとされる携帯電話の付着物のDNA型が、片山被告と一致したことも分かった。
  捜索容疑は、「真犯人」を名乗るメールで特定の団体を脅迫した疑い。容疑者は不詳で、片山被告との関連を調べる。
  一方、主任弁護人の佐藤博史弁護士によると、19日午前10時20分ごろの電話を最後に、被告と連絡が取れない状態になったという。
  「真犯人」メールは16日に届き、片山被告は「送ったのは私ではない。真犯人から送られた信ぴょう性は高い」と主張。検察側に公訴取り消しの申し立てをした後、19日午後2時から佐藤弁護士と記者会見する予定だったが現れなかった。申し立ては予定通り行われた。
  佐藤弁護士によると、メールが片山被告の自作自演だとする報道を受けて電話した後、音信不通になった。片山被告は電話で、やや驚いた様子だったが、「これから弁護士事務所に向かう」と答えたという。
驚いた新しい事実に時代を感じてしまった。
もし真犯人が片山被告だったのなら、犯罪を楽しんでいるかのようである。
こういう展開になってくると真実はどこにあるのかわからない。
本当に複雑な時代になってしまったものである。

スマホからDNAが検出されたそうなのだが、ひねくれた見方をすれば、
これも罠かもしれない。
目撃者がいるのなら、ことは簡単なのだが、いないのなら、これもまた複雑になる。
片山被告を犯人だと断定する証拠もないし、逆に無実だと断定する証拠もない。
「疑わしきは罰せず」というのが日本の法律。
これからどういう証拠を見つけ出せるのかが大事になってくる。

これから双方がどういう風に出てくるかが全くわからない。
どうこの事件が進展していくか、気をつけてみていこうと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
国際世論の行方
ベトナムとの交流、当面停止=制裁拡大を警告―中国
時事通信 5月18日(日)17時19分配信

 【北京時事】中国外務省の洪磊・副報道局長は18日談話を発表し、ベトナムで発生した反中デモが暴徒化し、多数の中国人が死傷したことを受け、「中越間の交流・協力の雰囲気と条件が破壊された」として、両国間の一部交流計画を当面停止すると発表した。ベトナムへの渡航自粛も併せて即日実施する。
  洪副局長は「中国側は今後の情勢を見てさらなる措置を取ることを検討する」と警告しており、ベトナムへの制裁措置が拡大する可能性がある。
  中国政府は2010年9月、沖縄県・尖閣諸島周辺で海上保安庁巡視船に衝突した中国漁船の船長が逮捕された際も「中日双方の往来に深刻な損害を与えた」と抗議し、政府間交流の停止などの対抗措置を取った。ベトナムとの間でも同様に政府間・経済交流などに影響が出る可能性が高い。
  中国政府はベトナム政府に対して損害賠償も要求。ベトナムにとって経済面などで中国との交流が停止すれば、大きな打撃を受けることは確実。中国共産党・政府が制裁措置などでベトナムに強硬姿勢を強めるのは、反中デモの契機になった南シナ海での石油掘削に関してベトナム側に譲歩しない姿勢を印象付ける狙いもありそうだ。
今回の件に対して、国際世論はどういう論調なのだろう?
なかなか正確な情報を知ることが出来ない。
喧嘩両成敗と言うが、何かベトナムだけが損をするような感じである。
今回は中国側にかなりの死者が出たのだが、そういうことが中国の言い分なのだろう。
なぜこういうことになってしまったのかは一方的に中国側が話すだけ。
何とも納得できない結末である。

こうなると国際世論も経済状況やいろいろなことを気にして、発言をしないようである。
何ともどこに正義があるのかわからないような感じがする。
この日本でもあまり政府関係者はこの問題に対して口を開かない。
何とも皆さん潔くない感じである。

中国国内で日本企業に対して暴動が起きたとき、中国政府はそれほどの賠償を
してくれたのだろう?
そういうことも今回の中国の言い分を聞いていると興味が湧く。
どちらにしても、話し合いによって解決してもらいたいものである。
何だか、弱いものいじめを見ている感じである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
中国も…
<集団的自衛権>中国「高度の警戒払う」
毎日新聞 5月15日(木)21時47分配信

 【北京・石原聖】中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)副報道局長は15日の定例会見で「安倍政権は軍事安全保障の領域でこれまでにない措置を取っており、歴史問題でも消極的な動きが出ている。中国を含めアジアの国家が日本の真の意図と動向に高度の警戒を払う十分な理由がある」とけん制した。そして「日本は地域の国家の安全に対する懸念を尊重し、地域の平和と安定のために建設的な役割を果たすべきだ」と訴えた。

 中国は、集団的自衛権行使の条件として挙げられた「密接な関係にある国」が、米国にとどまらず南シナ海で中国と対立するフィリピンなども含まれるとみている。米軍のフィリピンへの事実上の「再駐留」など、「中国封じ込め」が進められていると警戒を強めている。
>日本は地域の国家の安全に対する懸念を尊重し、地域の平和と安定のために建設的な役割を果たすべきだ。
こんなことを言っている中国はどういう世界観を持っているのだろう?
安倍首相の会見は私も見たが、確かに何とも割り切れない印象である。
どこがと言われると指摘しにくいのだが、強引に必要性を述べていると言った感じがした。
理屈から言えば、まともかもしれないが、いろいろな解釈でことを広げてしまう。
私たちはそういう現実を何度もみせられている。
まさに今度もそういう臭いがする。

中国も現在ベトナムで大きな問題になっているが、非常に一方的な感じである。
日本に対して、言う資格があるのかと思うのだが、必ずそういう話になると歴史認識の
話になる。
過去にこういう歴史があったから、何をしても良いというのはやはりおかしい。
もっと話し合いを尊重すべきである。
おそらく話し合いになれば、痛み分けという感じななるのだろうが、
中国はおそらく100%自分たちの主張が通らなければ納得しないのだろう。
そうなると戦争になってしまうが、日本は戦争はできない。
そういうこともあって、国際世論は結局は日本に向いてしまうだろう。

あれだけの人口を抱えると、やはり資源がないとやっていけないという焦りがあるのだろう。
手っ取り早いのは海洋権である。
それが中国の今のやり方を起こさせているのだろう。
どちらにしても、話し合いが必要である。
日本にそれを課すのなら、自国も軍備を縮小すべきではないだろうか?
時代はどんどん動いているのだから…。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
どうなってしまうのだろう?
フィリピンでも反中デモ=「ベトナムと連帯」訴え
時事通信 5月16日(金)20時28分配信

 【マニラ時事】フィリピンのマニラ首都圏で16日、南シナ海での中国の行動に抗議するデモが中国領事館前で行われ、AFP通信によるとフィリピン人や同国在住のベトナム人ら約200人が参加した。
  参加者は「ベトナムとフィリピンは連帯して中国を追い出そう」「中国はいじめを止めろ」などと書かれたプラカードを掲げて領事館前に集結。南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島沖では最近、ウミガメを密漁したとして中国漁船がフィリピン当局に拿捕(だほ)される事件も起きており、ウミガメの仮面をかぶって密漁に抗議する姿も見られた。
  南シナ海では、中国の石油掘削を契機に西沙(英語名パラセル)諸島沖で中国とベトナム船が衝突。南沙諸島でも、中国が岩礁に土砂を埋め立てて滑走路を造っている疑いが出ており、フィリピンが抗議している。
中国がやりあっているのは我々日本だけではなく、ベトナムもフィリピンもそうである。
特に海洋権に関しては、少々中国のやり方は強引過ぎる。
こういう国は国力をもってきてしまうとやはり秩序はなくなってしまう恐れもある。
中国政府には方向変換してほしいものである。

領土問題というのは非常に微妙なものである。
歴史的な観点から言えば、中国も韓国もそれなりの言い分はあるだろう。
しかし、日本も北方領土のようにかすめたられたこともある。
大事なことは平和的な話し合いで解決するということではないだろうか?
もちろん決着がつかなければ、国際裁判にかければよい。
それを無視して、こういうことをやり続けると争うしか残らない。

そう言う意味でロシアのウクライナ問題と同じようにもっと世界は意見を
言うべきではないかと思う。
国際世論はこういう時に大きな力にならなければ、また戦争が頻発する世の中になる。
本当にデリケートな問題なのだが、うちの問題はまずうちで解決しなければ
ならないのだろう。
知っている中国人がこうでもしなければあれだけの人口は支えきれないと話していたが、
それは詭弁である。
もっと中国政府は国内にしっかりと目を向けて、行政をしてほしいと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
いつまで続く
反中暴動、1人死亡=台湾の製鉄所襲撃―ベトナム
時事通信 5月15日(木)19時59分配信

 【ハノイ時事】台湾の複合企業「台湾プラスチック・グループ」は15日、ベトナム中部ハティン省で建設中の製鉄所が、中国の南シナ海での石油掘削に抗議するデモ隊に襲撃され、中国人従業員1人が死亡し、90人が負傷したと発表した。
  ベトナムでは中国系企業を標的にした抗議行動が暴徒化し、中国だけでなく台湾、香港など中華系の工場も被害を受けた。日本企業も窓ガラスが割られるなど損害が発生、南部ホーチミンの日本人学校では児童・生徒の安全確保のため15、16の両日を休校とした。
  カンボジアの首都プノンペンからの報道によると、ホーチミンとプノンペンを結ぶ道路の国境にある出入国管理局を通り、ベトナムに住む600人以上の中国人がカンボジアに避難した。
  一方、ロイター通信は先に、ハティン省の暴動で21人が死亡したと報道。しかし、ベトナム外務報道官はこの情報を否定した。
今日もこの関連の報道が一日中流れていた。
現地からの報告もあるのだが、うちの教室のある場所ではあまり大きな問題は
起きていないようである。
ベトナム人たちは日本人と中国人の区別がつくようで、日本人には危害を与えない
ようである。
しかし、慎重にするに越したことはない。
うちの教室も昨日は休校した。

日本人学校は明日の休校にするようである。
逆に家にいると勉強をしないという親御さんもいるようで、どことなくこちらとの
温度差があるような印象もある。

ホーチミンの日本人学校のある場所は台湾人学校、韓国人学校と並列している。
そう言うこともあり、学校は危険だと判断したような感じである。

被害に遭った日本企業は明らかにとばっちりで、日本企業を狙ったものではない。
中国では日本は攻撃の対象だが、ベトナムの攻撃対象は明らかに中国である。
ベトナムの人は温厚だと私は感じている。
ゆえに今回は少々驚いている。
ベトナム政府の見て見ぬふりをしているという感じもする。
今後、これがどういう風に収束していくか、しっかりと見守ろうと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
なんとかならないのか?
投石、日系企業に被害=反中デモ暴徒化―ベトナム
時事通信 5月13日(火)23時17分配信

 【ハノイ時事】中国が南シナ海で石油掘削を始めたことに反発が強まっているベトナムで13日、反中デモを行っていた南部ビンズオン省の工業団地の一部従業員が暴徒化し、中国系企業に投石などを行った。日系企業でも窓ガラスが割られるなどの被害が出ており、ホーチミンの日本商工会は会員企業に注意を呼び掛けている。
  商工会によれば、ビンズオン省のベトナム・シンガポール工業団地(VSIP)などで、100〜数百人規模の複数のデモ隊が入居企業の敷地内に乱入。企業の国籍を確認し、中国系の事務所や工場の窓を投石や棒でたたき割ったり、門を倒したりした。
  VSIPには多くの日系企業が入居。当初は日系企業と分かると素通りされていたが、次第にデモ隊の行動が激化。日系企業のベトナム人従業員にもデモ参加を強要するなどした。商工会にはこれまで窓ガラスの損害のほか、従業員の早期退勤など5社から被害が報告された。
  商工会では日系企業に対し、警備や従業員の安全確保を強化し、門に日本の国旗を掲げるようアドバイスしている。
中国がどんどん強硬にいろいろな国に進出している。
こういうやり方が本当に許されるのかはわからないが、強引過ぎるという印象を受ける。
フィリピンでも問題が起きているようだが、これではアジアのリーダーには
なれないような気がしている。
とにかくやり方が強引である。

このホーチミンで私の塾は教室を開いている。
このデモの影響で日本人学校は休校、自宅待機を学校は呼びかけた。
こちらもそれを受けて、教室を閉め、万全を期した。
ベトナムの人たちは、そんなに激しい気性の人たちではない。
しかし、やりすぎるとこういう形になってしまう。

もともとベトナムではあまり中国の評判は良くないような感じがする。
逆に日本は結構評判が良かったりもする。
これは日本人がこういう争いを好まないというのも大きな原因だと思う。
今後もそういう国であってほしいと思う。

この問題は他人ごとではない。
冷静に成り行きを見守りたいと思う。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
何が真実なのか?
「美味しんぼ」描写内容に閣僚から苦言相次ぐ
テレビ朝日系(ANN) 5月13日(火)11時48分配信

 漫画「美味しんぼ」で福島第一原発を訪問した主人公が鼻血を出す描写などを巡り、閣僚からは苦言が相次ぎました。

  石原環境大臣:「(放射線の専門の医療関係者から)そういう因果関係は無いと聞き、それが医学界の通説として定着しているなかで、なぜこういうことが起きるのか」
  石原大臣はこのように、鼻血については「科学的な因果関係は無いと聞いている」と述べました。また、風評被害などを拡大させないように、除染や健康に対する情報発信を引き続き行っていくと強調しました。
  根本復興大臣:「地元の住民の方々の心情に鑑みれば、漫画とはいえ、このような地元の方々の不安や風評被害を招きかねない内容が描写されていることは、誠に遺憾なことと言わざるを得ない」
  根本大臣は、健康不安や風評被害を払拭するため、科学的な根拠に基づいた情報を共有し、公表していくことが必要だという考えを示しました。
「美味しんぼ」は機会があれば、私も読んでいる漫画である。
食いしん坊の私としては、結構、楽しみに読んでいるのだが、最近はあまり読んでいない。
「福島の真実」と題されたものも全く目を通していないので、何とも言いようもないが、
実際に今の行政は明らかにすべき内容をひた隠しに隠しているような感じもする。
いろいろな話を聞くと、明らかにかつてなかった症状を訴えている人もいるし、
それを公の発表を見て知ることもできない。
こういう隠蔽体質に対して、この漫画はものを言いたかったのかもしれない。

原発に元所長吉田氏も若くして癌でなくなっている。
福島原発の事故が起こってから、そんなに経っていないのに癌でなくなった。
マスコミはそれに対して、疑問する提議するしようとしない。
そういう姿勢を見ると、今公になっていることに真実はないのではないかと
思っても仕方がない。
「医学上、何に関係もない」と言っているのが真実なのかもわからない。

地元の声というのだが、地元の人たちの声が本当に私たちに伝わっているのかもわからない。
むしろ伝わっていないようにも私には感じられる。
こういう報道を信じても良いのかもわからない。
事故発生時も政治も企業もいろいろなことを隠そうとした。
こういう国民内にある不信感がこういうことを起こしたのかもしれない。
これを機にしっかりと真実は明らかにしてもらいたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 お 願 い 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このブログは「人気blogランキング」・「にほんブログ村」に参加しています。記事を読んで、
「同感!」「役に立った!」「良かった!」と感じた方、応援お願いします!!

『人気blogランキング』はここ!   『にほんブログ村』はここ!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
| とよ爺 | ニュース | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ